赤ちゃんの豆知識

赤ちゃんの豆知識

赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログ

 

英国で絶賛!赤ちゃんに薬を飲ませる画期的な裏技が話題に

子供の頃に無理やり薬を飲まされた記憶が誰しもあるだろう。たとえオレンジやグレープのような味がついていても嫌だったに違いない。
しかし、これは親にとっても実に面倒な事なのだが、ある英国人のお母さんがシェアした、赤ちゃんに薬を飲ませる方法が画期的で斬新だと今、話題になっている。
>>続きはこちら!

 

失敗しない赤ちゃんの飲料水選び

人間にとって水分補給は大切ですが、それは赤ちゃんにとっては大人以上に重要で、発汗量が大人の2倍にも及ぶのでたくさんの水分補給が必要になってきます。
>>続きはこちら!

 

授乳回数と間隔が重要なポイント!

赤ちゃんの授乳は、とても大切なので、しっかり管理していく必要があります。
母乳が足りているのと足りていないのでは、赤ちゃんの発育に大きく影響します。
赤ちゃんの授乳につては、授乳回数と間隔が重要です。
>>続きはこちら!

 

ミルクを吐き戻さないために必要な赤ちゃんのゲップ

赤ちゃんのゲップは、大事な意味があります。
ゲップが赤ちゃんに必要なのは、ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるためです。
また、飲んだミルクを吐き戻さないようにする役割がゲップにはあります。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんのあせもはぬるめのシャワーで対策を

赤ちゃんのお肌ってとてもデリケートで敏感な状態となっています。
また赤ちゃんはとても体温が高いため特に汗をかきやすいのです。
また体質によっても汗をかきやすく、お肌が特に敏感でいる子もいらっしゃいます。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんの湿疹と水道水の意外な関係

赤ちゃんの湿疹と水道水の関係は、水道水に含まれている塩素にあります。
有害な成分が、湿疹を招くのです。水道水でミルクを作ってはいけません。
水道水をそのまま赤ちゃんに飲ませると、良くない影響を与えることになります。
>>続きはこちら!

 

ミルク?オムツ?眠い?赤ちゃんが泣きやまない時のサイン

赤ちゃんが泣きやまない場合、まず、なぜ泣いているのかをしっかり観察する必要があります。
赤ちゃんが泣きやまない時は、お腹が空いていることが多いです。
そうした時は、すぐに授乳してやるとよいです。
>>続きはこちら!

 

水道水や果物まで。意外と知らない赤ちゃんのアレルギー

最近は、アレルギーである可能性がある子が増えているので、赤ちゃんは十分注意しないといけません。
赤ちゃんがアレルギーになると喘息の薬を飲ませなくてはならなくなったりします。
また、気管支が弱いと、アレルギーになりやすくなります。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんに水を飲ませるのは胃腸が発達し始める生後3ヶ月以降

赤ちゃんに飲ませる水の注意点は、一度にたくさん飲ませないようにすることです。
1回あたり20mlを目安に少しずつあげることが大事です。
赤ちゃんには、お腹の調子を見ながら量を調整するようにする必要があります。
>>続きはこちら!

 

塩素・トリハロメタン・鉛まで・・赤ちゃんと水道水の怖い話し

水道水が赤ちゃんに与える悪影響は、甚大なものがあります。
水道水には気になる塩素が含まれています。
塩素は肌荒れの原因になったり、ビタミンを破壊してしまう作用があります。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんの便秘とミルク・母乳・離乳食の関係

赤ちゃんの便秘については、悩むお母さんが多いです。
ただ、赤ちゃんの場合、数日ウンチが出なくても柔らかいものであれば、便秘とは言いません。
>>続きはこちら!

 

赤と白のうんちは危険信号!赤ちゃんの下痢

赤ちゃんの下痢については、それほど心配する必要はないのですが、健康のバロメーターの1つであるのも事実です。
赤ちゃんのうんちの状態で、ある程度の健康がわかります。
>>続きはこちら!

 

ママの免疫は10か月まで!赤ちゃんの免疫はヨーグルトと野菜で

病気にかかりにくくすることが出来る免疫ですが、赤ちゃんの免疫というのはどのようになっているのでしょうか?
赤ちゃんはまだ自分自身で免疫を付けていくだけの能力がないため、お腹の中にいる間と母乳によってお母さんから免疫を貰います。
>>続きはこちら!

 

生後半年を過ぎたら白湯やお茶を赤ちゃんの飲み物に!

赤ちゃんは大人に比べると栄養も母乳やミルクから摂取しているため、多くの水分を摂取します。
実は腎臓の機能が未熟なので、摂取した水分はすぐに尿として排出されてしまうため、より多くの水分を必要としているのです。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんの嘔吐は色をチェック!黄色は消化器官に問題かも

育児を経験した方の多くは赤ちゃんが嘔吐してしまったことがあるのではないでしょうか。特に月齢が低い赤ちゃんの場合は顕著となっており身体の構造が未発達ということもあって胃の内容物の逆流を上手く防ぐことができません。
>>続きはこちら!

 

おしゃぶりが乳幼児突然死症候群を防ぐ?

赤ちゃんといえばおしゃぶりを咥えているイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。
おしゃぶりは口が寂しいことからぐずるのを防ぐためにも必要なグッズとなっていますが最近ではあまりよくない部分もあると言われているようです。
>>続きはこちら!

 

黄色や緑の色のついた赤ちゃんの鼻水はウィルス性の風邪かも

赤ちゃんは可愛いものです。
でも、生まれてきたばかりである赤ちゃんはとても弱く、免疫力を持ち合わせていないと思っていなくてはいけません。
赤ちゃんは鼻水を出すことが多いです。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんの鼻づまりは生理食塩水で「す〜」っと!

赤ちゃんは鼻つまりを起こしやすいといわれています。
これにはいくつかの理由があるのです。まず赤ちゃんは大人よりもずっと鼻が低く、鼻の穴も小さいですよね。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんが鼻血の時は鼻骨を抑えて圧迫止血

赤ちゃんが鼻血を出す原因は鼻の粘膜が傷ついたことがほとんどでしょう。
たとえば鼻つまりが気になって吸引機を使って鼻水を擦ったときには中が傷つきやすくなってしまいます。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんが脱水症状になったら、イオン飲料水で水分補給を!

大人に比べて体温が高いので、少し暑くてもすぐ汗をかいてしまうのが赤ちゃんです。
体温調節のために汗として水分がどんどん体外に排出されるので、脱水状態に陥り易いので、気をつけて見てあげないといけないのです。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんの乾燥肌は入浴前後のケアが大切

赤ちゃんの肌はプルプルしていて気持ちがいいですが、実は脂質が少なく乾燥しているのです。
特に秋から冬にかけて乾燥する季節になると余計に心配になります。
そこで、赤ちゃんの乾燥肌の注意点をご紹介します。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんのミルクに水道水は危険!発がん性物質のリスクも

ちゃんは体調や機嫌によって食欲にムラがでることがよくあります。
ミルクの量の目安はありますが、それぞれの赤ちゃんのペースにあわせて飲ませてあげるのが一番です。
授乳時間の注意点は、お腹がすくまでできるだけ感覚を開けてやることです。
>>続きはこちら!

 

野菜のおじや・豆腐料理が離乳食におすすめ

赤ちゃんも10か月ごろになるとミルクのみの生活をやめて離乳食をどんどん食べていく時期になります。
最少は食べることを嫌がる赤ちゃんもいるようですが根気よく対応してあげることが大切です。
>>続きはこちら!

 

白湯の作り置きは雑菌が繁殖するので注意

白湯の作り方はごく簡単で、水を鍋ややかんに入れてから火にかけて煮沸すればOKです。
この時の注意点として、水道水を使用するのであればトリハロメタンが発生するので、やかんの蓋を開けて20分程度連続して沸騰させる事です。
>>続きはこちら!

 

赤ちゃんが黒やコーヒー色の血便をしたら病院へ!

赤ちゃんの便に血が付いていたとなりますと、まずは病気になっていると疑ってすぐに病院へと駆け込むことがあります。
確かに大人でも血便が出て他に症状が出た時には病院に行きますので、赤ちゃんでも病気に罹っていましたら病院に向かうこと自体は正しい対処法ともいえます。
>>続きはこちら!

赤ちゃんの豆知識記事一覧

赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーター

生後しばらく経過をしてくると母乳やミルクだけで大丈夫なのかと心配をされる方もいますが、いざ赤ちゃんに水を与えるとなると、いくつから水を与えて良いのかも、そもそも水道水を与えて良いのか、ミネラルウォーターを与えた方が良いのかなど様々な事が疑問として挙げられます。まず赤ちゃんに水が必要になってくる時期で...

≫続きを読む

 

新生児におすすめのウォーターサーバーをご紹介!

現在市販されているウォーターサーバーは新生児の育成に欠かす事のできない安全な水を提供する事ができるようになっています。サーバーの衛生面が100点のクリクラミオ一番人気のあるのがクリクラミオですが、ここでは美味しさと安全性のバランスを重視したサービスを提供している点が大きな特徴です。クリクラミオでは、...

≫続きを読む

 

新生児のミルクを作る時は水に注意!

新生児にミルクを作る時は、使用する水に注意を払い、安全を守ることが親の努めですよね。ミルク作りは、水が新鮮であれば何でも良い、そう誤解されることが少なくありません。同じように見えても成分に違いはありますし、新生児は内臓が弱く繊細なので、ミルク作りの際には注意が不可欠です。大人なら、水道でもミネラルウ...

≫続きを読む

 

新生児におすすめのミネラルウォーターは?新生児は内臓が未発達

昨今、水に対する関心は高くなりつつあります。今ではペットボトルの水を購入する方が増えてきました。大人はもちろんですが、とくに新生児を育てる親御さんにとって我が子に飲ませる水選びにこだわる方は多いのではないでしょうか。しかし、新生児に水を与える際は、十分な知識を持って慎重になることが大切です。そもそも...

≫続きを読む

 

ミネラルウォーターを粉ミルクに使用する時の注意点

赤ちゃんのご飯である母乳や粉ミルクは、成長に欠かせないものです。母乳なら問題ありませんが、粉ミルクを利用する場合には気になるのは水だと思います。一般的に粉ミルクには水道水で良い一般的に粉ミルクに使用する水は、ミネラルウォーターではなく水道水で十分だとされています。水道水はカルキなどが心配だという場合...

≫続きを読む

 

乳児にミネラルウォーターは使える?

乳児に与える飲み物食べ物には特に気を配っているお母さんお父さんは多い事でしょう。乳児は自分で選択することが出来ませんので、養育者が責任をもって安全で安心なものを選び与えたいものですね。動物の赤ちゃんであれば生まれてすぐに歩ける能力を持った赤ちゃんもいますが、人間の乳児は大変未熟な状態で生まれてくると...

≫続きを読む

 

 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター