赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーター

赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーター

ミネラルウォーター

生後しばらく経過をしてくると母乳やミルクだけで大丈夫なのかと心配をされる方もいますが、いざ赤ちゃんに水を与えるとなると、いくつから水を与えて良いのかも、そもそも水道水を与えて良いのか、ミネラルウォーターを与えた方が良いのかなど様々な事が疑問として挙げられます。

 

まず赤ちゃんに水が必要になってくる時期ですが、これは離乳食を始める生後5か月から6か月頃までは母乳やミルクだけでも問題ありません。
しかし、夏場やお風呂上りに汗をたくさん掻いた場合には水分補給として水を与えることは良い事と言えるでしょう。

 

では、大切な赤ちゃんにはどんな水を与えれば良いのか、一般的に体に害のない水と言えばミネラルウォーターが考えられますが、赤ちゃんにとっては一概に安全であるとは言えないのです。

 

この理由としてはミネラルウォーターと一言で言っても、その種類は様々な商品がありますので、中には適していないものもありますので、正しい選び方をする必要があります。

 

その為、とりあえず家にあるミネラルウォーターを与えてみるという事ではなく、しっかりと赤ちゃんに適しているものを購入しましょう。

 

軟水と硬水

赤ちゃんに適しているミネラルウォーターですが、まず水には軟水と硬水と呼ばれる種類に分けることができますが、適している種類はミネラルを多く含まない軟水になります。

 

人間の身体には欠かすことのできないミネラルなのですが、赤ちゃんの場合には内臓が未発達ですので、ミネラルが豊富な硬水を与えてしまうと下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

 

ですので、ミネラルの量が比較的少ないと言われている軟水のミネラルウォーターを選ぶ必要があるのですが、軟水とは硬度が100mg/L程度のものを軟水と呼びます。

 

ちなみに硬水とは100から300mg/Lが中硬水と呼ばれていて、301mg/L以上の水のことを硬水と呼びます。硬度は低ければ低いほど体への負担は少なくなりますので、できる限り低いものを与えるようにしてください。

 

日本国内が原産となっているミネラルウォーターは多くが軟水になりますので、内臓が未発達の状態で与えても問題ないと言われています。

 

しかし、念の為にしっかりとミネラルの含有量などをチェックしてから与えるようにしてください。また海外の商品の中には加熱殺菌が行われていないものもありますので注意してください。

 

日本産であっても加熱殺菌をしてあるものを選ぶようにすることも大切になりますので、その点もチェックしてから与えてください。
ウォーターサーバーの中には加熱殺菌をしていない、非加熱処理のミネラルウォーターもありますが、こちらに関しては検査基準をクリアしていて無菌状態なので赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

 

ミネラルウォーターは近くのスーパーなどでも購入する事はできますが、赤ちゃんのお世話をしていると中々買い物に出掛けることも難しかったり、購入したとしても水は意外と重たい為大変です。

 

インターネット通販も活用出来ます

そのような場合には、通販サイトで購入する事ができます。
通販でミネラルウォーターを購入するメリットとしては重い荷物を運ぶ必要がない事はもちろんですが、他にも選べる種類が豊富ですので赤ちゃんに適してミネラルウォーターを探すことができます。

 

ウォーターサーバーの普及

ウォーターサーバーと赤ちゃん

近年人気が高まってきているミネラルウォーターの活用方法としてはウォーターサーバーがありますが、その名の通り水を供給してくれる機器で水が入ったボトルをセットして使うことができます。

 

水の種類はウォーターサーバーのメーカーによっても異なりますので、赤ちゃんに適しているのかどうかを確認してから使うようにしてください。

 

ウォーターサーバーを使うメリットとしては常に冷水と温水の2種類の水を使う事ができますので、調乳に使う事もできます。また赤ちゃんがいる家庭で使う場合には転倒防止やチャイルドロック機能が備わったものもありますので、そのような機器を選ぶと良いでしょう。

 

このように赤ちゃんに適している水を選ぶ為には、様々な事を考えながら選ぶ必要があるのですが、どんなに安心安全なミネラルウォーターを選んだとしても行った方が良い事もありますのでお伝えします。

 

それは加熱殺菌になるのですが、先ほど海外のミネラルウォーターですと加熱殺菌がされていないものがある為注意してくださいとお伝えをしたのですが、念には念を入れて加熱殺菌されていると書かれている商品であっても、与える前には自宅で加熱殺菌をしてから与えるようにしてください。

 

加熱殺菌の方法ですが、10分程度の時間をかけて煮沸させてください。これによって消毒がされますので安心して赤ちゃんに与えることができるようになります。

 

与える際には加熱殺菌をしたものを人肌程度に冷やしてから、少しずつ与えるようにしてください。与える量ですが、これは20ml程度の少量から与え始めていき、少しずつ与える量を増やしていくと良いでしょう。

 

また、通常のミネラルウォーター以外にも赤ちゃんが飲めるように開発された水というものも発売されていますので、そのような商品を購入するので安心安全に水を与えることができます。

赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーター関連ページ

絶対に安全な赤ちゃんの水|水道水やペットボトルは大丈夫?
【助産師監修】@赤ちゃんに水は必要?いつから飲ませるのが良いのかA水道水を赤ちゃんに飲ませるために必要なステップと注意点Bペットボトルの水を赤ちゃんに飲ませる時の注意点C赤ちゃんのミルク・白湯・離乳食を作る時の注意点D赤ちゃんにはウォーターサーバーの水が一番おすすめですE赤ちゃんが水を飲まない、吐く時の対処法についてご説明致します。
新生児におすすめのウォーターサーバー
現在市販されているウォーターサーバーは新生児の育成に欠かす事のできない安全な水を提供する事ができるようになっています。中でも人気が高いクリクラミオ・フレシャス・プレミアムベビークラブ・コスモウォーター・サントリー天然水ウォーターサーバー・ベビアクア・クリクラママが新生児にとってどのようなメリットがあるのかご紹介致します。
新生児のミルクを作る時は水に注意!
新生児にミルクを作る時は、使用する水に注意を払い、安全を守ることが親の努めですよね。ミルク作りは、水が新鮮であれば何でも良い、そう誤解されることが少なくありません。同じように見えても硬度や成分に違いはありますし、新生児は内臓が弱く繊細なので注意が不可欠です。
新生児におすすめのミネラルウォーター
赤ちゃんの豆知識
ミネラルウォーターを粉ミルクに使用する時の注意点
一般的に粉ミルクに使用する水は、ミネラルウォーターではなく水道水で十分だとされています。水道水はカルキなどが心配だという場合でも、きちんと沸騰させれば加熱殺菌することができ、カルキも抜けていきます。沸騰させて加熱処理すれば飲み水やミルクには問題ありませんが、水道水が不安だという場合にはミネラルウォーターでミルクを作っても良いとされています。
乳児にミネラルウォーターは使える?
乳児に与える食べ物や飲み物には大人とは違った配慮が必要となります。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムは吸収されにくく大腸に留まり易い性質を持っています。粉ミルクを硬水のミネラルウォーターによって溶いて作った場合ではミネラル分の摂りすぎになって下痢などの症状を引き起こしやすくなる恐れが高くなります。乳児のミルク作りにミネラルウォーターを使用する際には、軟水のものを選ぶことが必要です。

 
TOP コスモウォーター フレシャスデュオ プレミアムベビークラブ