新生児のミルクを作る時は水に注意!

新生児のミルクを作る時は水に注意!

新生児

新生児にミルクを作る時は、使用する水に注意を払い、安全を守ることが親の努めですよね。
ミルク作りは、水が新鮮であれば何でも良い、そう誤解されることが少なくありません。

 

同じように見えても成分に違いはありますし、新生児は内臓が弱く繊細なので、ミルク作りの際には注意が不可欠です。
大人なら、水道でもミネラルウォーターでも、大抵はお腹を下す心配をすることなく飲めるでしょう。
しかし、ミネラル分によって左右される硬度は、極端に高いと大人であっても胃腸に影響する可能性があります。
つまり、新生児に与えるミルクも、作り方次第ではお腹を下して下痢になる恐れがあることを意味します。

 

新生児のミルクは軟水が基本

新生児のミルク

新生児を対象として、安全かつ安心して与えたいなら、軟水を選んでミルクを作ることがポイントです。
硬度はミネラル分で分類され、1リットルあたりに含まれる重さによって決まります。
60ミリグラムを超えると、所謂硬いと表現される硬度に分類されますから、新生児用のミルクには選ばない方が無難です。

 

適度なミネラルは必要

仮に、新生児に対して与えると、骨格に必要なミネラルは摂取出来ますが、余剰分は内臓に負担を掛ける結果に繋がります。
一般的には、蛇口を捻って出る水を煮沸してミルクを作る方法があります。
水道水は沖縄県以外では、硬度が60以下の軟水になっているので、ミネラルでお腹を壊すことはありません。
しかし、残留塩素は含まれますし、地域によって硬度に差はありますから、蛇口からなら安全だと思い込まないことが大切です。
特に最近問題視されている事として、水道管のサビや環境ホルモンが挙げられます。
これらは簡単に除去出来るものではないので、水道水を新生児に使用するのであれば、高性能な浄水器を付けた方が良いでしょう。

 

外国産のミネラルウォーターは要注意!

一方、ミネラルウォーターで一番注意が必要なのは、外国産です。
エビアンなど外国産のミネラルウォーターは硬度が100以上の硬水が多いので、使用する際には必ず硬度をチェックしましょう。
ミネラル分だけで比較しても、海外のミネラルウォーターを含めると、日本の平均的な基準の3倍に達する物も存在します。
これは明らかに新生児に適さないので、選択肢からは外し、軟質に限定して比較検討することが鉄則となります。

 

国産のミネラルウォーターも硬度をチェック!

また、国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですが、中には硬度が60以上のものがあるので、注意して下さい。
硬い質のミルクを与えても、数回程度なら新生児がお腹を下す位で済みますが、継続によっては新生児の発育に影響が出始めます。

 

ミネラルウォーターは未開封であれば、流通の途中で不純物が混ざる心配はなく、開封直後なら安心して新生児に与えることが出来るでしょう。
しかし開封後は水も劣化して、雑菌が繁殖するのでその日のうちに使い切るようにして下さいね。

 

新生児にウォーターサーバーと言う選択肢

クリクラミオ

もしミネラルウォーターを定期的に店頭で買い求めるのは負担となるようであれば、ウォーターサーバーが新たな選択肢として、悩みを解消してくれます。

 

ミネラルウォーターであっても、箱買いで宅配をしてもらえば、負担なく安全なミルク作りが行えると考えがちです。
それでも、空き容器は毎日増えますし、宅配の度にダンボールの処分が発生するので、新生児を育ててている家庭には継続的な負担となります。
ウォーターサーバーは、小分けでなく大きな容器の状態で定期的に供給されますから、発生するゴミは少なく容器が再利用出来るので安心です。

 

また、一度開封したミネラルウォーターはどんどん空気中から雑菌が繁殖してしまうので、時間を置いたものは新生児のミルクには適しません。
当サイトが紹介しているウォーターサーバーの中でも、クリクラミオ・コスモウォーター・プレミアムベビークラブ・フレシャスはボトル設置後も水を無菌状態に保つことが出来るので、無駄なく新生児のミルクを作ることが出来ます。

 

ウォーターサーバーはメンテナンスを重視!

また、サーバーのメンテナンスも大切な要素になってきます。
最近のウォーターサーバーは【自動クリーニング機能】が付いているものが多いので、依然と比べると衛生的な水を新生児に飲ませる事が出来ます。
しかし、実際にはどんなに自動クリーニング機能を使っても落ちない水垢などもあるので、より安全性を高めるのであればクリクラミオのようにプロがメンテナンスをしているウォーターサーバーを選んだ方が良いでしょう。
サーバーを定期的に分解・清掃・部品交換してくれるウォーターサーバー会社の水ならば、雑菌に抗体がない新生児にも安心して使用する事が出来ますよ。

 

また、良質で新鮮な水を選んでも、使い方によっては質が低下しますから、なるべく開封直後の物を使い、綺麗な容器で作ってミルクを与えることが必要です。

新生児のミルクを作る時は水に注意!関連ページ

絶対に安全な赤ちゃんの水|水道水やペットボトルは大丈夫?
【助産師監修】@赤ちゃんに水は必要?いつから飲ませるのが良いのかA水道水を赤ちゃんに飲ませるために必要なステップと注意点Bペットボトルの水を赤ちゃんに飲ませる時の注意点C赤ちゃんのミルク・白湯・離乳食を作る時の注意点D赤ちゃんにはウォーターサーバーの水が一番おすすめですE赤ちゃんが水を飲まない、吐く時の対処法についてご説明致します。
赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーター
赤ちゃんにはどんな水を与えれば良いのか、一般的に体に害のない水と言えばミネラルウォーターが考えられますが、赤ちゃんにとっては一概に安全であるとは言えないのです。赤ちゃんにおすすめのミネラルウォーターですが、まず水には軟水と硬水と呼ばれる種類に分けることができますが、適している種類はミネラルを多く含まない軟水になります。
新生児におすすめのウォーターサーバー
現在市販されているウォーターサーバーは新生児の育成に欠かす事のできない安全な水を提供する事ができるようになっています。中でも人気が高いクリクラミオ・フレシャス・プレミアムベビークラブ・コスモウォーター・サントリー天然水ウォーターサーバー・ベビアクア・クリクラママが新生児にとってどのようなメリットがあるのかご紹介致します。
新生児におすすめのミネラルウォーター
赤ちゃんの豆知識
ミネラルウォーターを粉ミルクに使用する時の注意点
一般的に粉ミルクに使用する水は、ミネラルウォーターではなく水道水で十分だとされています。水道水はカルキなどが心配だという場合でも、きちんと沸騰させれば加熱殺菌することができ、カルキも抜けていきます。沸騰させて加熱処理すれば飲み水やミルクには問題ありませんが、水道水が不安だという場合にはミネラルウォーターでミルクを作っても良いとされています。
乳児にミネラルウォーターは使える?
乳児に与える食べ物や飲み物には大人とは違った配慮が必要となります。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムは吸収されにくく大腸に留まり易い性質を持っています。粉ミルクを硬水のミネラルウォーターによって溶いて作った場合ではミネラル分の摂りすぎになって下痢などの症状を引き起こしやすくなる恐れが高くなります。乳児のミルク作りにミネラルウォーターを使用する際には、軟水のものを選ぶことが必要です。

 
TOP コスモウォーター フレシャス プレミアムベビークラブ