1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 赤ちゃんの便秘とミルク・母乳・離乳食の関係。白湯や砂糖水で水分補給がおすすめ!

赤ちゃんの便秘とミルク・母乳・離乳食の関係。白湯や砂糖水で水分補給がおすすめ!

泣いている赤ちゃん

お母さんのおっぱいやミルクを飲んでいた赤ちゃんも、生後5~6か月を迎えるとそろそろ離乳食をはじめる時期に入ります。

赤ちゃんの5カ月と6カ月では大きな差がありますので、首と腰が座って支えがあれば座れる状態であること、スプーンをそっと口に入れてみて嫌がらないことといった条件がそろえば、離乳食を始めることを検討してみると良いでしょう。

離乳食は早く開始すれば良いというものではまったくくありませんので、スタートが遅くなっても気にすることはありません。

ただし、離乳食を始めるとおっぱいやミルクだけの頃よりも水分が減るために、うんちが硬くなり回数も減ることがあります。もしかして便秘かもと心配になるかもしれません。

ここでは、便秘かどうかの判断と、便秘ぎみになった時の解消法について説明していきます。

実は、赤ちゃんのうんちが1日か2日でなくても、離乳食やミルクを問題なく摂取していて元気であれば、さほど心配する必要はありません。心配であれば、お腹に「の」の字を書くようにしてマッサージすると排便が促されることがあります。そのまま様子を見ましょう。

問題は3日たってもうんちがでない、お腹がパンパンに張っている、食欲が無い、泣いてばかりいるなど機嫌が悪いといった状態であれば便秘の可能性が高いです。

うんちが溜まっているとどんどん離乳食を食べないようになり、栄養が不足する恐れがあります。またお腹も痛くなるなど、赤ちゃんにとってとてもつらい状態になりますので、すぐに対処してあげましょう。

離乳食初期は便秘になる赤ちゃんが多い

離乳食をはじめたころは、便秘になる赤ちゃんは結構います。

今まではおっぱいや母乳など水分のみだったのが、それ以外のものを食べはじめるために、まず接種する水分量が減ります。また食べ物を摂取することでいろいろな菌も腸内にはいってますので、腸内環境が大きくかわることも理由のひとつです。

しかし、離乳食を慌てて止めさせる必要はありません。成長のために必要なことであり、今やめてもいずれは必ずやらないといけないことです。また時期が来ている赤ちゃんにミルクやおっぱいだけを与えているのでは必要な栄養が不足します。そのまま予定通り進めていくと良いでしょう。

便秘には水分補給が大切

そこで大切なのが、水分を十分に補給することです。赤ちゃんは汗をよくかき、泣くとたくさんの涙を流します。そのため水分が不足しがち。意識的にこまめに水分を与えてあげることが必要です。

離乳食開始のころは、離乳食を口にしたあとに、母乳やミルクはほしがるだけ与えて構いません。中期に入っても、母乳は好きなだけ、ミルクは量を調整しながら離乳食のあとに与えてあげましょう。

後期にはいると、様子を見ながら少しずつ量を調整して飲ませるようにします。この時期にはフォローアップミルクを与える家庭もありますが、とくに必要はないでしょう。

しかし、ミルクや母乳だけでは水分は足りていないことがあります。特にお散歩に行った後や朝やお昼寝から起きた後、お風呂の後にはのどが渇いていますので、湯冷ましやぬるめのお茶を飲ませることを忘れないようにしましょう。

特に気をつけたいのが夏場です。気温が高いためすぐに汗をかきますので、こまめに水分をとらせることが大切です。同様に、暖房の入っている冬場も要注意です。

便秘解消には白湯がおすすめ。飲まない時は砂糖水も

母乳やミルク以外に飲ませるのにもっとも良いのは湯冷まし(白湯)です。人肌程度にさましたものを与えましょう。

白湯を作る時には水道水だと塩素などが心配なので、ウォーターサーバーを活用すると良いでしょう。

白湯を飲まないようであれば、赤ちゃん用の麦茶もおすすめです。但しきんきんに冷やしたものや、カフェインを含んだものは避けていください。

白湯も麦茶も飲まないようであれば、5%の砂糖水を飲ませると少し甘いので比較的良く飲んでくれます。

但し赤ちゃん用のイオン水やジュースなどを習慣的に与えることもやめましょう。甘くておいしいので喜んで飲み、肝心の離乳食を飲まなくなったり、糖分によって虫歯になったりする可能性があります。

離乳食で慣れ始めたスプーンや哺乳瓶で飲ませることもできますが、マグを使う練習にもなりますのでスパウトマグなどを使ってみるのもいいでしょう。

ただし、飲み口を嫌がってスパウトマグでは飲まない赤ちゃんもいますので、無理に使う必要はありません。

8カ月ごろには練習するとストローマグも使えるようになってきます。ストローでのめるようになると、お出かけの時に赤ちゃん用の飲料パックを飲ませることもできるようになりますので、少し楽になるでしょう。10カ月ごろになると練習すればマグカップで飲めるようになってきます。

 

赤ちゃんの便秘とミルクの関係

赤ちゃんの便秘とミルクの関係と言えば、粉ミルクが関係しています。

赤ちゃんの体質によっても違ってきますが、粉ミルクが便秘の原因になっていることは多いです。

粉ミルクで赤ちゃんが便秘になるのは、浸透圧が関係しています。
浸透圧の低い粉ミルクが赤ちゃんの体内に入ると、低い浸透圧を高くしようとします。
そうすると体は便から水分を吸収するので、ミルクから水分がなくなりカチカチのうんちが残るので、便秘をおこしやすくなるのです。

>>ミルクは薄めて飲ますのは止めて!便秘や痔になったり体に負担がかかる

赤ちゃんに粉ミルクを飲ませる時は、粉ミルクに表示されている基準調乳濃度で作れているかどうかをチェックしましょう。

もしも基準よりも薄い粉ミルクを飲ませている場合には、基準に戻す事で便秘が改善するでしょう。

赤ちゃんの便秘と水分補給について

赤ちゃんが便秘の時は、当然ですが、いつも以上に水分補給をしっかりしてあげないといけません。
便秘の時は水分補給がとても大切になります。

但し便秘の原因は、水分不足ももちろんあるのですが、母乳の質も考慮しないといけません。

お母さんの食生活で母乳の粘度は変わるからです。高カロリー食やスナック菓子などを食べていると、粘ついた母乳になるので注意が必要です。

赤ちゃんが便秘の時は、水分補給は必至ですが、水分だけの極端な摂り過ぎはいけません。

そうすると、母乳やミルク、離乳食の量を減らしてしまうからです。

胃液が薄まり、離乳食の消化を妨げることにもなるので、水分は母乳やミルクの補助として飲ませるようにしましょう。

 

赤ちゃんの便秘と母乳の関係

赤ちゃんの便秘と母乳の関係は、母乳の質が関与しています。

母乳には、腸内環境を良い状態にする成分が含まれているので、粉ミルクよりも便秘になりにくいと言われています。

しかし母乳であれば、全く便秘にならないといわけではありません。

母乳の質は、母親の食事と関係していて、食べる物によって、母乳は良くも悪くもなります。

揚げ物や甘いものばかり食べていると、母乳はドロドになってしまい、赤ちゃんも飲みにくくなります。

ドロドロした母乳は、消化しにくく、水分量も少ないので、水分不足となり、赤ちゃんが便秘になりやすくなります。
母親は食事の際、なるべく脂っこい物や肉類は控える必要があります。母乳の質を良くする食べ物を摂るようにしないといけません。

お肉であれば、鳥のささみや豚の赤身部分が良く、魚なら、白身の魚がおすすめです。
水分もできるだけ摂取したほうがいいのですが、炭酸飲料や甘みの強いものは避け、やお茶を飲むことです。

離乳食になる赤ちゃんの便秘

便秘の原因が離乳食と関係しているのは、離乳食に慣れる初期は、赤ちゃんの腸の機能が未熟だからです。

母乳やミルクの量が減っている時期でもあるので、便の水分量が不足して便秘になりやすいのです。

離乳食初期には、消化のよいものばかり与えるので、それが便を少なくしていることも考えられます。離乳食は、母乳やミルクを卒業して、食べ物から栄養をとるようにする練習期間でもあります。

腸を食べ物に慣らしていく大事な時期なので、少しくらい便秘したとしても心配する必要はありません。

腸が慣れてくると、便通も安定してきます。3~5日経っていても、やわらかいうんちが出るようなら、便秘を心配する必要はありません。

便秘を解消する方法

便秘が気になるようなら、離乳食はなるべく決まった時間に定期的に与えるようにし、繊維が多いものや、乳酸菌類など便秘にいい食材を与えてやることです。

便秘を解消するためには、水分の補給だけでなく、ヨーグルトや果物などを離乳食に取り入れてみるのも効果があります。リンゴやバナナなどで食物繊維が摂れるようにすることも効果があるでしょう。

食事の時間を一定にして生活リズムを整えることで、腸の活動のリズムも整い、便秘が改善されることもあります。

離乳食を与える時間はなるべく一定にすると良いでしょう。お散歩や体を動かす遊びをして運動するのも効果的です。またお腹を優しくマッサージするといったことも試してみてあげください。

低月齢の時に果汁を与えると、お腹にガスが溜まって赤ちゃんが不機嫌になるので注意が必要です。
マッサージもよく、うつぶせにさせて腹筋を刺激するとよいです。へそを中心にした、「の」の字のマッサージは有効です。

便秘がひどいときに効果的なのが綿棒浣腸で、綿棒にベビーオイルをつけて赤ちゃんの肛門に押し入れてやるとよいです。
前後に動かして刺激するとウンチがでてきます。市販のイチジク浣腸でもかまいません。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

泣いている赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 離乳食にパンはいつから大丈夫?基本はお粥ですが、初期からでも大丈夫でホームベーカリーを使うのがおすすめ!

  • 赤ちゃんが脱水症状を起こした時の症状と見分け方。ミルクを飲まなくなったら要注意!

  • 妊娠中にお酢はおすすめ!アップルサイダービネガーや黒酢で簡単ドリンクを飲みましょう!

  • 赤ちゃんは果汁をいつから飲める?注意点と果汁の作り方。アレルギーに注意しながら白湯で調整を

  • 母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

  • 離乳食にコーンフレークをそのまま食べさせても大丈夫?量はどれくらい?