1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 生後半年を過ぎたら白湯やお茶を赤ちゃんの飲み物に!飲ませ方や温度について

生後半年を過ぎたら白湯やお茶を赤ちゃんの飲み物に!飲ませ方や温度について

赤ちゃんは大人に比べると栄養も母乳ミルクから摂取しているため、多くの水分を摂取します。

実は腎臓の機能が未熟なので、摂取した水分はすぐに尿として排出されてしまうため、より多くの水分を必要としているのです。

特に夏場やお風呂上りなどは、汗を大量にかくので母乳やミルク以外にも飲み物を飲ませた方が良いのかなと心配になりますよね。

赤ちゃんには飲み物をいつから飲ませる?温度はどれくらい?

しかし基本的には生後半年ほどまの赤ちゃんは母乳やミルク以外の水分は不要と現在では言われています。

以前は白湯や薄めた果汁などを生後1ヶ月ほどから与えていた時期がありましたが、現在はこのような白湯や薄めた果汁は不要となっています。

生後半年を過ぎてきたころから、少しずつ白湯やお茶を与え始め、母乳やミルク以外のものを飲むことが出来るようにしていくことがお勧めになります。

赤ちゃんに白湯や麦茶を飲ませる時の温度は、人肌くらいに冷ましたものか、常温の物をあげるようにしましょう。

果汁などいわゆるジュースの類は、基本的にはまだ与える必要がありません。
また浸透圧が高い飲み物は赤ちゃんの腎臓に大きな負担を与えてしまう事になりますので避けましょう。
ミネラル分が多い硬水のミネラルウォーターは、腎臓や肝臓に負担をかけることになりますので、こちらも避けるようにします。

日本のウォーターサーバーはほとんどが内臓に負担がかからない軟水を使用していますが、念のため確認する事をおすすめします。

赤ちゃんにおすすめの飲み物

ポット

赤ちゃんには基本的には母乳やミルク以外の飲み物は生後半年ほどまでは不要と言われています。

ですが、離乳食を始め、さまざまな食べ物を与えるようになるころには、母乳やミルク以外からの水分補給を考えていく必要があります。

生後半年を過ぎたら白湯を

このようなときにおすすめになる飲み物は、白湯です。
白湯が最も赤ちゃんの身体に負担が掛からない飲み物なんですよ。

ですが、徐々にいろいろな味を体験させたいと思いますよね。
大人から見るとなんとなく白湯では味もなくかわいそうと思うかもしれませんが、一般的に販売されている麦茶でも、赤ちゃんの身体にはとても負担になってしまいます。

同じ麦茶でも、ベビー飲料として売られている麦茶であれば、安心して与えることが出来ます。

一度飲んでみると分かると思いますが、ベビー用の麦茶は薄くなっています。
一般的に販売されている麦茶なら、白湯で倍に薄めるようにすれば、安心して与えることが出来ますよ。

ベビー飲料はさまざまなものがありますが、基本的には白湯もしくは麦茶などのお茶類がお勧めになってきます。
甘味があるものは薄味を受け付けなくなってきますので避けるようにしましょう。

ウォーターサーバーを使うと、赤ちゃんに安全な飲み物を作れる

白湯を作る時に便利なのがウォーターサーバーになります。

通常白湯を作る時には、水道水やミネラルウォーターを沸騰させて冷まさなければいけません。

これは、水道水に含まれているカルキを飛ばしたり、ミネラルウォーターが外気に触れる事で雑菌が繁殖しないように煮沸消毒をするためですが、ウォーターサーバーの場合には、冷水も温水も無菌状態に保たれているので、そのまま使用する事が出来ます。

微妙な温度調整もウォーターサーバーは簡単に出来ますし、何よりも安全性が高いのはお母さんにとって安心材料となります。

電気ポットやケトルを使っていると、内部の汚れが気になる事がありますが、ウォーターサーバーの「自動クリーニング機能」を使えば、誰でも必要なタイミングで簡単に内部の消毒をする事が出来ます。

特にコスモウォーターは赤ちゃんの飲み物として人気が高いのですが、その要因としては120以上の項目の水質検査を行っている事と、採水からボトリングまでをフルオートメーションにしている事で、非常に衛生的な水を確保する事が出来ているからです。

赤ちゃんの飲み物の飲ませ方はスプーンからストローマグへ

赤ちゃんに麦茶や白湯を飲ませる方法ですが、最初はスプーンで少しだけ飲ませると比較的赤ちゃんも抵抗なく飲めるようです。

飲まない時は無理をしなくても良い

但しそれまで母乳やミルクしか口にしたことがない赤ちゃんにとって、初めての味になるのでびっくりして飲まない事もありますが、無理に飲ませる必要はありません。

栄養を3食の離乳食でしっかり取れるようになるまでは、母乳やミルクを飲んでいますので、栄養的にはしっかり補給出来ていて問題ありません。

但しいずれは麦茶も飲めるようにしておきたいので、お風呂上りなど喉が渇いている時に飲ませていく事で、少しずつ慣らしていきましょう。

スプーンから少しずつでも飲むようになれば、次のステップとして、ストローマグで飲む練習をしましょう。

ストローマグで飲めるようになると、水分補給に関しては取りあえず一安心出来ますよ。

赤ちゃんに与えては危険な飲み物

赤ちゃんも暑い時期やお風呂上がり、外遊びをした後などは身体の水分が失われてしまいますので、水分をしっかりと与えてあげることが必要です。

生後半年ほどまでは母乳やミルクが赤ちゃんの水分補給になりますが、徐々に母乳やミルク以外から水分補給を行うようにもなっていきますよね?
そのような時に、赤ちゃんに与えては行けない飲み物もあるんです。
まず硬水のミネラルウォーターは基本的には与えてはいけません。
ミネラル分は未熟な赤ちゃんの腎臓や肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

与えるなら軟水かRO水にしましょう。
カフェインが含まれているものも避けましょう。
お茶の苦み成分であるタンニンが含まれているものも避けるようにします。
お茶の中には赤ちゃんにとっては不向きな成分が含まれているものがあります。

例えば健康茶として人気のハトムギ茶は、ミネラル成分が多く、さらに利尿作用が高いために赤ちゃんには実は不向きです。
乳酸菌飲料や果汁100%ジュース、イオン飲料なども赤ちゃんの身体にはまだ負担が大きな飲み物になっています。
赤ちゃん向けに作られたもの以外は与えないようにしましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 母乳の味はお母さんの食事で変わる?

  • 新生児の麦茶はいつから?便秘になったら飲ませた方が良い?

  • 赤ちゃんでも飲める市販ミネラルウォーターの特徴。軟水で硬度が60mg/L未満のウォーターサーバーが便利

  • 羊水を増やすにはどうすればいい?羊水が増える時期は?

  • ノロやロタウィルスが怖い!赤ちゃんの胃腸炎

  • <母乳の味>は食事で変わる? 母親がカレーを食べると羊水が黄色くスパイス臭に……