1. TOP
  2. 病気
  3. 赤と白のうんちは危険信号!赤ちゃんの下痢

赤と白のうんちは危険信号!赤ちゃんの下痢

 2016/07/12 病気 飲み物
この記事は約 5 分で読めます。 13 Views

赤ちゃんの下痢については、それほど心配する必要はないのですが、健康のバロメーターの1つであるのも事実です。
赤ちゃんのうんちの状態で、ある程度の健康がわかります。
しかし、赤ちゃんそれぞれで通常のうんちの状態が異なるので、赤ちゃんのうんちが下痢だからと言って慌てる必要はありません。

ミルクは下痢になりやすい

ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合、うんちは、かなり緩くなります。
柔らかくて少し茶色っぽい色をしていて、回数は、1日7回~8回あたりになります。
赤ちゃんに母乳とミルクを混合で与えている場合は、ミルクの時だけ下痢をすることがあります。
ミルクに含まれている乳糖を分解できないことで起こります。
乳糖の多いミルクばかり飲んでいると、下痢を引き起こすことがよくあるので、そうした場合は、乳糖が入っていないものを選ぶと良いです。

うんちの色をチェックしよう

赤ちゃんのうんちは、もともと下痢っぽいものが多く、うんちの色が、黄色、黄色寄りのクリーム色、緑色、つぶつぶの混じったものであれば心配はありません。
しかし、赤いイチゴジャムのようなうんちの場合、腸重積症を発症している恐れがあり、白いうんちの場合は、ウイルスに感染している恐れがあるので、注意しないといけません。

赤ちゃんの下痢の原因

赤ちゃんの下痢には、急性の下痢と慢性の下痢があります。
赤ちゃんが下痢になった場合、2週間以上、下痢が続くと、慢性の下痢と判断されます。

急性下痢の特徴

急性下痢の原因は、ウイルスや細菌による感染性胃腸炎によるものです。
胃腸にウイルスや細菌が増殖すると、急に下痢が起こります。

その他の原因として考えられるのは、胃腸以外の感染症です。
扁桃腺、肺炎、中耳炎、尿路感染症、突発性発疹などにかかると、下痢の症状が出やすくなります。
抗生物質も原因の1つで、抗生物質を飲んだことで下痢になることがあります。

慢性下痢の特徴

急性下痢の場合、治療を受ければ、3~5日くらいでよくなるのですが、それ以上続く場合は、慢性下痢が疑われます。
慢性下痢の原因は、母乳が考えられます。
母乳で育てられている赤ちゃんの場合、ゆるい便が続くことがよくあります。

しかしこれは、母乳に含まれるビフィズス菌が、腸で正常に働いている証拠でもあります。
母乳の赤ちゃんは、ミルクの赤ちゃんよりも便がやわらかいという特徴があるので、母乳の赤ちゃんの慢性下痢は、特に心配はいりません。しかし、あまりにも長く下痢が続く場合は、オリゴ糖などで腸内環境を整えてあげる必要があります。

赤ちゃんの下痢とミルクの関係

元気だった赤ちゃんが突然、下痢になることがあります。
そうなると心配になりますが、下痢で体力が落ちているときに病院に行くと、感染症になることもあります。

赤ちゃんが下痢になった時は、慌てずに冷静に考えることです。
盲点なのがいつも飲ませているミルクです。
最近の粉ミルクは、機能が高く、胃腸でも消化しやすいように作られています。
しかし、体力が落ちている時は、粉ミルクに含まれる乳糖を消化できずに下痢することがあるので、乳糖の摂取量を減らしてやる必要があります。

ウォーターサーバーでミルクを作る時は、RO水よりも消化の良い天然水の方が良いでしょう。
下痢の時はミルクの与え方を変えることです。
たとえば、軽い下痢の場合は、ミルクの量を2/3程度にします。
そして酷い下痢の場合、ミルクの量を1/2程度にします。

基本的に、赤ちゃんが下痢の間は水分を多めにするようにしてやる必要がありますが、その際、下痢がよくなったら段階的に調乳の量を増やしていくのが望ましいです。
ゆっくりと通常の濃さのミルクに戻していくとよいです。

赤ちゃんの下痢と水分補給について

赤ちゃんが下痢をした時は、しっかり水分補給してあげる必要があります。
下痢しているときは、体内の水分が急速に失われているので、脱水症状になります。

その際、糖分は下痢を悪化させる場合もあるので、果汁を与えるのなら、りんごを与えるとよいでしょう。
赤ちゃんが下痢の時の飲み物には、注意が必要で、下痢を悪化させるものは避けるべきです。

果汁や糖分、かんきつ類などはNGで、胃腸に負担がかかる物もおすすめできません。
ミルクや母乳などがそうです。水分補給をする場合は、イオン飲料や白湯などがおすすめです。

ミルクを与える場合、胃腸への負担を少なくするには、薄めて飲ませるとよいです。
赤ちゃんは、体から出ていく水分比率が高いです。
汗っかきでおしっこの回数も多く、毎日成長しているので、水分の消費が激しいです。

また、成人は体重の約60%が水分ですが、赤ちゃんは70~80%を水分が占めています。
下痢の時は、大量に水分が失われているので、たっぷり与えてやる必要があります。
赤ちゃんは、自分で水分補給ができません。
喉が渇いたと言えず、自分で水を飲んだりできないので、ママがしっかり水分を与えてあげないといけません。

\ SNSでシェアしよう! /

赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • 粉ミルクにサルモネラ汚染の疑い、仏大手が世界で回収 対象7000トンか

  • 母乳の味はお母さんの食事で変わる?

  • お食い初めって何をすればいいの?気になる内容についてチェックしよう!

  • 「手づかみ食べ」っていいの?

関連記事

  • 肺炎や呼吸困難を引き起こす事も。放置すると怖い赤ちゃんの気管支炎

  • 赤ちゃんの湿疹と水道水の意外な関係

  • 赤ちゃんが脱水症状になったら、イオン飲料水で水分補給を!

  • 赤ちゃんが黒やコーヒー色の血便をしたら病院へ!

  • 授乳回数と間隔が重要なポイント!赤ちゃんの授乳

  • 意外と悩ましい?哺乳瓶離れをさせる時期と方法