1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 赤ちゃんのおしゃぶりが乳幼児突然死症候群を防ぐ?指しゃぶりやおしゃぶりをする理由について

赤ちゃんのおしゃぶりが乳幼児突然死症候群を防ぐ?指しゃぶりやおしゃぶりをする理由について

おしゃぶり

赤ちゃんが指をくわえている姿は見ていて可愛いですが、親としては「お腹が空いているのかな?」「寂しいのかな?」と心配になってしまいますよね。

昔は指をしゃぶっているのは「親の愛情不足」だとか「母乳が足りていない」と言われていましたが、現在の見解は異なっています。

お腹の中にいる時から指をしゃぶっている赤ちゃんは結構います。

実際、エコーを良く見てみると親指を口に入れている姿を見る事もあります。

これは「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」と呼ばれているもので、意識的に指をくわえているのではなく、目に入ったものをしゃぶる無意識の行動になります。

赤ちゃんは出産後からすぐに母乳やミルクを飲む必要がありますが、この「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」はそのための練習と言われています。

そのため、指しゃぶりは特に悪いものではなく、時期が来ると自然と収まってくるものです。

また、赤ちゃんといえばおしゃぶりを咥えているイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。

おしゃぶりは口が寂しいことからぐずるのを防ぐためにも必要なグッズとなっていますが、最近ではあまりよくない部分も指摘されているので与え方には注意が必要です。

赤ちゃんのおしゃぶりは出っ歯になる?

その中でも比較的良く耳にするのが噛みあわせや歯並びが悪くなってしまい、出っ歯になるということです。

これはなぜかというと歯が生えてくる時点にておしゃぶりを噛んでいることで歯の発育を妨げてしまうからだとされています。

また生えてきたとしても上と下の歯が開いてしまったり前歯が不自然に突き出してしまったりなどの不具合を生じる可能性も考えられています。

赤ちゃんのおしゃぶりはいつまで与える?

そしてもう一つ気をつけなければいけないこととしておしゃぶりに依存してしまうことがあるそうです。

その目処としては1歳時までにはおしゃぶりは卒業させたほうがよくこの年齢を超えてしまうと習慣化し、そして依存してしまうとされています。

赤ちゃんがハイハイをするようになる時期以降もおしゃぶりを与えてしまうことで依存を高めてしまうと言われていますが、同様の理由によって睡眠時にも与えることは避けることがすすめられています。

逆に赤ちゃんのメンタル面を考慮すると生後6ヶ月までは積極的におしゃぶりを与えることでストレスを緩和させることができますので現在育児中の方は参考にしてみて下さい。

赤ちゃんのおしゃぶりの理由とメリット

過度におしゃぶりを与えてしまうことによって依存してしまったり歯並びが悪くなるとされています。

もちろんおしゃぶりにはデメリットだけでなく赤ちゃんにとっては大きなメリットも存在してします。

まずおしゃぶりの最たるメリットとしては赤ちゃんの精神面をケアしてくれるという点でしょう。

赤ちゃんが指しゃぶりやおしゃぶりをする時のケースは主に4つあります。

不安を解消してくれる

一つ目は、精神的に不安な時。

赤ちゃんにとっては毎日が新しいことだらけです。

初めて目にするものや、耳にするもの、肌に触るものなど、刺激がたくさんあるので、時には不安になる事もあります。

またお母さんがいなかったりすると、寂しがっておしゃぶりをする赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが不安そうな表情を浮かべて、おしゃぶりをしている時には、優しくスキンシップを取って安心させてあげましょう。

眠い時の添い乳代わり

二つ目は眠い時です。

おしゃぶりをする時に一番イメージしやすいのも、赤ちゃんが眠たそうにしている時ではないでしょうか?

赤ちゃんは眠くなるとお母さんのおっぱいが傍にあると安心して眠る事が出来ます。

眠たそうにしながら、赤ちゃんがおしゃぶりをしているようであれば、添い乳をしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの歯固め

赤ちゃんの歯固め

三つめは、歯固めです。

乳歯が生えてくると、口の中がむずむずして気持ち悪く感じるものです。

そんな時に歯をしっかりと抑えるようにしておしゃぶりをする事があります。

指をしゃぶっていると衛生的に不安な事もあるので、清潔で有害物質が含まれていないおしゃぶりを噛ませてあげるようにしましょう。

お腹が空いている

4つ目はお腹が空いている時です。

指しゃぶりやおしゃぶりをしているからと言って、必ずお腹が空いているわけではありませんが、実際におっぱいを欲しがっている時もあります。

特に眠そうでもなくお母さんも傍にいるのに、指しゃぶりをしているようであれば、授乳の頻度を増やしてみると良いでしょう。

また、母乳の出が悪い事が影響して、満足におっぱいを飲めていない可能性もあります。

脂っこい物やジャンクフードばかり食べていると、母乳の質が悪くなります。

また、母乳育児の場合お母さんは毎日2リットルの水分を補給する事が推奨されています。

ウォーターサーバーなどを活用して、安全な水でしっかりと水分補給をするように心がけましょう。

赤ちゃんのおしゃぶりで乳幼児突然死症候群を防げる?

おしゃぶりは授乳の状況を代替するアイテムですが、授乳の状態を模すことによって赤ちゃんに安心感を与えることができストレスを緩和させることができます。

こうした点からぐずっていたり寝付きが悪かったりといった状況を避けることができ、赤ちゃんにとってもまた親御さんにとっても助かる面が出てきます。

またおしゃぶりは健康面にも良い影響があると言われています。

乳幼児突然死症候群と呼ばれる名称の通りに1歳未満の赤ちゃんが突然死してしまう症状があるのですが、おしゃぶりはこの症状を防ぐそうです。

2009年「American Family Physician」という医療論文誌に掲載された研究によると、おしゃぶりの使用によって乳幼児突然死症候群の発生確率が0.39倍になったと報告されています。

その仕組については定かとはなっていませんが赤ちゃんの健康のためにもおしゃぶりは必要だということはわかるのではないでしょうか。

乳幼児突然死症候群に関しては、これをすれば絶対に防げると言うものはありません。

しかし、おしゃぶり以外にも、

  • 両親が禁煙をする
  • 母乳育児にする
  • うつぶせに寝かせない
  • 赤ちゃんを暖め過ぎない

と言った事でリスクを下げる事が出来ます。

また、赤ちゃんを長時間放置していると兆候を見逃す事にも繋がるので、頻繁に赤ちゃんの様子を見るようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

おしゃぶり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 赤ちゃんや幼児の食物アレルギー予防はまず「スキンケア」から。

  • 粉ミルクアレルギーの対応方法と予防策。アレルギー用粉ミルク5選!

  • 肺炎や呼吸困難を引き起こす事も。放置すると怖い赤ちゃんの気管支炎

  • 母乳はミルクと違ってゲップさせなくても大丈夫?寝ていてもゲップさせるべき?

  • <母乳の味>は食事で変わる? 母親がカレーを食べると羊水が黄色くスパイス臭に……

  • 赤ちゃんの湿疹と水道水の意外な関係