業務用ウォーターサーバーを決めるステップとおすすめランキング

業務用ウォーターサーバーを決めるステップとおすすめランキング

応接室にあるウォーターサーバー

最近ではお家だけでなく、会社や病院、薬局などでもウォーターサーバーを設置するところが増えてきました。
ウォーターサーバー一つあるだけで、お店や会社の満足度もアップするようです。

 

業務用ウォーターサーバーを導入するステップ

会社や店舗でウォーターサーバーを導入するためには、

 

  1. 勘定科目を知る
  2. 誰が飲むのかを明確にする
  3. 1カ月のコストの目安を知る
  4. 業務用としてコストパフォーマンスが良いウォーターサーバーを選ぶ
  5. ボトル交換をする人を決める

と言うステップを踏むのが良いでしょう。

 

業務用ウォーターサーバーの勘定科目

業務用としてウォーターサーバーを使用する時に、まず注意したいのが勘定科目です。

 

会社の従業員用としてウォーターサーバーを使用する場合、勘定科目は【福利厚生費】になります。
ただし会社であっても、お客様の飲み物としてウォーターサーバーを使用する場合は、【接待交際費】として経費処理すると良いでしょう。

 

一方、病院や美容室、カフェなど店舗でウォーターサーバーを使用する場合、勘定科目は【販売費】となります。

 

用途や使用する場所によって異なるので、気をつけてください。

 

誰が飲むのかを明確にする

水を飲んでいる

業務用としてのウォーターサーバーを選ぶ際にポイントとなるのは、従業員に使用するのか、お客様のためにお出しするのかです。

 

自分の会社の従業員用であれば、デザインなどは気にする必要はないでしょう。
水もRO水の方が、大量に飲んでもコストを安く抑えられるのでおすすめです。

 

しかし、お客様にお出しする場合は、勝手が少し変わってきます。
大切なお客様をおもてなしするのですから、安っぽいデザインは避けた方が良いでしょう。
また、天然水の方が味が美味しいので、お客様が喜ぶ可能性が高くなります。

 

ウォーターサーバーは年々スリム化しているとは言っても、会社やお店の中では大きな存在です。
お客様が来られた時に、ウォーターサーバーのデザインは結構チェックされやすいので、コストを抑えながらも外観にもこだわっているものがおすすめです。

 

1カ月のコストの目安を知る

ウォーターサーバーのコストには

 

  • お水代
  • サーバーレンタル料
  • 配送料
  • メンテナンス料金
  • 電気代

があります。
業務用で大人数の人が飲む場合、基本的に配送料は無料になると考えて良いでしょう。
そのため、お水代、サーバーレンタル料、メンテナンス料金の3つで1か月のコストをチェックするようにします。
サーバーレンタル料は、メーカーのスタンダードモデルであれば無料の所が多いです。
また、メンテナンス料金は、高い所でも年額5000円程度なので大きな出費になることはありません。
電気代は以前は月額1000円が平均でしたが、最近ではエコサーバーが主流になっているので、月額500円くらいで済みます。

 

一番大きな出費になるのが、水代です。
天然水であれば、12リットルで1800円。
RO水であれば、12リットルで1250円が目安になってきます。

 

1か月の消費量は、1人当たり12リットルくらいで計算して大丈夫です。
つまり、1人当たり月に1250円〜1800円が目安になります。
これに従業員数などを掛けて、サーバーレンタル料を足したものが業務用ウォーターサーバーの1カ月当たりのコストの目安になります。

 

ボトル交換をする人を決める

コスモウォーターの下置きボトル

ボトル交換も重要なポイントになります。
会社や店舗などでは、女性スタッフがボトル交換をする事が多いようです。
男性であれば、12リットルのボトルを頭の上に持ち上げるのは大したことなくても、女性にはかなりの重労働になります。
女性の場合は、足元にボトルをセット出来るウォーターサーバーの方がおすすめです。

 

最近はボトルサイズがコンパクトなウォーターサーバーが人気ですが、業務用として使用する際は、どれだけの人数が飲むのかを予め計算しておくことが大切です。
人数は多いのに、ボトルサイズが小さいと、小まめにボトル交換をする必要が出てきます。
仕事そっちのけで、一日に何度も手間を取るようなウォーターサーバーでは会社のためにも従業員のためにもなりません。
人数が5人以上いる場合は、ボトルのサイズは12リットルにした方が良いでしょう。

 

業務用としてコストパフォーマンスが良いウォーターサーバーを選ぶ

キララウォーターサーバー

ウォーターサーバーのメーカーはたくさんありますが、単にコストが安いだけの所を選ぶのはおすすめ出来ません。
と言うのも、ウォーターサーバー業界は拡大を続けていますが、主要なメーカー・顧客満足度の高いメーカーだけが生き残り、残りは淘汰されているからです。
2018年にはウォーターサーバーに関する新しい基準が設けられる予定になっていて、その基準が満たせないメーカーは潰れていく可能性が高いと言われています。

 

ウォーターサーバーメーカーとして、しっかり各種検査を行い、新機能を搭載したサーバーを開発して、シェアも年々増加させているところは、

 

  • コスモウォーター
  • サントリー天然水ウォーターサーバー
  • フレシャス
  • プレミアムウォーター
  • クリクラ
  • アクアクララ

 

があります。
残りのメーカーは検査基準があいまいであったり、シェアを拡大出来ずに潰れていく可能性があるので、止めておいた方が良いでしょう。
この中で会社や店舗の雰囲気、人数に合ったウォーターサーバーを選んでいきます。
各メーカー毎に特徴があるので、おすすめポイント及びランキングをご紹介します。

 

業務用ウォーターサーバーのおすすめランキング

コスモウォーター

コスモウォーター

  • 3種類の天然水とプラスプレミアムと言うRO水の両方を取り扱っています。
  • サーバーレンタル料は無料です。
  • 12リットルボトルのワンウェイ方式で、ボトルを足元にセット出来るので女性にもおすすめです。
  • 静音機能が新たに追加されているので、病院など静かな環境にもおすすめです。
  • 【自動クリーニング機能】と【クリーンサイクルシステム】があるので、定期メンテナンスは不要です。

 

美味しい天然水で業務用ウォーターサーバーに最適です!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリーウォーターサーバー

  • サントリー南アルプスの天然水を飲めるウォーターサーバーです。
  • ウォーターパックは、7.8リットルになっています。
  • サーバーレンタル料やメンテナンス料金は不要です。
  • 月7箱以上、1日に2L以上のお水を消費する場合は、月会費1000円を払う事で14%安く水を飲むことが出来るバリュープランがあります。

(インターネットで注文可能)

 

業務用として割引があるお得なウォーターサーバーです!
http://www.suntoryws.com/(サントリー天然水ウォーターサーバーホームページ)

 

フレシャス

フレシャススラット

  • フレシャスデュオ・フレシャススラットは共にグッドデザイン賞を受賞したおしゃれなウォーターサーバーです。
  • 非加熱処理の天然水を採用していて、水の美味しさには定評があります。
  • 無菌エアレスパックとセルフクリーン機能があるので、定期メンテナンスは不要です。
  • ボトルは7.2リットルと9.3リットルがあり、使用するサーバーによって水のサイズは異なってきます。
  • 使用済みのウォーターパックは折りたたんで捨てる事が出来るので、ごみが嵩張る心配がありません。

 

デザインも機能も大満足のウォーターサーバーです!
>>http://www.frecious.jp/(フレシャスホームページ)

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

  • 非加熱処理の3種類の天然水が美味しいウォーターサーバーです。
  • 希少性の高い天然水ですが、1680円〜とコストパフォーマンスは良いです。
  • ボトルは12リットルで、サーバーレンタル料が無料の【スリムサーバーIII】はボトルを上にセットしなければいけません。
  • 女性従業員がボトル交換をするのであれば、月額1000円のサーバーレンタル料がかかりますが【cado×PREMIUM WATER】がおすすめです。

 

芸能人も愛用している人気のウォーターサーバーです!
>>https://premium-water.net/(プレミアムウォーターホームページ)

 

クリクラ

クリクラ

  • RO水のみ扱っています。
  • メンテナンス料金として年額5000円が必要になります。
  • サーバーレンタル料等は不要です。
  • 無料お試しが出来るので、気に入ってから契約出来ます。
  • リターナブルボトルなので、担当者が空のボトルを回収してくれます。
  • リ12リットルのボトルは上置きタイプです。

コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーです!
>>http://www.crecla.jp/(クリクラホームページ)

 

アクアクララ

アクアクララ

  • RO水のみ扱っています。
  • 安心サポート料金として月額1,000〜1,500円必要です。
  • 無料お試しが出来ます。
  • リターナブルボトルなので、担当者が空のボトルを回収してくれます。
  • リ12リットルのボトルは上置きタイプです。

無料お試しが出来るウォーターサーバーです!
>>http://www.aquaclara.co.jp/(アクアクララホームページ)

 

業務用ウォーターサーバーとして考えた時に、コストの安いRO水を使用するのであれば、コスモウォーター・クリクラ・アクアクララの3社になります。
クリクラとアクアクララの2社はお試しが出来るメリットがありますが、メンテナンス料金が発生したり、12リットルのボトルを上にセットする必要があります。
また、見た目のオシャレ感でも、コスモウォーターが一番おすすめになります。

 

使用する人数が多くなってくると、サントリーウォーターサーバーも割引をしてくれるのでおすすめです。
ただ、ウォーターパックが小型なので、取り換える手間はかなりかかってきます。

 

フレシャスはオシャレなデザインのサーバーがあるので、美容院やカフェなどに設置するとお客様に喜んでもらえるでしょう。

 

プレミアムウォーターの【cado×PREMIUM WATER】はサーバーレンタル料がかかりますが、デザインも良く、水代は比較的リーズナブルなので、人数が多い所ではおすすめのウォーターサーバーです。

 

 

ウォーターサーバーを設置した後の注意点

ウォーターサーバーを設置した後は、定期的にボトルの水が無くなっていないかをチェックしましょう。
特にお客様にお出しするために用意しておいたウォーターサーバーでは、多くの店舗で水が空っぽになって出てこない事があります。
喉を潤したいと思った時にすぐに冷水や温水を使えるのが、ウォーターサーバーのメリットです。
空っぽのウォーターサーバーでは、お客様の印象も悪くなってしまうので、注意しましょう。
ウォーターサーバーを置くことで、コストは若干かかりますが、従業員や顧客の満足度を飛躍的に高める事が可能です。
コストを抑えつつも、良いウォーターサーバーを選びましょう。


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター