赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要でしょうか?

赤ちゃん

赤ちゃんのミルクを作るときや、母乳で育てる時に、ウォーターサーバーは必要でしょうか?

 

実際に水道水を煮沸して、湯冷ましでミルクを作る方や、市販のミネラルウォーターを買ってきて赤ちゃんのミルクを作る人もいますよね。

 

ティファールなどを使えばウォーターサーバー程早くなくても、すぐにお湯も沸きます。

 

それでも育児をする多くのお母さんが、ウォーターサーバーを使用しているのには理由があります。

 

一番大きな理由としては、安全性の問題。

 

少し怖い話しになりますが、赤ちゃんの安全のために是非目を通してください。

 

 

水道水は注意が必要!

衛生的な水

水道水でミルクを作るのは、おすすめ出来ません。

 

その理由として挙げらる1つの要素が塩素。
水道水のもとになっているお水自体は雨水なども含まれていますが、主は生活排水です。
つまりトイレやお風呂、食器を洗ったり選択した後のお水が元になっているのです。
その中には大腸菌を始めとした細菌がたくさんいるので、除菌・殺菌する必要があります。

 

そこで使用されているのが塩素になります。
塩素自体は除菌・殺菌に使用されていますが、その量は、各家庭の蛇口で1リットル当たり0.1 mg以上の濃度を保つように規定されています。
逆に言うと、0.1 mg以上なければないのが日本の水道水で、都市部では1.0mg以上あると言われています。

 

この塩素は刺激臭がするだけでなく、発癌性物質のトリハロメタンを生成すると言われています。
水道水をお湯にしていくと、トリハロメタンの量も増えるため赤ちゃんのミルクを作るお水としてはおすすめ出来ないのが現状です。

 

確かに塩素自体は、様々な菌からお水を守るために必要なのでものです。
また、塩素が入る事でお水が腐るのを防いでくれます。

 

水道水を安全に保つために必要な塩素ですが、
赤ちゃんのミルクには、塩素やトリハロメタン、細菌、鉛、放射線物質が含まれていないウォーターサーバーのお水が安全と言えます。
>>赤ちゃんに水道水は危険?の記事はこちら!

 

一方で、水道水の方が安全で衛生的と言う意見もあります。

 

確かに、検査項目で言うと、水道水が51項目に対して、ウォーターサーバーでは「食品衛生法」の18項目に過ぎません。
しかし原水としている水の質が明らかに異なるので、単純に比較するのは間違っています。
日本の水道水は、汚染されている可能性がある水源から採水しているので、塩素などで消毒する必要がありますし、検査項目もたくさん設定しないといけません。

 

一方、ウォーターサーバーで天然水として販売されているほとんどは、そもそも汚染から隔離されている水源から採水しています。
しかも、サントリー天然水ウォーターサーバーなどは、厚生労働省が設定している18項目はもちろんですが、全部含めると200項目以上の検査を行っています。

 

また、プレミアムウォーターでは水質検査を1時間ごとにしたり、かなり安全に気を使っているのです。

 

ウォーターサーバー選びが大切

クリクラミオ

もちろん、全てのウォーターサーバーが衛生的な訳ではありません。

 

例えば、水道水では塩素が入っているので、雑菌の繁殖の心配はありませんが、ウォーターサーバーの天然水では外気に含まれる雑菌がタンクや配管内で繁殖する事もあります。

 

ボトルの水に関しても、衛生的な対策を何もしていないウォーターサーバーでは、1週間もすれば中で雑菌が繁殖している可能性があります。

 

こういった不衛生なウォーターサーバーは、水道水同様に赤ちゃんに使用するのは止めた方が良いでしょう。

 

赤ちゃんに必要なのは、メンテナンスなど衛生管理が徹底されたウォーターサーバーに限られます。

 

 

ミネラルウォーターは硬度と菌の繁殖に注意!

市販されているミネラルウォーターの中には、硬度が高い硬水があります。

 

しかし赤ちゃんの内臓は未発達で、ミネラルが豊富なミネラルウォーターだと内臓に負担がかかってしまいます。

 

また、軟水・硬水に関わらず、開封後のミネラルウォーターは空気に触れる事で菌が繁殖します。
ウォーターサーバーでは、ボトル内の水を使用するたびにボトルが縮んで空気に触れることを防いだり、サーバー自体にも特殊な高性能フィルターを取り付ける事で、無菌状態に保っているものが増えて来ています。

 

しかし、市販のミネラルウォーターでは例え冷蔵保存していても、無菌状態に保つ事はほぼ不可能と言えます。

 

開封してすぐに全て使い切るのであれば、安全ですが数日放置する環境では、赤ちゃんのミルクに適しているとは言えません。

 

内臓が未発達な赤ちゃんのミルクには、軟水で清潔に保てるウォーターサーバーのお水が適していると言えます。

 

 

水の安全性や便利さ、コストなど、ウォーターサーバーを使う時と、そうでない時のメリットとデメリットをまとめてました。
赤ちゃんや妊婦さんは是非考にして下さい。

 

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?記事一覧

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

ウォーターサーバーのデメリットは水道水やペットボトルと比べて、お金がかかる事です。ウォーターサーバーを使うと、水道水よりも高くなってしまいます。市販のペットボトルを買うよりも、やっぱり高くつきます。実際に、水道水や市販のミネラルウォーターとどれくらい違うのか、計算してみましたよ。水道水で赤ちゃんのミ...

≫続きを読む

 

ウォーターサーバーのメリットは?

ウォーターサーバーには多くのメリットがありますよ〜特に妊娠中や赤ちゃんのミルク作り、育児をしている時には本当に助かる存在ウォーターサーバーは案外安い!ウォーターサーバーを設置するのに、お金の心配がまず初めに出てくる人も多いんじゃないでしょうか?でも、実はウォーターサーバーって結構安いんですよね。例え...

≫続きを読む

 

妊婦さんもウォーターサーバーは必要

妊婦さんとウォーターサーバーは相性が良いお腹に赤ちゃんがいる時、特に妊娠初期は重い荷物を持つと、赤ちゃんに大きな負担になるので危険です。赤ちゃんが健やかに成長するためにも、美味しいお水を飲む事は大切ですが、ミネラルウォーターを大量に購入して持ち運ぶのは控えた方が良いでしょう。また体質にもよりますが、...

≫続きを読む

 

 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター