赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要でしょうか?

赤ちゃん

赤ちゃんのミルクを作るときや、母乳で育てる時に、ウォーターサーバーは必要でしょうか?

 

実際に水道水を煮沸して、湯冷ましでミルクを作る方や、市販のミネラルウォーターを買ってきて赤ちゃんのミルクを作る人もいますよね。

 

ティファールなどを使えばウォーターサーバー程早くなくても、すぐにお湯も沸きます。

 

それでも育児をする多くのお母さんが、ウォーターサーバーを使用しているのには理由があります。

 

赤ちゃんにウォーターサーバーが必要な理由は大きく分けて

  • 赤ちゃんのミルクつくりがスピーディで簡単に出来る
  • 妊婦さんや力の弱い女性は重い荷物を運ばなくて良い
  • きちんとしたウォーターサーバーは水道水より遥かに安全

と言ったことが挙げられます。

 

赤ちゃんのミルクつくりがスピーディで簡単に出来る

赤ちゃんのミルクを作るには、通常お水を沸騰させる必要があります。
これは、粉ミルクを溶かすだけが目的ではなく、お水自身をを煮沸消毒する必要があるからです。

 

しかし、ウォーターサーバーのお湯は無菌状態なので、沸騰させる必要がなく、そのままミルクつくりに使用する事が出来ます。

 

ティファールを使用すると、1、2分でお湯を沸かす事が出来ますが、この時間すらウォーターサーバーには必要ないのです。

 

また、粉ミルクのミネラル成分を破壊しないためには、高温すぎるお湯は不適切です。

 

仮にティファールでお湯を沸騰させても、少し冷ましてから出ないと、粉ミルクのミネラル成分を破壊してしまいます。

 

その点、ウォーターサーバーのお湯は80℃から90℃に保温されているので、赤ちゃんの成長に大切なミネラルを壊さずにそのまま摂取する事が出来るのです。

 

注)ウォーターサーバーは数多くあり、雑菌対策などが不十分なものも残念ながらあります。
不衛生なウォーターサーバーは、赤ちゃんに使用するべきではないですが、「赤ちゃんのウォーターサーバー.com」で紹介しているウォーターサーバーは、安全性に最大限配慮しているので、ご安心下さい。

 

妊婦さんや力の弱い女性は重い荷物を運ばなくて良い

コスモウォーターの下置きボトル

妊婦さんが重い荷物を運ぶことは、流産のリスクを高めるために、絶対にしてはいけません。

 

また、帝王切開をした場合も同様に重い荷物を持つことは、傷口を広げる可能性があります。

 

ペットボトルを大量に買い込むと、毎回買い物に行くたびに、重たい荷物を運ばなくてはいけません。

 

ウォーターサーバーであれば、重たい水を毎回配送してくれるので、育児をする女性にとっては非常に助かります。

 

また、最近のウォーターサーバーの中には、ボトルが下置きになっていて、女性でも交換がしやすいタイプや、小型のウォーターパックを採用しているタイプがあります。

 

妊娠中や出産後間もないお母さんは、これらのウォーターサーバーを使うのがおすすめです。

 

 

きちんとしたウォーターサーバーは水道水より遥かに安全

衛生的な水

少し怖い話しになりますが、赤ちゃんの安全のために是非目を通してください。

 

 

水道水が赤ちゃんに悪影響を与える可能性のある物質と健康被害について

「水道水は安全」と信じ込んでいる人もいますが、赤ちゃんのミルクを作る場合には、決しておすすめ出来るものではありません。

 

水道水に含まれる残留塩素と発がん性物質「トリハロメタン」の危険性

その理由として挙げらる1つの要素が塩素です。
水道水のもとになっているお水自体は雨水なども含まれていますが、主は生活排水です。
つまりトイレやお風呂、食器を洗ったり選択した後のお水が元になっているのです。
その中には大腸菌を始めとした細菌がたくさんいるので、除菌・殺菌する必要があります。

 

そこで使用されているのが塩素になります。
塩素自体は除菌・殺菌に使用されていますが、その量は、各家庭の蛇口で1リットル当たり0.1 mg以上の濃度を保つように規定されています。
逆に言うと、0.1 mg以上なければならないのが日本の水道水で、都市部では1.0mg以上あると言われています。

 

この塩素は刺激臭がするだけでなく、発癌性物質のトリハロメタンを生成すると言われています。
水道水をお湯にしていくと、トリハロメタンの量も増えるため赤ちゃんのミルクを作るお水としてはおすすめ出来ないのが現状です。

 

赤ちゃんのミルクを作る時に、やかんやティファール、ポットを使用して水道水を沸騰させると思いますが、その時に残留塩素の量は減りますが、逆にトリハロメタンは増加してしまいます。

 

本当に水道水を赤ちゃんに使用して良いお湯にするためには、やかんの蓋を開けた状態で20分間以上沸騰させ続けなければいけません。

 

こうする事でトリハロメタンは、しっかりと除去する事が出来るのです。

 

確かに塩素自体は、様々な菌からお水を守るために必要なのでものです。
また、塩素が入る事でお水が腐るのを防いでくれます。

 

大人であれば、問題にならない量の残留塩素であっても、アトピー性皮膚炎の原因が指摘されている事もあるので、水道水で赤ちゃんのミルクを作るのは、緊急時以外は避けた方が良いでしょう。

 

諸外国に比べて水道水に含まれている鉛の基準が5倍緩い

現在の日本の水道水の水質基準では、鉛は50ppbが規制値になっています。
つまり、1リットルあたり50μgなのですが、本来は10μgにする予定でした。
しかし、日本では水道水の配管に鉛を使用しているので、どうしても規制値を上げざるを得なかったのです。

 

一度や二度、鉛の規制値を超えた水道水を飲んだからと言って、健康被害になる事はまずありませんが、赤ちゃんのミルクに使用するには少し問題です。

 

というのも、赤ちゃんの体の80%は水分で出来ています。
口にするのも、母乳やミルクだけなので、大人よりもはるかにリスクが大きくなります。

 

また、妊娠中のプレママさんも飲料水には気を付けましょう。
胎児の身体は新生児よりも更に水分が多く、90%と言われています。

 

どのようなリスクが考えられるかと言うと、神経系に影響を与えて、小児の知能発育遅滞を引き起こす可能性があるという事です。

 

水道水の鉛対策としては、

  • 浄水器を取り付ける
  • 朝一番の水道水は使用せずに流しておく

が大切です。
神経質になるほどではありませんが、赤ちゃん特に新生児は消化機能も未発達なので、鉛を体内に溜め込んでしまう事も考えられるので、注意しましょう。

 

水道水の凝集沈殿処理に使用されるアルミニウム

水道局では、チリや細かいごみ、泥と言った細かい粒子を取り除くのに、凝集沈殿処理という作業を行います。
細かい粒子をひと固まりにして、取り除くのですが、その時に使用されるのが、ポリ塩化アルミニウム(通称PAC:パック)という高分子凝集剤です。
この残留したアルミニウム凝集剤の影響としては、

  • アルツハイマー
  • パーキンソン病
  • 言語障害
  • 筋肉のけいれん
  • ひきつけ
  • てんかん

などがあります。

 

通常、アルミニウムを体内に取り込んだとしても、99%は排出されます。

 

しかし、赤ちゃんの内臓は未発達で、腎機能もまだまだ未熟なために、脳にアルミニウムが蓄積される危険性があります。
ひきつけは、小さな子供が頻繁に起こす発作ですが、もしかしたら水道水のアルミニウムが一つの原因になっているかもしれません。

 

関東・東北・北陸地方の水道水は未だに放射能が検出されている

コスモウォーターの放射能検査結果

2011年(平成23年)3月11日に発生した 東北地方太平洋沖地震による原発事故によって、放射能問題が発生しました。

 

2016年6月に原子力規制庁が公表した水道水の放射能検査によると、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県といった広範囲に渡る都道府県の水道水から放射性セシウムが検出されている事が分かっています。

 

また、東京都に関しては、放射能物質の半減期が2年と短いセシウム134すらも検出されているのが現状です。

 

原発から5年以上経過した現在は勿論の事、半減期が長い放射性物質は、今後も検出されていくのは明らかなのです。

 

放射能に汚染されていると分かっている水道水で、赤ちゃんのミルクを作る事は、やはりお勧めできるものではありません。

 

一方、ウォーターサーバー各社は、放射能検査も定期的に行っています。

 

しかし、本来放射能汚染から隔離された天然水に関しては、当然ながらこれまでセシウムなどが検出されたことはありません。

 

水道管の錆は日本の水道水の大きな問題点

水道管の錆

この写真ですが、実は普段あなたが飲料水として使用している水道管の写真です。

 

もちろん、ここまで酷く錆びているのは珍しいのでしょうが、それでもこれと似たような水道管が日本にはたくさんあります。

 

日本全体の約80%は鉄の水道管を使用していて、、残りの20%は鉛を使用していると言われています。

 

鉛の規制値が下がらないのは、このためですが、残りの80%の水道管に使用されている鉄製の配管は錆の原因となっています。

 

本来であれば定期的に配管を交換しなければいけないのですが、日本では予算や時間の関係で配管工事が進んでいないために、写真のような水道管を通ってきた水を飲んでいるご家庭がたくさんあるのです。

 

水道局では、51項目にわたる検査基準を設けていますが、それはあくまで水道局の中の話しです。

 

各家庭でどのような物質が混入しているかは、検査項目には入っていません。

 

「日本の水道水は、世界一安心だ。ウォーターサーバーなんか必要ない」と言う人もいますが、現実的な問題を直視していないように感じます。
私たち大人が飲む分には、自己責任で済みますが、大切な赤ちゃんには可能な限り安全な水でミルクを作りたいですよね。

 

浄水器で赤ちゃんのミルクを作るリスクと注意点について

水道水をそのまま赤ちゃんの飲料水やミルクに使用するのが、危険だという事はお判りいただけたと思います。

 

では、浄水器を通した水道水であれば、安全なのでしょうか?

 

実は、浄水器には性能によって、除去出来る物質が異なってきます。

 

JIS規格によると、

 

全ての浄水器で除去できる物質としては、

  • 塩素
  • カビ臭

があります。
一方、浄水器の性能によって、除去出来るかどうかが変わってくる物質としては、

  • 濁り(鉄さびなど)
  • 総トリハロメタン
  • 農薬
  • テトラクロロエチレン(洗剤等)
  • トリクロロエチレン(洗剤等)
  • 溶解性鉛
  • 1 1 1-トリクロロエタン
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • ジブロモクロロメタン
  • ブロモホルム

があります。
浄水器を使用すると、水道水をそのまま飲むよりも美味しく感じるのは、塩素とカビ臭が消えるからです。
しかし、だからと言って、環境ホルモンなど体に悪影響を与える物質を全て取り除けているかと言うと、そうではありません。

 

特に発がん性物質である「トリハロメタン」に関しては、RO膜などのフィルターを使用している高性能な浄水カートリッジだけが除去出来るのです。

 

つまり、浄水器を使用したとしても、赤ちゃんのミルクを作るためには、水道水と同様にやかんの蓋を開けっ放しにして、20分以上沸騰させ続ける必要があります。

 

また、浄水器を使用する時の注意点として、塩素が無くなっている事があります。

 

水道水をそのまま煮沸消毒すれば、塩素が残っているので冷ましたお湯でも腐る事はありません。
しかし、浄水器を通した水道水は、塩素が除去されているので、空気中の雑菌によって少しずつ劣化してきます。

 

お湯を煮沸消毒して、すぐに使い切る分には安心出来ますが、数時間置いておくのであれば、止めた方が良いでしょう。

 

ウォーターサーバーにも言える事ですが、空気中の雑菌対策が施されていない物は、赤ちゃんのミルクに使用するのは控えた方が良いのです。

 

ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクに適しているのか?

ミネラルウォーター

水道水と異なり、放射性物質や環境ホルモンの危険性がない、ミネラルウォーターを赤ちゃんのミルクつくりに使用する人は多いと思います。

 

まず基本的な情報として、カルシウムやマグネシウム含有量が高い硬水は赤ちゃんに飲ませてはいけません。

 

コントレックスやエビアンなどは、硬水に分類されるのですが、内臓が未発達な赤ちゃんにとっては、消化出来ずに下痢になる事があるので控えましょう。

 

WHO(世界 保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

 

しかし、赤ちゃんに使用する際には、もう少し硬度が低い軟水の方が安心出来ます。

 

粉ミルクは製造段階で、水道水の硬度を参考にして、必要なミネラルを添加しています。

 

日本の水道水の硬度は50〜60mg/lになっているので、これ以下の軟水を選ぶのが良いでしょう。

 

ミネラルウォーターを赤ちゃんに使用する時は、使い捨てが基本

ミネラルウォーターを赤ちゃんに使用する際には、やはり空気中の雑菌が問題になってきます。

 

開封する前であれば、無菌状態を保っているミネラルウォーターも、一度開封すると、空気中の雑菌が繁殖する環境に変わってしまいます。

 

そのため、赤ちゃんのミルクにミネラルウォーターを使用する場合、使い捨てが原則となります。

 

冷蔵庫で数時間程度であれば、問題にはなりませんが、日にちを置いて使用する事は絶対にしないでください。

 

ミネラルウォーターを使用するメリットとしては、水道水のようにトリハロメタンを除去するために、20分以上煮沸させる必要がない事です。

 

雑菌対策のために、沸騰をさせる必要はありますが、赤ちゃんが泣きだしてからティファールで沸騰させれば、そこまで時間をかけずに赤ちゃんにミルクを作ってあげる事が出来ます。

 

但し、使用するティファールやポットなども定期的に消毒をしておきましょう。

 

水道水の方がウォーターサーバーよりも安全と言う人もいますが・・・

一方で、ウォーターサーバーよりも水道水の方が安全で衛生的と言う意見もあります。

 

確かに、検査項目で言うと、水道水が51項目に対して、ウォーターサーバーでは「食品衛生法」の18項目に過ぎません。

 

しかし原水としている水の質が明らかに異なるので、単純に比較するのは間違っています。

 

日本の水道水は、汚染されている可能性がある水源から採水しているので、塩素などで消毒する必要がありますし、検査項目もたくさん設定しないといけません。

 

一方、ウォーターサーバーの中でも天然水として販売されている水は、そもそも汚染から隔離されている水源から採水しています。

 

また、検査項目に関しても、厚生労働省が設定している18項目はもちろんですが、それ以外に独自の厳しい検査基準を設けているウォーターサーバーもたくさんあります。

 

例えば、キララウォーターサーバーでは、世界の食品衛生管理の水準である「HACCP(ハサップ)」を導入しています。

 

水源は富士山麓で最高峰に建てられているため、環境汚染の心配が全くと言って良い程ない安全な水を使用しています。

 

その貴重な水をフルオートメーションで、人の手が全く触れないようにして、ボトリングしているので、安全性において、水道水とは比較にならない程衛生的な環境にあります。

 

それ以外のウォーターサーバーでも、、プレミアムベビークラブ(プレミアムウォーター)では水質検査を1時間ごとにしたり、かなり安全に気を使っているのです。

 

全てのウォーターサーバーが水道水やペットボトルのミネラルウォーターよりも安全とは言いませんが、「赤ちゃんのウォーターサーバー.com」でご紹介しているウォーターサーバーは、厳しい検査基準をクリアしている安全性の高い水になっているので、安心して使用する事が出来るのです。

 

ウォーターサーバー選びが大切

クリクラミオ

前述した通り、全てのウォーターサーバーが衛生的な訳ではありません。

 

例えば、水道水では塩素が入っているので、雑菌の繁殖の心配はありませんが、ウォーターサーバーの天然水では外気に含まれる雑菌がタンクや配管内で繁殖する事もあります。

 

ボトルの水に関しても、衛生的な対策を何もしていないウォーターサーバーでは、1週間もすれば中で雑菌が繁殖している可能性があります。

 

こういった不衛生なウォーターサーバーは、水道水同様に赤ちゃんに使用するのは止めた方が良いでしょう。

 

赤ちゃんに必要なのは、メンテナンスなど衛生管理が徹底されたウォーターサーバーに限られます。

 

コスモウォーターやフレシャススラット、プレミアムベビークラブ、キララウォーターサーバーなどは、配管やタンク内に温水を定期的に流す事で消毒を行う「自動クリーニング機能」が搭載されています。

 

また、ボトル内に外気が混入しないように設計されているだけでなく、取り込み外気に関してもフィルターを通す事で雑菌の侵入を防いでくれます。

 

衛生的なウォーターサーバーから出てくる水こそ、赤ちゃんには本当に必要なのです。

 

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキング

赤ちゃんに必要な水を提供しているウォーターサーバーは、幾つかありますが、選ぶポイントとして

  • 自動クリーニング機能が搭載してある
  • 50mg/l以下の軟水である
  • ボトルが下置き、もしくは小型のウォーターパックを採用している

に絞ってご紹介致します。

 

コスモウォーター「古都の天然水」

コスモウォーター

  • 静音設計で赤ちゃんの眠りを妨げません
  • 重い水のボトルを下にセット出来て、産後ママや妊婦さんに優しい設計です
  • チャイルドロックは、9段階から選べる「愛情チャイルドロック」を採用
  • 3種類ある天然水の中でも、「古都の天然水」は赤ちゃんに一番おすすめ!

 

コスモウォーター玲奈さんの体験談と詳細

 

赤ちゃんに優しい天然水で赤ちゃんのミルク作りに最適です!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

フレシャススラット「FRECIOUS木曽」

フレシャス

  • 9.3Lのウォーターパックで妊娠中、産後のママさんでも楽々ボトルセットが可能
  • 外気に触れにくい【無菌エアレスパック】を使用
  • 2016年グッドデザイン賞受賞!
  • 3種類の天然水の中では、「FRECIOUS木曽」だけが唯一赤ちゃんにおすすめのお水です

 

>>フレシャススラット口コミ詳細人気です!
デザインも天然水も大満足のウォーターサーバーです!
>>http://www.frecious.jp/slat/(フレシャス スラットホームページ)

 

プレミアムベビークラブ「南阿蘇」

プレミアムベビークラブ

  • 5歳までの赤ちゃん、妊婦さんが対象のプレミアムウォーター特別プラン
  • 採水地は富士吉田・南阿蘇・金城と3種類ありますが、「南阿蘇」が一番赤ちゃんのミルクつくりに適しています
  • 自動クリーンシステムでいつでも衛生的な水でミルクを作れるウォーターサーバー!
  • 1時間に1回の水質検査、1か月に1回の放射線検査していて、安全面では断トツおすすめ!

 

>>プレミアムベビークラブ口コミ詳細オススメです!
最高の水とサーバーが格安で利用出来ます!
>>https://premium-water.net/pbc(プレミアムベビークラブホームページ)

 

ウォーターサーバーキララ「キララ富士山の天然水」

ウォーターサーバー キララ

  • ウォーターパックは、外気が入らずに衛生的
  • ウォーターパックのサイズは上置きで7.2Lと軽量のため、女性でもお水の交換が簡単
  • 国が推奨する世界水準の食品衛生管理に基づいて設計
  • 人の手が触れない、最新のフルオートメーションを採用しているので衛生面は完璧!
  • 富士山麓エリアで業界NO.1の標高“1,030m”の天然水は安全性も最高峰!
  • phは8.2と赤ちゃんには若干高めですが、衛生面では断トツのウォーターサーバーです!

 

ウォーターサーバーキララの口コミ詳細はこちら!

 

妊娠中も出産後にもおすすめのウォーターサーバーです!
>>http://www.kirala.jp/(ウォーターサーバー「キララ」ホームページ)

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?記事一覧

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

ウォーターサーバーのデメリットは水道水やペットボトルと比べて、お金がかかる事です。ウォーターサーバーを使うと、水道水よりも高くなってしまいます。市販のペットボトルを買うよりも、やっぱり高くつきます。実際に、水道水や市販のミネラルウォーターとどれくらい違うのか、計算してみましたよ。水道水で赤ちゃんのミ...

≫続きを読む

 

ウォーターサーバーのメリットは?

ウォーターサーバーには多くのメリットがありますよ〜特に妊娠中や赤ちゃんのミルク作り、育児をしている時には本当に助かる存在ウォーターサーバーは案外安い!ウォーターサーバーを設置するのに、お金の心配がまず初めに出てくる人も多いんじゃないでしょうか?でも、実はウォーターサーバーって結構安いんですよね。例え...

≫続きを読む

 

妊婦さんもウォーターサーバーは必要

妊婦さんとウォーターサーバーは相性が良いお腹に赤ちゃんがいる時、特に妊娠初期は重い荷物を持つと、赤ちゃんに大きな負担になるので危険です。赤ちゃんが健やかに成長するためにも、美味しいお水を飲む事は大切ですが、ミネラルウォーターを大量に購入して持ち運ぶのは控えた方が良いでしょう。また体質にもよりますが、...

≫続きを読む