ウォーターサーバーを赤ちゃんに使うメリットは?

赤ちゃんにウォーターサーバーを使うメリットは?

コスモウォーター

 

ウォーターサーバーには多くのメリットがありますよ〜!

 

特に赤ちゃんのミルクや離乳食作りには欠かせない存在です。

 

また、妊娠中のプレママさんや母乳育児をされているお母さんにとっても、安全な水を手軽に飲めるのは大きなメリットになります。

 

ウォーターサーバーは案外安い!

ウォーターサーバーを設置するのに、お金の心配がまず初めに出てくる人も多いんじゃないでしょうか?
でも、実はウォーターサーバーって結構安いんですよね。

 

例えば、パパさんがオススメのクリクラママだと、1ヶ月12リットルのボトル2本使って、あんしんサポートパック料を含めても月額3000円ほど。

 

なんと1リットルあたり約125円!!!
確かに量販店のミネラルウォーター2リットル入りと比べると若干高いですが、コンビニでミネラルウォーターを購入する事を考えると約半額で済みます。
すごい安いんですよ!

 

サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金も無料のメーカーが増えて来ています。

 

あと必要なのは電気代ですが、高くても月に1000円ですが、最近では省エネ仕様のウォーターサーバーが増えてきているので、月額で500円程度です。

 

ミルクを作るのにもポットでお湯を沸かしたり、ガスで沸させる必要があるので、そこまで差はありません。

 

但しクリクラママやベビアクアで使用している水は「RO水」と呼ばれているもの。
RO水は元が水道水なので格安で使えるのですが、天然水のウォーターサーバーであれば、もう少し割高になります。

 

赤ちゃんのミルク作りが簡単!

コスモウォーターでミルクを作っている

 

赤ちゃんのミルクを作るのに、ポットやティファールなどを使ってお湯を沸かすと時間もかかります。

 

それに市販のミネラルウォーターや水道水は、やっぱり煮沸してから使わないといけません。

 

特に水道水の場合は、塩素は煮沸してすぐに減少しますが、逆に発がん物質の「トリハロメタン」は増加してしまいます。
そのため、沸騰した状態で蓋を開けて10分〜20分は沸かし続ける必要があるのです。

 

時間がかかるぶんだけ、赤ちゃんはお腹を空かして泣いてしまいます。

 

一方、ウォーターサーバーのお水は無菌なので、温水をそのまま使用する事が出来ます。
沸騰していないので、粉ミルクに含まれているミネラル成分を壊す事もありません。

 

また、冷水に関してはミルクを製造しているメーカーに問い合わせると、「温水でしっかりと粉ミルクを溶かした後であれば、冷水で冷ましても良い」との答えでした。

 

ただ、ウォーターサーバーのメーカーは、「厚生労働省のガイドラインには、流水で冷ますように」と記載があるので、冷水を入れて冷ます事は推奨していないとの事です。

 

粉ミルクには稀にですが、病原菌が混入している事があって、その殺菌に70℃以上のお湯を使用する事となっています。

 

そうなると粉ミルクメーカーの主張は間違っていないのですが、安全を期すためには、流水で冷ました方が良いですね。

 

いずれにしても、時間は1分もあれば粉ミルクが完成してしまいすよ!

 

重いお水を買いに行く必要がない

買い物

 

ウォーターサーバーは、定期的にお水を宅配してくれるから、買い物で重いお水を買わなくて済むんですよね〜。

 

赤ちゃんや子供がいたり、妊娠中は買い物するだけでも一苦労です。

 

赤ちゃんを抱っこしながらの外出は、オムツや授乳をしなければいけないので、本当に大変です。
また、免疫力が十分でない新生児を長時間外出させるのは、あまりおすすめできません。

 

そんな中で、お水をその都度買いに行くと、それだけで買い物袋は一杯になってしまいます。

 

お水を12リットル買うと、12kgの重さがあるので、3歳児の子供をもう一人抱えるようなものです。

 

いくらパワフルな女性でも、腕も足腰もいたくなっちゃいますよね。

 

しかし、ウォーターサーバーであれば、定期的に宅配でお水のボトルを配送してくれます。

 

足りない時には、連絡を入れれば追加する事も出来ます。

 

12リットルのボトルをサーバーにセッティングする事を危惧されるかもしれませんが、最近のウォーターサーバーは下置きボトルのものが多いので、女性でも楽々セッティングが出来ますよ。

 

かなり便利な冷水と温水!

コスモウォーターで白湯を飲んでいる赤ちゃん

 

夏は冷たい麦茶がすぐに飲めるし、冬はあったかいミルクやお茶がすぐに飲める!

 

カフェインが入ったコーヒーや紅茶は妊婦さんや母乳育児のお母さんは避けた方がいいけど、デカフェのコーヒーやタンポポコーヒーなんかがすぐに飲めるのはかなり嬉しいですよね。

 

あと、出来立てのお料理ですが、離乳食が始まったばかりの赤ちゃんには熱すぎます。

 

普通はふうふうしながら冷ましてからあげるのですが、味付けを薄めたり冷やすのにも冷水がそのまま使えるウォーターサーバーは有りがたいですよ。

 

10倍がゆなどは、殆どお湯みたいなものですが、冷水を少し入れるだけですぐに赤ちゃんの好みの温度にする事が出来ます。

 

やっぱり安全なお水が飲めるのが赤ちゃんには1番!

衛生的な水

 

何だかんだ言っても、ウォーターサーバーのお水は水道水や市販のミネラルウォーターと比べると安全なんです。

 

 

市販のミネラルウォーターも製造時には安全かもしれないけど、ボトルのキャップを開けた時から外気に触れて雑菌の繁殖の原因に!

 

 

ウォーターサーバーは、サーバー自体に工夫がしてあるので、雑菌の心配をしなくていいのがやっぱり良いです

 

それに、コスモウォーターのように水をボトリングするのに、人の手が入らないフルオートメーションにしている所もあります。

 

衛生面にはかなり気を付けているメーカーも増えてきていますよ。

 

赤ちゃんのミルクを作るには、お水に含まれているミネラルが大切なんだけど、どんなお水が赤ちゃんに良いか調べたので、チェックしてみて下さいね。

 

>>赤ちゃんや妊婦さんにおすすめのウォーターサーバーはこちら!

 

ウォーターサーバーを赤ちゃんに使うメリットは?関連ページ

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較
ウォーターサーバーは赤ちゃんに必要かな?水道水や市販のミネラルウォーターを購入した時と比べるとウォーターサーバーの方が高いよね。1年間にかかる費用(料金)を計算したので、ウォーターサーバー1番のデメリットも考えてみましょう。
妊婦さんもウォーターサーバーは必要
妊婦さんは重いものを運ぶ事自体お腹の赤ちゃんに良くありません。ウォーターサーバーであれば定期的にボトルを宅配してくれるので安心ですよ。また、綺麗な水をこまめに飲む事はつわり対策や便秘予防としてもおすすめです。1日に2リットルを目安にして、安全で衛生的なウォーターサーバーで水分補給をして、妊婦さんと赤ちゃんの健やかな成長を促しましょう!

 
TOP コスモウォーター フレシャス プレミアムベビークラブ