ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

お金

ウォーターサーバーの一番のデメリットはコストがかかる事

ウォーターサーバーのデメリットは水道水やペットボトルと比べて、お金がかかる事です。

 

 

ウォーターサーバーを使うと、水道水よりも高くなってしまいます。

 

市販のペットボトルを買うよりも、やっぱり高くつきます。

 

実際に、水道水や市販のミネラルウォーターとどれくらい違うのか、計算してみましたよ。

 

 

水道水で赤ちゃんのミルクを作るときの1年間の費用は?

 

水道水を赤ちゃんのミルクに使用するには、最低限浄水器のカートリッジが必要ですよね。

 

浄水器のカートリッジの価格は簡易的な物で4000円くらいします。

 

ミルク外にも、離乳食や料理、飲料水にも使用するので一般家庭では、1日に10リットルくらいは使っています。

 

そうするとカートリッジの交換時期は4か月。

 

また、赤ちゃんのミルクを作るためにポットで常に温めていると、月の電気代は1000円程度かかります。

 

>>ウォーターサーバーの電気代はこちら!<<

 

水道水は1年に換算すると、24000円です。

 

 

市販のミネラルウォーターでミルクを作るときの1年間の費用は?

 

ミネラルウォーターを買うと、2リットル当たり150円くらい

 

赤ちゃんのミルクだけに、ミネラルウォーターを使うなら、1回140mlを6回くらいが目安ですよね。

 

そうすると月に25リットルくらいになるので、1875円。

 

市販のミネラルウォーターを1年間使用すると、ポットの電気代を含めると34500円くらい

 

 

ウォーターサーバーで、ミルクを作るときの1年間の費用は?

 

コスモウォーターの古都の天然水だと、12リットルで2052円

 

赤ちゃんのミルク作りに、月に25リットル使用したとすると、4275円

 

月の電気代が500円程度なので、1年間では57300円!

 

ウォーターサーバーの中でも1番安いアクアマジックでも1年間で42000円くらいはします。

 

やっぱりウォーターサーバーが一番お金がかかってしまいますよね。

 

 

単純にお金だけなら、

 

 

水道水<市販の安いミネラルウォーター<ウォーターサーバー
と言う風になりますね。

 

 

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクを作るのに便利で安全ですが、お金だけ考えると少し高くなるのが、1番のデメリットです。

 

なのでウォーターサーバーを単に安く水を手に入れる手段と考えると、少し残念に思うかもしれませんね。

 

赤ちゃんがやけどをするリスクがある?

やけど

ウォーターサーバーを使う上で、お湯で赤ちゃんがやけどをするかもしれないと考えていらっしゃる方も多いかと思います。

 

しかし、最近のウォーターサーバーには、チャイルドロックが温水・冷水共にしっかりと付いているので、その点はご安心ください。
(ベビアクアのアクアスリムは、温水のみです。また、クリクラママもデフォルトでは温水だけですが、担当者に言うと冷水にも付ける事が出来ます。)

 

注意してもらいたいのは、チャイルドロックの設定をしっかりとしておく事。

 

設置したばかりのウォーターサーバーのデフォルトの状態では、通常温水にはチャイルドロックがかかっていますが、冷水にはかかっていません。

 

そのため、やけどの心配はないですが、イタズラで水を出しっぱなしにして、床がびしゃびしゃに濡れてしまう事があります。

 

お子さんの性格にもよりますが、イタズラ好きのお子さんがいらっしゃるのであれば、取扱説明書に従って冷水にもチャイルドロックを付けるようにしましょう。

 

>>ウォーターサーバーのチャイルドロック比較はこちら!

 

ウォーターサーバーの転倒防止ワイヤーは付けましょう

ウォーターサーバーの転倒防止ワイヤー

ウォーターサーバーには、転倒防止ワイヤーが背面についています。

 

使い方としては、壁にフック型の金具を取り付けて、そこにワイヤーをひっかけます。

 

想像ですが、多くのウォーターサーバーユーザーは、この転倒防止ワイヤーを使っていないのではないかなと思っています。

 

取扱説明書をしっかりと読まないと分かりませんし、知っていたとしても面倒くさいからと言った理由や、壁に穴が開くからと言った理由で付けていない人はたくさんいると思います。

 

しかし、地震大国の日本では、いつどこで大きな震災が発生するかもしれません。

 

また、ウォーターサーバーの重量は空の状態で約20sあり、ボトルの水が満タンであれば30sを超えてしまいます。

 

サーバーは年々スリムになっていっているので、逆に不安定なウォーターサーバーが増えているとも考えられます。

 

赤ちゃんや小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、子供が遊んでいる拍子にぶつかって転倒させるかもしれません。

 

転倒させるとウォーターサーバーが故障するだけでなく、下敷きになって大怪我をする可能性があります。

 

個人的には、やけどの心配よりも、この転倒の方がデメリットになりかねないと考えています。

 

ワイヤー1本ひっかけるのはそんなに手間ではないですし、壁に開ける穴も小さなネジで済みます。

 

面倒くさいと思わずに、是非転倒防止ワイヤーを付けるようにしましょう。

 

それと、出来る限り転倒しないウォーターサーバーを選ぶのであれば、コスモウォーターやフレシャススラット、プレミアムベビークラブのような、下置きボトルのものを選ぶと、重心が下に来るので安定しますよ。

 

 

設置スペースが必要なのもウォーターサーバーのデメリット

フレシャスデュオミニ

ウォーターサーバーは年々コンパクトになってきています。
それでも、ポットなどに比べると大きいですし、ボトルを置くスペースも必要になってきます。

 

ボトルの交換頻度を少なくしようとすると、12リットルのボトルサイズになるので、最低限A4サイズ一枚分のスペースは必要と思っておいた方が良いでしょう。

 

設置スペースがネックになってウォーターサーバーの導入を躊躇しているのであれば、フレシャスデュオミニが良いかもしれません。
卓上ウォーターサーバーで、大きさもポットとさほど変わらず、水を入れているウォーターパックは使用が終わるとコンパクトにたたんで捨てる事が出来るので、限りなくスペースを必要としていません。
雑誌「Mono Max(モノマックス)」でも、【次に売れるもの2018】に選ばれました。

次に売れるもの2018

 

コンパクトで満足度の高いウォーターサーバーです!
>>https://www.frecious.jp/dewomini/(フレシャスデュオミニホームページ)

 

ウォーターサーバーは思わず使いすぎてしまう

私もそうだったのですが、ウォーターサーバーが来ると、いつでも冷水・温水が使えてもの凄く便利なんです。

 

しかもお水が美味しい!!

 

なので、思わずお水代の事を忘れてドンドン使いすぎてしまう事もあります。

 

赤ちゃんに使うだけなら、月に24リットルあれば十分なのですが、お母さん・お父さんの飲み水やご飯を炊いたりするのに使うと、一気に水代が跳ね上がってしまいます。

 

妊婦さんや母乳育児をされているお母さんの飲み水は、ウォーターサーバーを使った方が赤ちゃんの健康のためにも良いですが、そうでなければ何でもかんでもウォーターサーバーを使うのは注意が必要です。

 

1ヶ月使用すると、月にどれくらいの水が必要かがある程度分かるので、使いすぎている場合は、浄水器やペットボトルの水を上手に利用して、調整をしていきましょう。

 

 

それでもウォーターサーバーはおすすめです

フレシャスデュオ

水道水やペットボトルと比べると出費は少し増えてしまいますが、それでもウォーターサーバーはおすすめです。

 

 

コックをひねるだけで、温水も冷水も出てきます。
それも水道水に含まれる塩素や鉛、トリハロメタンなどは含まれていない、厳しい検査基準をクリアした安全なお水が。

 

お水大国と言われていた日本には、豊富な水源がたくさんあります。
ウォーターサーバーで使用しているお水はその中でも特に安全性が高いものが選ばれているのです。

 

赤ちゃんのミルクに適した軟水も数多くあるだけでなく、ボトル開封後の菌の繁殖を防いでくれるサーバーも幾つかあります。(コスモウォーター、プレミアムウォーター、フレシャスなど)

 

妊婦さんや、赤ちゃんを育児しているママさんは、つわりや寝不足と日々格闘しています。
そんな負担を少しでも軽くしてくれるのがウォーターサーバーですし、安全なお水は赤ちゃんにとって何よりのプレゼントになるはずです。
赤ちゃんに使用する水を選ぶときに一番大切な事は、「安全性」です。

 

赤ちゃんのウォーターサーバー.comで紹介しているウォーターサーバーはどれも安全性に優れているものばかりです。
特に、

  • コスモウォーター
  • フレシャス
  • プレミアムベビークラブ
  • キララウォーターサーバー

は、水の質もサーバーの機能も充実していて、衛生面に最大限配慮されています。

 

その中でもコスモウォーターとプレミアムベビークラブは、コストも安く抑えられるのでおすすめですよ。

 

美味しい天然水で赤ちゃんのミルク作りに最適です!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

最高の水とサーバーで赤ちゃんも大満足のウォーターサーバーです!
>>https://premium-water.net/pbc(プレミアムベビークラブホームページ)

 

赤ちゃんが丈夫で健康な体に成長してくれるように、安全なウォーターサーバーのお水を使う事は必要だと思います。

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較関連ページ

ウォーターサーバーのメリットは?
ウォーターサーバーのメリットをご紹介致!赤ちゃんのミルクや離乳食を作るのに簡単なウォーターサーバーですが、安全なお水を冷水でも温水でもいつでも飲めるのは、とっても便利です。重いお水を配達してくれるし、災害時には貯蓄用のお水としても使えますよ!また、妊婦さんや母乳育児をしているママにもおすすめです。
妊婦さんもウォーターサーバーは必要
妊婦さんは重いものを運ぶ事自体お腹の赤ちゃんに良くありません。ウォーターサーバーであれば定期的にボトルを宅配してくれるので安心ですよ。また、綺麗な水をこまめに飲む事はつわり対策や便秘予防としてもおすすめです。1日に2リットルを目安にして、安全で衛生的なウォーターサーバーで水分補給をして、妊婦さんと赤ちゃんの健やかな成長を促しましょう!

 
TOP コスモウォーター フレシャス プレミアムベビークラブ