ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較

 

お金のイラスト

 

ウォーターサーバーのデメリットは水道水やペットボトルと比べて、お金がかかる事です。

 

 

ウォーターサーバーを使うと、水道水よりも高くなってしまいます。

 

市販のペットボトルを買うよりも、やっぱり高くつきます。

 

実際に、水道水や市販のミネラルウォーターとどれくらい違うのか、計算してみましたよ。

 

 

水道水で赤ちゃんのミルクを作るときの1年間の費用は?

 

水道水を赤ちゃんのミルクに使用するには、最低限浄水器のカートリッジが必要ですよね。

 

浄水器のカートリッジの価格は簡易的な物で4000円くらいします。

 

ミルク外にも、離乳食や料理、飲料水にも使用するので一般家庭では、1日に10リットルくらいは使っています。

 

そうするとカートリッジの交換時期は4か月。

 

また、赤ちゃんのミルクを作るためにポットで常に温めていると、月の電気代は1000円程度かかります。

 

>>ウォーターサーバーの電気代はこちら!<<

 

水道水は1年に換算すると、24000円です。

 

 

市販のミネラルウォーターでミルクを作るときの1年間の費用は?

 

ミネラルウォーターを買うと、2リットル当たり150円くらい

 

赤ちゃんのミルクだけに、ミネラルウォーターを使うなら、1回140mlを6回くらいが目安ですよね。

 

そうすると月に25リットルくらいになるので、1875円。

 

市販のミネラルウォーターを1年間使用すると、ポットの電気代を含めると34500円くらい

 

 

ウォーターサーバーで、ミルクを作るときの1年間の費用は?

 

コスモウォーターの古都の天然水だと、12リットルで1848円

 

赤ちゃんのミルク作りに、月に25リットル使用したとすると、3850円

 

月の電気代が500円程度なので、1年間では52200円!

 

ウォーターサーバーの中でも1番安いアクアマジックでも1年間で42000円くらいはします。

 

やっぱりウォーターサーバーが一番お金がかかってしまいますよね。

 

 

単純にお金だけなら、

 

 

水道水<市販の安いミネラルウォーター<ウォーターサーバー
と言う風になりますね。

 

 

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクを作るのに便利で安全ですが、お金だけ考えると少し高くなるのが、1番のデメリットです。

 

なのでウォーターサーバーを単に安く水を手に入れる手段と考えると、少し残念に思うかもしれませんね。

 

それでもウォーターサーバーはおすすめです

 

水道水やペットボトルと比べると出費は少し増えてしまいますが、それでもウォーターサーバーはおすすめです。

 

 

コックをひねるだけで、温水も冷水も出てきます。
それも水道水に含まれる塩素や鉛、トリハロメタンなどは含まれていない、厳しい検査基準をクリアした安全なお水が。

 

お水大国と言われていた日本には、豊富な水源がたくさんあります。
ウォーターサーバーで使用しているお水はその中でも特に安全性が高いものが選ばれているのです。

 

赤ちゃんのミルクに適した軟水も数多くあるだけでなく、ボトル開封後の菌の繁殖を防いでくれるサーバーも幾つかあります。(コスモウォーター、プレミアムウォーター、ネイフィール、フレシャスなど)

 

妊婦さんや、赤ちゃんを育児しているママさんは、つわりや寝不足と日々格闘しています。
そんな負担を少しでも軽くしてくれるのがウォーターサーバーですし、安全なお水は赤ちゃんにとって何よりのプレゼントになるはずです。

 

 

赤ちゃんが丈夫で健康な体に成長してくれるように、安全なウォーターサーバーのお水を使う事は必要だと思います。

 

 

ウォーターサーバーのデメリットは?1年間の費用で比較関連ページ

ウォーターサーバーのメリットは?
ウォーターサーバーのメリットをご紹介致!赤ちゃんのミルクを作るのに簡単なウォーターサーバーですが、安全なお水を冷水でも温水でもいつでも飲めるのは、とっても便利です。重いお水を配達してくれるし、災害時には貯蓄用のお水としても使えますよ!
妊婦さんもウォーターサーバーは必要
妊婦さんの時期は重いものを運ぶ事自体お腹の赤ちゃんに良くありません。ウォーターサーバーで綺麗な水をこまめに飲む事は必要です。1日に2リットルの綺麗なお水を飲むにはウォーターサーバーが最適です。妊婦さんと赤ちゃんの健やかな成長を促しましょう!

 
TOP コスモウォーター フレシャスデュオ プレミアムベビークラブ