哺乳瓶の乳首の種類と選び方

哺乳瓶の乳首の種類と選び方

哺乳瓶の種類

赤ちゃんが産まれて、ミルクで育児をしようと思った時に気になるのが哺乳瓶と哺乳瓶に付ける乳首の選び方。

 

まず、哺乳瓶は大きさ形が異なります。

 

容量は50mlから240mlまで揃っていますが、おすすめは150mlを2、3本揃えておく事。
(プラスチック製は軽くて割れにくく使い勝手が良いですが、ガラスに比べて汚れが付着しやすいデメリットもあります)
50mlサイズは主に白湯や果物の果汁を飲ませるのに使用します。
120、150、160mlサイズは、生後から3か月を目明日にご使用下さい。
200ml、230mlは3か月以降の赤ちゃんにご使用します。

 

大きすぎると赤ちゃんが飲みにくいですが、小さすぎると少し成長すると使えなくなります。
また、新生児の時は頻繁にミルクをあげるので消毒している時の予備や、外出時の予備として数本持っていると便利です。
形に関しては最近は円柱状の哺乳瓶だけでなく、少し角ばって持ちやすい哺乳瓶も増えて来ていますので、お母さんが授乳しやすい形を選ぶのが良いでしょう。
円形状のメリットは洗いやすい事、角ばったりカーブしている哺乳瓶は持ちやすいので、授乳しやすいメリットがあります。

 

哺乳瓶自体にはそれ程神経質になって、選ぶ必要はないですが、哺乳瓶に付ける乳首は赤ちゃんの好みがあるので選ぶ時に注意が必要です。

 

特に赤ちゃんがミルクをあまり飲んでくれない時の大きな原因として、哺乳瓶の乳首の感触を嫌がっている事が頻繁にあります。乳首は哺乳瓶と同じメーカーを取りそろえる事で、交換が出来ますが、異なるメーカーだと交換出来ない事が殆どなので注意が必要。

 

哺乳瓶の乳首の素材

乳首の素材は大きく分けて3種類あります。
それぞれの特長としては、

 

天然ゴム
吸った時の感触がお母さんの乳首の感触と似ていますが、耐久性に乏しくゴムの匂いが少しします。
赤ちゃんによっては、ゴムの匂いが嫌でミルクを飲まない時もあります。

 

イソブレンゴム
天然ゴム同様に弾力や柔らかさなど感触がお母さんの乳首に似ています。耐久性はそれ程ありません。
天然ゴムと比べてゴムの匂いが少ない分赤ちゃんにとって飲みやすい乳首のようです。

 

シリコンゴム
耐久性もあり匂いも少なく熱にも強い特徴がありますが、天然ゴムやイソブレンゴムと比べると素材自体がやや硬めのため、顎が発達していない乳幼児の間は嫌がる赤ちゃんも多いようです。赤ちゃんが一度慣れてくると使い勝手が良い素材です。

 

となります。

 

 

哺乳瓶の乳首の大きさ・穴の形

乳首の素材同様に、穴の大きさにも気を付けましょう。

 

穴の種類は3種類。丸穴・クロスカット・Y字カットの3種類あります。
丸穴が一般的で、穴のサイズはSS、S、M、Lの4種類ありますが、通常乳幼児の間は、穴のサイズはSサイズから始めて成長と共に少しずつ大きくしていくのが理想です。

 

また、通常の丸穴以外にクロスカット・Y字カットと言う穴の形もあります。
このクロスカット・Yj字カットの場合は、赤ちゃんの飲む力によってミルクの出てくる量が自動的に調整されるので穴の大きさの調整は必要ありません。

 

 

最後に

赤ちゃんがミルクを飲んでくれない時に一番可能性が大きい哺乳瓶の乳首。
始めは飲んでくれていたのに、途中から飲まないようになった場合は、乳首が劣化してしまっている可能性もありますので、その場合は交換してあげましょう。
また、乳首を選ぶ参考にするのは、お母さんの乳首の形や柔らかさと似ているもの。

 

但し、僅かな匂いや感触の違いで飲まない事もあります。
乳首だけを取り換える事も可能で、安価な物ですので色々試して赤ちゃんの好みの素材を選んであげましょうね。

 

 

また、ミルク作りは母乳に比べて作るのが大変と感じているお母さんにおすすめなのが、ウォーターサーバーを使用する事。
簡単にミルクをつくる事が出来るのでお勧めですよ。

 

>>ウォーターサーバーミルクの作り方とメリットの記事はこちら!

 

 

 


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター