ウォーターサーバーでのミルクの作り方をご説明!

ウォーターサーバーでミルクを作る時の注意点とおすすめ

ミルク

 

なぜ、ミルク作りにウォーターサーバーなのか?

愛娘の写真

昔ながらのミルク作りは、水道水を一度沸騰させてから人肌まで冷まし、ミルクと混ぜて作るのが一般的でした。
しかし、最近ではウォーターサーバーの水を使用して、時間をかけずに安心安全のミルクを作る方法が主流になりつつあります。
赤ちゃんのミルクを作るのに、ウォーターサーバーが適しているのはなぜなのでしょうか?

 

ウォーターサーバーの高い安全性

赤ちゃんを第一に想うお母さんにウォーターサーバーが選ばれる第一の理由は、「安全性」です。
最近では、原発問題や水道水から病原性の原虫が検出されたケースがあり、水道水の使用を心配されている方もいらっしゃいます。
ウォーターサーバーの水は、このような有害物資を総合的に除去できるROフィルターを通していたり、そもそも有害物質とは無縁の良質な水源から水を採取しているため、、赤ちゃんに安心して飲ませてあげられます。

 

ミルク作りが簡単に

ミルクの調乳はお湯を沸騰させたり、人肌に冷ましたりと時間がかかるもの。
ウォーターサーバーなら熱湯と冷水が出るので、ミルクの温度調整が簡単です。
特に夜中のミルク作りは大変!
ママがゆっくり休息をとれるようにするためにも、ウォーターサーバーはおすすめです。

 

混合育児におすすめ

多くのお母さんは完全母乳を望んでいますが、実際に完全母乳出来るお母さんは限られています。
特に新生児の間はミルクを一日に10回以上あげなくてはいけませんし、例え母乳がよく出ていても、2時間おきに授乳するのはとっても大変。

 

赤ちゃんに歯が生え始めれば、乳首を傷つけて痛みに耐えられなくなることも良くある事です。
完全母乳で育児をする事も良いと思いますが、負担が大きすぎるようであれば、ミルクだけや母乳とミルクとの混合育児もおすすめです。
いつかは必ず訪れる断乳のためにも、少しずつミルクへの切り替えをしていくのも一つの良い選択肢と考えてみてはいかがでしょうか。

 

市販ミネラルウォーターとの違いは?

ミルクを作るのに、ミネラルウォーターを使用しているママもいると思います。
ここでは、ウォーターサーバーの購入がなぜおすすめなのか、ミネラルウォーターと比較して説明します。

 

含まれているミネラル量の違い

水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれており、1Lの水に含まれているこれらのイオン量を示した数値のことを、「硬度」と言います。

 

一般的には、硬度が120mg/Lを下回る水を軟水、120mg/Lを上回る水を硬水と言います。
ちなみに、日本の水道水の硬度は都道府県によって異なりますが、概ね40〜50mg/lの軟水です。(沖縄県では80mg/lを超えています)

 

市販ミネラルウォーターの種類によっては、海外産の天然水を利用している場合があります。
海外の天然水の中には、ミネラル分を多く含む硬水に分類されているものがあり、腎臓が未発達の赤ちゃんには負担がかかるため、おすすめできません。
ウォーターサーバーの水なら、日本国内が産地である軟水タイプの天然水を選ぶことで、ミルクに適した水を利用できます。

 

衛生管理上の違い

自動クリーニング機能

また、年に一回程度は問題になっていますが、ミネラルウォーターにカビが繁殖したと言うニュースを聞きますよね。

 

また、購入時にはカビが生えていなくても、キャップを開封すると、外気から雑菌が混入してしまいます。

 

時間をおかずに使用するのであれば問題ありませんが、次から次へと新しいミネラルウォーターを開封するのでは、経済的とは言えません。

 

一方、ウォーターサーバーでは外気を取り込む際にフィルターを通して外気をクリーンにしてから取り込んだり、無菌エアレスパックと言った外気自体が水に触れない工夫をしています。

 

タンクや配管などは雑菌が繁殖しやすい環境ですが、自動クリーニング機能が搭載されているウォーターサーバーでは、温水を循環させる事でサーバー内を衛生的に保つ事が出来ます。

 

コスモウォーターフレシャススラットプレミアムベビークラブなど安全性が高いウォーターサーバーを選べば、カビや雑菌などの危険性を回避する事ができます。

 

衛生面を考えるとウォーターサーバーの方が、ミルクつくりにはおすすめです。

 

使い勝手の違い

市販のミネラルウォーターの場合、ペットボトルが空になれば、新たに購入することになります。
あらかじめペットボトルを大量に買うこともできますが、育児中のママにとっては大変な労力でしょう。

 

ウォーターサーバーの場合は、業者に電話で連絡すれば、すぐに新しいボトルを届けてもらうことができます。
最近では定期配送をしているウォーターサーバーも多くあるので、電話をする手間すらもかからなくなってきています。

 

また、各ウォーターサーバー会社により、数本分ボトルの水が無料でプレゼントされたり、お得なキャンペーンを実施したりしている会社もあります。
長期的にみればペットボトルを購入するよりも、ウォーターサーバーを利用する方が、コストがかからずお財布にもやさしいのです。

 

 

赤ちゃんのミルク作りに良いウォーターサーバーとは?

フレシャススラット

ここでは、ミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶポイントについてご説明いたします。

 

衛生的なウォーターサーバーか

ウォーターサーバーを選ぶ際にまず確認したいのは、「衛生面が徹底されているか」という点です。
ウォーターサーバー内に入れる水がいくらきれいな水であったとしても、ウォーターサーバーの衛生管理が甘く、外部から雑菌が混入してしまったのでは意味がありません。

 

衛生的なウォーターサーバーを選ぶためには、

  • 自動クリーニング機能もしくは定期メンテナンがあるか
  • ボトルに混入する空気に雑菌が入り込まないような構造になっているか

の2点を確認するようにしましょう。

 

軟水であるか

硬度が高い硬水の場合、内臓が未発達な赤ちゃんには負担が大きくなり、下痢などの症状を引き起こすことがあります。
そのため、赤ちゃんに飲ませる水は、硬度120mg/l以下の軟水である方が安心ですね。

 

軟水を使用したウォーターサーバーは、アルプス山脈などのきれいな天然水を採取し、不純物を取り除いてより安全な水に仕上げているものが多くあります。
硬度はウォーターサーバーによって異なりますので、ひとつひとつ丁寧に確認してみましょう。

 

 

軟水とピュアウォーター、どちらのウォーターサーバーが良いのか?

 赤ちゃんのお腹には、ミネラル成分が少ない軟水が良いということが分かりました。
では、そもそもミネラル成分が含まれていないピュアウォーターを選べば良いのでは?という疑問が出てきますね。
軟水とピュアウォーターでは、どちらを選ぶのが正解なのでしょうか。

 

ミネラル成分を徹底除去したピュアウォーター

ウォーターサーバーの中には、RO浸透膜によって水中のあらゆるミネラル成分や放射性物質を除去した「ピュアウォーター」を作る製品もたくさん存在しています。

 

ピュアウォーターは、ミネラルを含むあらゆる成分が除去された純水であるため、純粋よりもお腹に優しい水とも言えます。
しかし、ピュアウォーターが良いかと言うと、必ずしもそうとは言いきれません。

 

 それは、適量のミネラルを摂取する事は、赤ちゃんにとって良い事だからです。
そして実はカルシウム・マグネシウムは粉ミルクにも含まれています。
これは、ミネラル成分が体に大切な成分であることの証でもありますね。

 

ミネラルは粉ミルクにも含まれている

粉ミルクの成分表

 粉ミルクを製造する過程では、できあがったミルクの硬度が水道水程度になるよう調整して成分を配合しています。
そのため、ミネラルが完全に除去された水を使ってしまうと、その水で作られたミルクの硬度は、水道水よりも低くなってしまうことになります。
 よって、ミルクに使用するウォーターサーバーの水の硬度は、水道水に近い30〜60mg/lの軟水を使うのが良いと言えるでしょう。

 

体へ吸収する速さの違いで選ぶ

また、ピュアウォーターと天然水の違いは、人工的に作られたかどうかという点で粉ミルクと母乳の違いに似ています。
ピュアウォーターが人工的に作られた水なのに対して、天然水は自然のミネラルが溶け込んでいます。

 

一般的に、「粉ミルクは母乳に比べて赤ちゃんの腹持ちが良い」と言われています。
これは、人工的に添加されたミネラルの方が消化するのに時間がかかる事を意味しています。

 

RO膜によって製造されたピュアウォーターの中には、一度純水にしてから人工のミネラルを少量添加することもあります。
この場合、天然水でできた軟水よりも、RO膜を通してできた軟水の方が、腹持ちが良いということになります。

 

ウォーターサーバーでRO水・天然水どちらを選ぶかは育児環境を考慮した方が良いでしょう。
つまり、消化により時間がかかってママさんのミルク作りの負担を減らしたいのであれば、RO水がおすすめです。
一方、少しでも赤ちゃんの内臓に負担をかけないようにしたいのであれば、天然水がおすすめです。

 

 

ウォーターサーバーの水でミルクを作ろう!

それでは、ウォーターサーバーを使ってミルクを実際に作ってみましょう!
(100mlのミルクの作り方をご説明します)

 

空の哺乳瓶の写真

まずはしっかりと手洗いをして、消毒した哺乳瓶、乳首を準備します。
注)消毒の方法には、煮沸する方法やミルトンなど専用の薬液を使用する方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哺乳瓶に粉ミルクを入れた写真

空の哺乳瓶に粉ミルクをいれます。
(スティック1本、もしくは100ml分の粉ミルク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哺乳瓶にウォーターサーバーからお湯をいれている画像

次に哺乳瓶にウォーターサーバーのお湯を3分の2程度入れます。(60ml〜70ml)

 

 

 

 

 

 

 

 

お湯とミルクを混ぜた画像

乳首とフードをつけ、哺乳びんをよく振って溶かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哺乳瓶に冷水を入れている画像

冷水を残りの3分の1分入れます。
(100mlになるまで入れてください)
哺乳瓶は温水でかなり熱くなっているので、火傷に注意して下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミルクの出来上がり画像

これで人肌より少し暖かいミルクが出来上がります。
少し冷ましてから赤ちゃんに飲ませてあげましょうね!

 

 

どうでしたか、ミルクの作り方、とっても簡単でしょ?
「待ち時間」が一切ありませんね。
ウォーターサーバーには温水と冷水があるので、あっという間にミルク作りが完成するところも魅力です!

 

 

調乳のポイント

  • 除菌済みの水を使うとしても、哺乳瓶も除菌する必要があります。ミルクを調乳する前には、必ず器具の殺菌を忘れずに!
  • ミルクを混ぜる際、お湯が沸騰していると、ビタミンなど粉ミルクの成分を壊す可能性があります。そのため、少し冷ましたものを使いましょう。しかし70度以下のお湯では、粉ミルクを殺菌する事が出来ないので80度前後のお湯で粉ミルクを溶かすと良いでしょう。
  • ミルクが人肌に冷めたかどうか確認するには、ママの腕の内側にミルクを少し垂らして確認します。少し温かく感じる程度のものを赤ちゃんに与えましょう。

 

 

ウォーターサーバーを使わずにミルクを作ると…?

ちなみに、ウォーターサーバーを使わずにミルクを作ると、どのような手順になるのでしょうか。

 

  1. ミルクを作る前に手をしっかり洗います。
  2. やかんでお湯を沸騰させ、70度を下回らない程度まで冷まします。
  3. 粉ミルクに表示されてある、赤ちゃんの月齢別のミルクの量を哺乳瓶に入れます。
  4. 哺乳瓶にお湯を必要量の3分の2程度入れ、泡立たないように水平に回し、ミルクと混ぜます。
  5. ミルクがよく混ざったら、残りのお湯を入れ、哺乳瓶のキャップを閉めます。
  6. ボウルに水を張り、哺乳瓶を入れて人肌程度まで冷まします。

 

お湯を沸かしたりミルクを冷ましたり…なかなか時間がかかりそうですね。毎日何度も行うことを考えると、うんざりしてしまいそうです。赤ちゃんが、お母さんの傍らでお腹を空かして泣いているのが目に浮かびます…。また、流水で哺乳瓶を冷やしていくと、水道代もかさんでしまいます。

 

やはり、
安全なお水ですぐにミルクを作れるウォーターサーバーはとっても便利です!

 

ウォーターサーバーでミルクを作る時の注意点

フレシャススラットのエコボタン

ウォーターサーバー選びをしっかりすれば、ウォーターサーバーでミルクを作るのは、衛生的かつ経済的と言えます。
しかし、衛生的なウォーターサーバーであっても、注意する事が一つだけあります。

 

それはエコモードを使用してはいけないという事です。

 

エコモードは電気代を節約する上では非常に便利な機能ですが、温水の温度を70℃以下まで下げてしまう可能性が非常に高くなります。

 

粉ミルクに稀に含まれている病原菌をきちんと殺菌するためには、70度以上のお湯でしっかり溶かしてあげる事が大切です。

 

そのため、多少電気代はかかりますが、ミルクを作る時には通常モードで使用するようにして下さい。

 

但し例外として、フレシャススラットとサントリー天然水ウォーターサーバーはエコモードにしても70℃から75度の温度を保てるので、問題ありません。

 

ミルクつくりが便利なウォーターサーバー

エコモードにしても温水の温度が70℃から75℃になっているフレシャススラットとサントリー天然水ウォーターサーバーでミルクを作るのは、

 

  • 粉ミルクのミネラル成分を壊さない
  • 哺乳瓶が熱くなりにくい
  • 人肌まで冷ますのに時間短縮できる

と言う点においておすすめです。

 

粉ミルクのミネラル成分を壊さない

沸騰しているお湯で粉ミルクを溶かすと、粉ミルクに含まれているミネラル成分を破壊してしまいます。
ウォーターサーバーのお湯の温度は80℃から90℃とそこまで高くはないので心配する程ではありませんが、70℃により近いフレシャススラットとサントリー天然水ウォーターサーバーの方がより適していると言えます。

 

哺乳瓶が熱くなりにくい

ガラス製の哺乳瓶に熱湯を入れる時は、火傷しそうなくらい熱くなります。
70℃と低温の温水を注ぐことで、お母さんにとってもストレスなくミルクを作る事が出来ます。

 

人肌まで冷ますのに時間短縮できる

厚生労働省では、流水でミルクを冷ます事を推奨しています。
ウォーターサーバーの冷水は無菌状態なので、冷水をそのまま入れても問題になるとは思えませんが、万が一の事を考えて流水で冷ましてください。
この時に、温度が高いと冷めるまで若干時間がかかってしまいます。
ほんの数分の違いですが、お腹を空かしている赤ちゃんにより早くミルクを飲ませてあげられる点において、フレシャススラットとサントリー天然水ウォーターサーバーは便利です。

 

ミルク作り便利なウォーターサーバー

フレシャススラット

フレシャススラット

  • 2016年のグッドデザイン賞を受賞している、おしゃれなウォーターサーバーです
  • 無菌エアレスパックと自動クリーニング機能で、いつでもフレッシュな水でミルクを作れます
  • 500ml当たり79円〜+サーバーレンタル料金972円【slat】
  • エコモードを使用すると70℃から75℃の温水で調乳出来ます
  • 「リヒート」機能で熱湯もすぐに出来る便利なウォーターサーバーです
  • 常温水も飲めるので、健康志向の高い人にもおすすめです

 

妊婦さん・女性に優しいウォーターサーバーです!
>>http://www.frecious.jp/slat/(フレシャスフラットホームページ)

 

ミルクに適したウォーターサーバーの水

コスモウォーター「古都の天然水」

コスモウォーター

  • 硬度30の軟水で、pH6.9の中性は、ミルクに非常に適しています
  • マグネシウム代謝の負担を避けたい生まれたばかりの赤ちゃんや妊婦さんにおすすめです
  • 愛情チャイルドロックで、小さなお子さんも安心です
  • 離乳食作りにもおすすめの水です
  • 2017年度モンドセレクション金賞の天然水
  • 赤ちゃんの成長に合わせて、「富士の響き」「日田の誉」もご使用出来ます
  • 500ml当たり79円で、サーバーレンタル料などは全て無料

 

美味しい天然水で赤ちゃんのミルク作りに最適です!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

最後に

 このように、母乳育児の軽減や水の安全性という面から考えても、ウォーターサーバーの水を使うという選択肢はとても良さそうです。また、ウォーターサーバーを常設しておけば、災害時の飲料水として活躍する事があるという点でも安心です。

 

 赤ちゃんの体のことを本気で考えたいお母さんへ。ミルクの調乳に最適なウォーターサーバーを選ぶことは、赤ちゃんの人生の質を上げることにもつながります。
無料お試し期間やさまざまな特典があるサーバーも沢山ありますので、ぜひお気に入りのサーバーを見つけてみてください!

 

>>赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーはこちら!


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター