赤ちゃんの水を選ぶときの注意点

赤ちゃんの水を選ぶときの注意点

自然の水

赤ちゃんに水を与えるときは、安全性を考慮して選び、自信を持って与えることが肝心です。
日本の水道は、世界的にも厳格に基準が守られていますが、小さな赤ちゃんに与えるとなればやはり心配が付きものです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べて胃腸の成長が不十分ですから、安全かつ新鮮でもいきなり水を飲ませるのは厳禁です。

 

親にとっては常識の通り、生まれたての赤ちゃんには母乳かミルク、それに成長してから離乳食に入るのが一般的でしょう。
しかし、離乳食前なら与えても大丈夫なので、このタイミングに合わせて赤ちゃん用の水を選ぶことをおすすめします。
水分補給が必要なのは、体から失われやすい下痢や嘔吐が発生したり、発熱や夏場に汗を掻きやすい場合があてはまります。
また、離乳食とはセットで考えることが不可欠ですから、赤ちゃんの成長具合を見て判断を行うことになります。

 

赤ちゃんに飲ませる水の条件

赤ちゃん

赤ちゃんに与えても良い水の条件は、少なくても安全基準が満たされている水道で、これを最低ラインと考えることが出来ます。
より安全に、そして赤ちゃんの健やかな成長を見守りたいのであれば、ミネラルウォーターが有力な選択肢として現れます。
ミネラルウォーターはミネラル分が多く、成長に必要な栄養成分の補給が行えるので、赤ちゃんにとって理想的な飲み物といえるでしょう。
ただ、多過ぎるミネラル分は赤ちゃんの内臓の負担となりますから、硬度を目安に与える水を厳選することがポイントです。
硬度は軟水に分類される物が理想的で、数値的には100未満が赤ちゃんに適しています。
それでも、日本の平均的な硬度である60を超えるとやや硬めですから、なるべく低めを目安に水を選択することがおすすめです。

 

硬水が赤ちゃんに与える影響

クリクラミオのウォーターサーバー

軟水は口当たりが良く、味付けをしなくても美味しい飲み物なので、赤ちゃんの味覚を刺激するのに役立ちます。
所が、市販の商品の中には、一見ただの水に見えてもフレーバーとして糖分を含んでいる物が存在します。
商品の成分によっては、大人でも過剰な糖分を摂取することになりますから、赤ちゃん用の水を選ぶときは要注意です。
つまり、赤ちゃんに与えても安心という条件には、硬さが低くて口当たりが良く、余計な味付けが行われていない物が挙げられます。
本当に美味しい飲み物であれば、素材本来の味が楽しめますし、むしろ味付けは余分と感じられるでしょう。

 

 

赤ちゃんはまだ、消化器官が弱く成長途中なので、体に優しく安全に与えられる物がベストです。
ミネラルウォーターを選ぶ際は、ウォーターサーバー等を選択肢に加え、幅広く比較検討して目を通してみることが必要です。

 

ウォーターサーバーを選ぶときの注意点

具体的に比較する場合は、硬度や成分だけでなく、産地や加工についても目を向けることが注意点となります。
信頼出来る産地であっても、加工に疑いや不信感があれば、自信を持って赤ちゃんに与えることは困難です。
逆に、産地の情報が不十分で、安全性が明確にされていない場合も、赤ちゃんに飲ませる物としては不向きです。
飲み物は産地と加工、その両方が両立してこそ初めて安心して口にすることが出来ます。

 

赤ちゃんの水は徹底した安全性が必要

赤ちゃんは特に、美味しいとも味が変だとも口に出来ませんから、親が少しオーバーな位に商品を確認した方が、安全性に関するバランスが保てます。
大人であれば、匂いを嗅いだり一口飲むだけでも、味や信用について評価することが可能です。
これは、成長までの経験で身についた判断力ですから、赤ちゃんにいきなり求めるのは酷というものでしょう。
水の選択肢を幾つかリストアップした後は、実際に入手して親が成分の確認を行い、試飲して飲み心地を評価することが必要となります。
一方、新鮮な飲み物の質が急に悪くなることはありませんが、経時的に鮮度が低下するのも事実です。
体を構成する細胞は、新鮮な食べ物や飲み物で作られるので、飲食物は安定的に与えられる新鮮さを重視することが重要です。
赤ちゃんにとっては、今口にする物が大人になるまでの健康を左右しますから、商品選びと共に与え方にも配慮が求められます。

 

水道水は注意が必要

水道には残留塩素が含まれるので、蛇口から出た物をそのまま与えるのはおすすめしません。
塩素は沸騰させれば減少しますから、飲ませる直前にお湯を沸かし、冷ましてから与えると良いでしょう。
ただし、塩素のない環境は雑菌が好みますから、作り置きしたり翌日には飲ませない方が安全です。

 

赤ちゃんにはぬるま湯が理想

アクアクララから冷水を出している

更に、冷たい飲み物はお腹を緩ませますが、人肌なら胃腸を刺激する心配は少ないので、ぬるま湯として飲ませるのが理想的です。
ぬるま湯を赤ちゃんにあげると言う点においても、冷水・温水がすぐに使えるウォーターサーバーは理想的と言えます。
ミネラルウォーターに関しては、商品の容器が殺菌されていれば沸騰せずに与えても良く、未殺菌であれば沸騰させることが不可欠です。
沸騰でミネラル分が抜けることは殆どありませんから、内臓に掛ける負担を考慮すると、最初の段階で硬さの低い物を選ぶことがポイントになります。
飲ませる際の注意点は、人肌の温度を小分けにして与え、食事中は出来るだけ避けることです。
大量に与えるとお腹を下しやすく、食事中は胃液が薄まり消化効率が落ちて内臓に負担を掛けるので、この二点を守りながら与えることが大切です。


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター