硬水と軟水の違い

硬水と軟水の違いは?

 

水のイラスト

 

天然水には、ミネラルの主成分としてマグネシウムとカルシウムが含まれています。

 

水1000ml中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量を表したものを「硬度」と言います。

 

 

 

 

日本の天然水のほとんどは軟水で、水道水で言うと東京都の水道水は硬度60mg/lの軟水です。

 

 

 

 

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

 

ただし一般的には

硬度0〜100mg/lを軟水

硬度101〜300mg/lを中硬水

硬度301mg/l以上を硬水

 

と呼んでいます。

 

硬水と軟水で味の違いはあるの?

 

硬水の方がミネラルをたくさん含んでいるので、水を飲んだ時にずっしりとした重い感じがします。

 

一方軟水はミネラルは少ないので、口当たりが良くサラッとした風味が特徴ですね。

 

料理にも硬水と軟水を使い分けることで、美味しい料理を作ることが出来ます。

 

和食にはご飯、煮物などが多いですが、いずれも軟水が適しています。

 

軟水は浸透力が良いので、出汁が野菜や魚にしっかり入って美味しく出来上がります。

 

一方西洋料理の中でも肉の煮込み料理は、硬水を使うとカルシウムがあくを出してくれるので美味しい肉料理になりますよ。

 

同じご飯でも、ピラフなどは硬水を使用したほうがパラパラに出来上がります。

 


TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター