赤ちゃんが安心して飲める天然水とは?水分補強の仕方

赤ちゃんが安心して飲める天然水とは?水分補強の仕方

赤ちゃんと白湯

赤ちゃんは母乳かミルクで大きくなっていきますが、夏の暑い時や風呂上がりなど水分補給をしなくて大丈夫なのかという疑問を持つこともあると思います。
また、飲ませる水は水道水で良いのか、ミネラルウォーターなどの天然水は大丈夫なのかなどの心配も出てきます。
赤ちゃんに必要な水はどんなものか、どんな時に水を飲ませたら良いのかをしっかり理解することが大切です。

 

赤ちゃんの水分補給

基本的に赤ちゃんの水分は、離乳食が始まるまでには母乳かミルクを飲ませておけば水分補給することができます。
十分に水分補給はできることから、水を飲ませる必要はないとされています。
母乳やミルクの量が足りない、風呂上がりに水分補給を医師から指示されているというケースの場合には、生後三ヶ月を過ぎたあたりから飲ませるようにしていきます。

 

赤ちゃんには白湯を飲ませます

飲ませる場合には白湯が理想的です。
水を沸騰させて冷ました白湯は消化吸収しやすいため、未発達な赤ちゃんの胃腸に負担をかけずに済みます。暑い時には冷水でも良いですが、少量だけ与えることがポイントです。
赤ちゃんに水を与える時にきになるのが、天然水などの水の種類だと思われます。
基本的には、水道水は安全にできています。ただしカルキや環境ホルモンが含まれているので、一度沸騰しなければいけません。
市販されているペットボトルなどの水はもちろん厳しい基準で検査されて販売されています。
ただし、井戸水などの天然水は殺菌処理がされていないため注意が必要です。
一方、ウォーターサーバーに使用されている天然水は、加熱殺菌しているか非加熱でも厚生労働省や各種基準をクリアしているので安心です。

 

赤ちゃんに安心な天然水

天然水には、ミネラルを多く含んでいる硬水と少ない軟水の二種類があります。
特に硬水はマグネシウムなどのミネラルが多く含まれており、ミネラル成分が胃腸や腎臓に負担がかかって、下痢になってしまうこともあるため注意が必要です。
赤ちゃんでも安心して飲める天然水としては、軟水が良いとされています。
ミルク用には調整用の水も販売されていますが、それが手に入らないという時には、なるべくミネラル成分を含んでいない軟水を利用します。
与える水としては、純水(ピュアウォーター)もオススメです。
水道水やミネラルウォーターとは異なり、不純物の混じっていない水のため体に負担にならず、ミルクの味や成分に影響が出る心配がない水になります。
ただし、軟水と違い成長に必要なミネラルも入っていないので、注意が必要です。

 

ウォーターサーバーの天然水選び

軟水を選ぶときのポイントとしては、きちんとpHをチェックしてから購入します。
これは水の性質である酸性やアルカリ性の程度を表す単位で、基準として中性がpH7.0になります。
それに加えて、硬度や成分などを見ることも重要です。
赤ちゃんに飲ませる場合には、安全性を重視していく水選びをしていくこともポイントです。
ミネラル成分が過剰に含まれていないもの、安心してミルクを作れるもの、できるだけ不純物が取り除かれているものが理想的といえます。
基本的には現在日本で販売されているミネラルウォーターの種類は、ほとんどが軟水のためさほど神経質になる心配はないと考えられます。

 

赤ちゃんの成長に合わせた水分補給を

ある程度の月齢なれば水分補給として水が必要になってくるため、種類などを年齢に合わせることなどもできることから上手に活用することが大切です。
与えるのは、母乳やミルク、白湯が基本となります。
離乳食が始まったら、白湯や水以外にもお茶やジュースを飲む機会が増えてきます。
お茶を飲む場合にも刺激の強くないものを選んでいきます。
軟水で作った麦茶やタンポポ茶などのカフェインレスのものが消化器官に負担をかけないためオススメです。

 

離乳食が始まった途端便秘になる子もいますが、母乳やミルクで補われていた水分が離乳食に変わることによって不足しているために起こる症状だとされています。
水分不足にもならないためには、意識して水分を与えていくことが重要となります。

 

ウォーターサーバーが赤ちゃんの天然水としてはおすすめ

赤ちゃんとウォーターサーバー

また水を選ぶ場合には、体の負担にならないというだけではなく運びやすさなどの観点からも注意する必要があります。
ペットボトルで購入しても問題はありませんが、小さな赤ちゃんがいるときに重い水のペットボトルを購入して家に帰るという作業は一苦労です。
しかし、ミルクを作るためには大量に必要になります。
その点ウォーターサーバーは水を会社が運んでくれる上、安全な水を自宅で使用することができます。
ペットボトルを買いだめするよりも、ウォーターサーバーを利用するのも利便性が高いとして近年では人気になっています。
水は様々な場面で必要になるものです。利便性やコスト、何よりも体に負担のかからない安全な水を選ぶことによって、赤ちゃんの健康につながっていきます。


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター