妊娠糖尿病は赤ちゃんにもリスク|インスリンを正常に!

妊娠糖尿病は赤ちゃんにもリスク有り!バナジウムで予防

  • 妊娠糖尿病とはどんな病気か?

妊娠中のお母さん

妊娠中の方は喜ばしい時を過ごしているとともに、注意を要する時を過ごしているとも言えます。
最近は高齢出産が増えていることもあり、「ハイリスク妊娠」と呼ばれる「妊娠合併症」が増えているのです。
妊娠合併症とは、妊娠以前からの病気、また妊娠中に何らかの病気になってしまい、それが母体や赤ちゃんの体・命にまで影響を与えてしまう症状のことです。
その妊娠合併症のなかに、「妊娠糖尿病」というものがあります。
妊娠以前から糖尿病を患っていた方もいますが、それ以外にも妊娠により妊娠糖尿病になってしまうお母さんは、妊婦の約9パーセントにも上ると言われています。

 

この「妊娠糖尿病」とは、妊娠を機に血糖値が高い状態になり、それが続く状態を表します。
そもそも健康な体で血糖値のコントロールが正常に行われているのは、インスリンの働きが正常なためです。
私達の体では食べたものを消化し、ブドウ糖に分解することで、それが血液中から体内に吸収され、エネルギーが作り出されています。
そのブドウ糖をエネルギーに変えたり、エネルギーとして蓄えたり、タンパク質の合成を促し筋肉の生成を助ける役割を、インスリンが果たしているのです。
妊娠中には、胎児のエネルギー消費があるために、体内で今まで以上にインスリンの需要量が増加します。
母体はその分それに見合ったインスリンを作るわけですが、需要にあったインスリンが生成されないと、高血糖の状態になってしまいます。
また妊娠中にはインスリンを一定に保つために、胎盤からインスリンの働きを抑えるホルモン(プロゲステロンなどのインスリン拮抗ホルモン)が分泌されます。
その働きによりインスリンが効きにくい状態が作り出されてしまいます。これをインスリン抵抗性と呼びます。
それに加えて、妊娠中には胎盤からインスリンを分解する蛋白分解酵素が分泌されます。
このふたつの妊娠中に起こる内分泌環境の変化により、妊婦の体はインスリン不足になりやすく、高血糖な状態になってしまうのです。
正常な妊婦さんの体はインスリン分泌を多くして対応できますが、それができない場合、妊娠糖尿病になってしまうのです。

 

母体、胎児にどのような影響があるのか?

高血糖が続くと、母体にも胎児にも影響があります。
・母体への影響 早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、肩甲難産、胎盤剥離症、腎症など。
・胎児への影響 流産、発育不全、奇形、巨大児、心臓病、多血症、胎児死亡など。
重篤な症状へと発展する危険が大いにあることがわかります。

 

妊娠糖尿病の予防法、治療法とはどのようなものか?

治療は主に食事療法で行われます。
血糖値の厳密な管理が不可欠であり、食前100mg/dl未満、食後120mg/dl未満を目標に管理します。
果物やスイーツなどの糖類を避けた栄養バランスの多い食事、決められたカロリー内での食事を心がけます。
マタニティヨガやマタニティビクスを取り入れ、消化カロリーを上げる方法もあります。
食事療法や運動を続けても血糖値コントロールが上手くできない場合には、赤ちゃんに影響を与えないインスリン注射をして管理していきます。

 

妊娠糖尿病の場合、出産後には血糖値が改善することが多いのですが、将来糖尿病になるリスクは高いので、出産後も定期的に血糖値を測ること、バランスのよい食生活を続けることが推奨されています。
このように、妊娠中の血糖値のコントロールは妊娠糖尿病の予防、治療に不可欠であることがわかります。
その予防と治療をするうえで、糖尿病患者さんに推奨されている「バナジウム」を摂取することは非常に効果的と言われています。

 

なぜバナジウム水が、妊娠糖尿病の予防、治療に役立つのか?

バナジウムとはミネラルの一種であり、インスリンと同じ働きをするという実験結果が出ています。
そのため糖尿病患者さんが食事制限において血糖値コントロールをする際に、バナジウム摂取を一緒に行うならばコントロールもより効果的に行えると言われています。
さらにバナジウムには、インスリンの働きを阻害する「遊離脂肪酸」を抑制する働きがあるため、インスリンと同様の働きをしつつも、本来のインスリンの働きを促進させることができるのです。
食事での血糖値コントロールはなかなか難しいのですが、自然のものであるバナジウムを摂取することで、体に負担なく血糖値コントロールがしやすくなるとして注目されているのです。

 

ウォーターサーバーでバナジウム水を摂取する利点

バナジウム摂取をする際に勧められているのは、ミネラルウォーターでの摂取です。
バナジウムは天然のミネラルであり、鉱物や動植物に含まれていて、海藻類やマッシュルームなどにも多く含まれています。
ですがバナジウムは一定量を毎日摂取することによって健康への効果が認められているので、食事から一定量を毎食摂取するのは難しいのです。
その点水分補給をバナジウム入りのミネラルウォーターで行うならば、バナジウムの摂取量と定期性の面で効果的な摂取ができます。
毎日飲むものですので忘れることなく続けられますし、バナジウム水は軟水で飲みやすいので、ムリなく飲み続けられます。
このように、血糖値コントロールに効果のあるバナジウムを摂取するのであれば、バナジウム入りのミネラルウォーターが一番効果的であるということがわかりました。
最近はドラッグストアやコンビニでもバナジウム水が売られるようになりましたが、毎日バナジウム水を定期的に摂取することを望まれる方には、バナジウム水のウォーターサーバーをおすすめします。
ひとつには、毎回買出しに行くと費用面、時間、体力面での大きな負担があることです。
特に妊娠糖尿病の改善のためにバナジウム水を選ぶのは妊婦さんですから、妊娠中の方にとってミネラルウォーターを毎回お家まで運ぶのは危険ですし負担が大きすぎます。
もうひとつは妊娠後の糖尿病の予防のために効果的だからです。
妊娠中に血糖値が上がった妊婦さんは、出産後血糖値が落ち着いたとしても、ほかの妊婦さんよりも糖尿病にかかるリスクが高いと言われています。
その後も血糖値のチェックとコントロールが必要になりますので、出産後の糖尿病予防のためにも、バナジウム水を飲み続けることが推奨されているのです。
妊娠中、さらに出産後もバナジウム水を飲み続けるとなると、やはりウォーターサーバーを購入したほうが、体力的にもコスト的にも賢い選択であると言えます。

 

おすすめのウォーターサーバー

ではここで、妊娠糖尿病の予防と改善を図る妊婦さんにおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

 

クリクラミオ

クリクラミオと子供たち

こちらは唯一、一本からでも注文でき気軽に利用できるウォーターサーバーです。
配送プランが充実していて、管理も無料で行ってくれるので、動きがとり辛い妊婦さんにおすすめの会社です。
バナジウムのたっぷり入った「富士山の天然水」は1本8リットルあたり1,100円と値段も安心価格です。
レンタル無料のサーバーは冷水、温水設定があるので、出産後ミルクをつくるときにも便利です。

 

>>クリクラミオ口コミ体験談(管理人)はこちら!
>>ベビーアドバイザー結花さんのクリクラミオ口コミ体験談はこちら!

 

クリクラミオホームページ(詳細)
>>http://www.creclamio.jp/

 

 

フレシャス

フレシャスデュオと子供

こちらはサーバーがグッドデザイン賞を受賞し、おしゃれな見た目が主婦に大人気のウォーターサーバーです。
こちらも富士山の天然水を使用しているためバナジウムをふんだんに含んでいます。
お値段は7,2リットルで1,167円です。
おしゃれなサーバーながら機能も充実していて、冷水、温水機能もあり、小さいタイプは置き場所に困らず邪魔にならないので人気です。

 

>>フレシャス口コミ体験談(管理人)はこちら!
>>フレシャスデュオ口コミ体験談はこちら!

 

フレシャスdewoホームページ詳細
>>http://www.frecious.jp/dewo/

 

 

妊娠糖尿病は放っておくと恐ろしい症状ですが、早期発見、そして血糖値の厳密なコントロールにより、母体と赤ちゃんへの影響を防ぐことが可能です。
お医者さんとの連携した治療に加え、自分でも食事療法やバナジウム摂取など、効果的な方法を取り入れて対処しましょう。


 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター