ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーにかかるコスト

日本では、生活に必要なインフラはとても良い状態に整備されていて、水道に関してもまた世界で最高水準の安全な水を提供しています。昔は水道の水をそのまま飲むことも多くありましたが、最近では飲料用の水はペットボトルなどで購入してきて飲むことが、普通のことのようになっています。

 

さらには、毎日多く消費する水ですから、ペットボトルを頻繁に購入するのは重たくて大変だということで、最近では家庭にウォーターサーバーを設置することが広まりつつあるのです。それには、各メーカーが販路を広げたり、家庭用に使いやすいサーバー本体を開発しているという背景もあります。

 

ウォーターサーバーを家庭に導入することを考えたら、どのウォーターサーバーにするか決めるためのいくつかのポイントがあります。
ひとつはサーバー本体の大きさや機能、ひとつは水の種類、もうひとつは費用を含めた契約内容です。
サーバーの本体を決めるときは、まず本体とボトルの大きさは重要です。設置する場所に邪魔にならないことが前提になりますが、ボトルの大きさは、家族構成や消費する量で決めていかないと途中で足りなくなってしまうことになります。

 

 

ウォーターサーバーにかかる費用や契約内容ですが、水の費用以外にかかるコストがあるので注意して下さい。
一般的に、ウォーターサーバーにかかるコストとしては、

  • 水の費用
  • 配送料
  • サーバーのメンテナンス費用
  • サーバーのレンタル料金
  • 電気代

があります。
サーバーのメンテナンス代やレンタル料、水の配送料などを合わせると、結局コストが高くつくウォーターサーバーがあるので注意が必要です。
また、契約解除時にかかる

  • 早期解約違約金

と言うのもあります。一定期間使用した後にウォーターサーバーを使用しなくなる場合はかかりませんが、それ以前に解約する場合にかかる費用になっています。

 

これは契約内容の部分になりますので、このような細かい部分までしっかりと認識して、総合的なコストを考えた上で契約するようにしましょう。

ウォーターサーバーにかかるコスト関連ページ

ウォーターサーバーの便利な機能
ウォーターサーバーには、サーバー内部を衛生的に保つ自動クリーンシステム、子供がイタズラ出来ないようにするチャイルドロック、電気代を節約できるエコモードと言う便利な機能があります。それ以外にも重いボトルを下にセット出来るサーバーなどありますので、用途に合わせて機能面からウォーターサーバーを選ぶようにして下さい。
ミネラルウォーターとは
ミネラルウォーターには硬度によって軟水と硬水に分けられます。ミネラルウォーターの基準と違いについてご説明致します。またナチュラルミネラルウォーターがあり、各種基準が設けられています。
RO水と天然水の違い
ウォーターサーバー会社では、RO水と天然水を取り扱っているところ(もしくは両方)があります。RO水と天然水の違いと特徴・安全性についてご紹介致します。
ウォーターサーバー6つのメリットをご紹介!
ウォーターサーバーの主なメリットとしては、@重たい水を買いに行く必要がないA温水・冷水をいつでも適温で使う事が出来るB美味しい水を飲むことが出来るC安全性が高い水を飲めるD天然水・RO水と自分の生活スタイルに適した水を選べるE災害時のお水のストックになるの6つがあります。ウォーターサーバーを契約する際には、これらのメリットを踏まえたうえで、ご自身の生活スタイルに適したメーカーを選ぶことが大切です。
ウォーターサーバー各社メンテナンス方法の違い
ウォーターサーバー各社のメンテナンス方法の違いと費用についてご紹介致します。クリクラやアクアクララは専門の技術者による定期メンテナンスを実施しているため有料ですが、コスモウォーターやフレシャスでは自動クリーニング機能を搭載しているので、メンテナンス費用が無料になっています。
ウォーターサーバーの厳しい検査について
ウォーターサーバーの厳しい検査について。各ウォーターサーバーメーカーは、水質の認可は各都道府県知事により受けています。また、放射能検査を独自に行っているメーカーも多く、安全な水を配送しています。
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法をご紹介致します。メーカーでなければ出来ないような細かい部分や手入れの難しい部分と言った専門的なメンテナンスはメーカーに任せ、自分でも出来るようなセルフメンテナンスは自分で行い、ウォーターサーバーの清潔さを保つ必要があります。 特に毎日のように手が触れる蛇口付近は細菌や汚れが付きやすく、それが水に混入してしまうと言うことも考えられるので注意が必要です。
ウォーターサーバーの衛生面
ウォーターサーバーの衛生面として、水質検査やどれだけ外気と遮断されているか、機器メンテナンス・製造ラインは適切に稼働しているかなどがあります。フレシャス、プレミアムベビークラブ、ベビアクア、コスモウォーター、サントリー天然水ウォーターサーバー、キララウォーターサーバー、クリクラミオの7社で衛生面を徹底比較していきたいと思います。
災害時の備蓄水にも使える!ウォーターサーバーのおすすめ
ウォーターサーバーは地震などの災害時の備蓄水にも使えるなど、普段便利なことはもちろん、いざという時にも便利に使うことができます。人間に必要な水の量は、1日あたり3リットルと言われています。目安としては1日あたり3リットルを人数分、3日分を用意しておくとよいです。ペットボトルで用意すると場所をとりますが、ウォーターサーバー用の水ならコンパクトですから、置き場所に困りません。
ウォーターサーバーをお得に乗り換える方法
ウォーターサーバーは乗り換えするにも解約金という制約があるため気軽に乗り換えという事ができなくなっています。なのでできるだけ解約金による負担を軽くするような形で契約をしていき、自分の体にあったウォーターサーバーを継続利用していくようにしましょう。
ウォーターサーバーと水道水の違い
水道の蛇口をひねればそのまま飲むことのできる安全な水が供給されることは水道水の最大のメリットです。一方、ウォーターサーバーを設置することで、水だけでなくお湯もいつでも好きなだけ利用できるのは特に小さな子供などのいる家庭にはうれしいことで、飲み水としての味わいも水道水よりもはるかにおいしさを感じさせるものだと言われています。
調乳にウォーターサーバーが便利過ぎる!
赤ちゃんが生まれると生活のリズムがすべて赤ちゃん中心になります。夜中でもおなかをすかして赤ちゃんが泣いているときにはどんなに眠くても起き出してミルクづくりをしなければならないため、新米のお母さんの多くは寝不足に悩まされると言われています。夜中の調乳作業の負担を少しでも減らすために、ウォーターサーバーを活用してみるのもとても合理的でおススメです。
ウォーターサーバーと水道水の違い
世界に誇る高い浄水技術を持つ日本の上水道は、水道水の蛇口をひねればいつでも飲むことのできる水を全国どこでも提供できるようになりました。最近ではウォーターサーバーが一般家庭にも広く普及するようになりました。飲み水としては薬の匂いや安全性が気になっていた水道水に比べ、産地によって味わいや含有成分も異なり様々なおいしい水を好きなだけ味わえるのがウォーターサーバーを設置することの最大のメリットです。
ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較
ウォーターサーバーと浄水器の気になるコスト、設置スペース、水の品質について比較しました。安全で美味しい水を飲むために、ご家庭に合った浄水器・ウォーターサーバーを選びましょう!

 
TOP コスモウォーター フレシャスデュオ プレミアムベビークラブ