ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較

ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較

天然水

安全でおいしい水を飲みたいと思ったら、自分で飲む水は今や自分自身で選べる時代になりました。
上水道が整備され、衛生面での環境は飛躍的に向上したのは確かですが、水道水自体がおいしさを感じる水からはかけ離れてしまっていると感じる人は少なくありません。

 

でも、蛇口から常に衛生管理された水が出てくることがどれほど恵まれたことなのかは世界の水事情と比較してみれば理解できます。
そうは言っても水道水に含まれる残留薬品に関する安全性の面での疑問は常に話題に上るものの一つでもあり、毎日の生活に欠かせない水の事だけに多くの人々が関心を寄せています。

 

そんな時代に一躍脚光を浴びるようになったのがウォーターサーバーです。
水道水から残留薬品や不純物などを取り除くための浄水器の方が先に普及しましたが、現在ウォーターサーバーを設置する人が増え、その普及は企業だけでなく広く一般家庭に広がっています。
でも、実際のところはウォーターサーバーにも浄水器にもそれぞれにメリットもデメリットもあり、導入を迷っている人は少なくありません。
それぞれの特徴を踏まえて比較してみることで見えてくることがあります。

 

ウォーターサーバーと浄水器のコスト比較

クリクラミオ

コスト面で最も優秀なのは水道水です。
もちろん水道料金は発生しますがコスパを考えれば最も費用負担が軽い水です。
そしてその水道水をきれいにするための浄水器はコスト面で言えば本体と浄水カートリッジにかかる費用が必要になります。
本体の価格は製品によって大きく変わります。
当然ですが高性能の製品を設置しようと考えればその分初期費用が高額になるので、物によっては設置にかかるコストは浄水器の方が高くなることが考えられます。

 

ただし設置後のランニングコストに関しては浄水器はカートリッジの交換費用だけですが、ウォーターサーバーはサーバー本体は無料というところも多いとしても水の代金に加え電気代も発生するのでウォーターサーバーの方が費用負担が大きくなります。
ただし、放射能や環境ホルモンまでしっかりと除去出来る浄水カートリッジは機種かなり高額になります。

 

ウォーターサーバーと浄水器の水品質比較

フレシャス

水質に関して比較した場合、衛生管理の行き届いた水がパッケージされたものが送られてくるウォーターサーバーは水質も安定しているうえ、好みの産地の天然水を選ぶことのできる製品も多く、おいしさの点でもウォーターサーバの水の方が勝っていると言えます。

 

コスモウォーターなど数種類の天然水の産地の中から好きな水を選べるところもあります。水によってミネラル分の豊富な天然水であったり、クリクラミオフレシャスなどはバナジウムの豊富な天然水になっています。
それぞれに特徴も味わいも異なるので、自分の好みに合わせて選べるところはウォーターサーバーの魅力の一つでもあります。

 

一方水道水の水質に関しては、もともと法律に基づいた安全基準を満たした水を提供するものなので安全面には心配ないのですが、浄水器のメンテナンスは多くの場合自分自身の裁量にかかってくることになります。
正しい使用法を守りカートリッジも決められた期間で交換するといったことを守らないと、せっかく浄水器を設置しても逆に安全性の面で不安要素を残すことになるので注意する必要があります。
そして水の味という点でいうなら残念ながらミネラルウォーターのように特徴的な味わいを楽しめるというものではありません。

 

ウォーターサーバーと浄水器の設置スペース比較

プレミアムベビークラブ

水道水を使う分には全く発生しない問題に設置スペースがあります。
浄水器も様々なタイプがありますが、ビルトインタイプのものだとシステムキッチンの下部分などに設置スペースが必要になります。
上置きタイプの場合には水道周りにある程度の設置スペースが必要になるし、ホースなどもちょっと邪魔に感じやすいものです。
蛇口に直接取り付けるタイプの小型の製品もありますが、小型とはいえやはり邪魔になるものではあるし、小型の場合浄水能力の点でもやや劣ることも考えられます。

 

それに対してウォーターサーバーの場合は設置に際しては浄水器よりもかなりスペースを必要とします。
最近ではスリムタイプのものなども発売されており、キッチンだけでなくリビングに置いても違和感のない省スペースタイプなどもありますが、本体を設置するためには4Aの用紙程度の面積は設置スペースとして必要になります。
また、ウォーターサーバーの場合は水のボトルやバッグなどを保管するためのスペースも必要になることを考慮すれば、スペースを比較した場合は浄水器の方がはるかにスペースも必要なく有利だということになります。

 

どちらも正しい使い方をすることが大前提

浄水器にもウォーターサーバーにもそれぞれにメリットデメリットがありますが、初期費用ではなく長期的なランニングコストを考えれば浄水器の方が費用負担は軽くて済むと言えます。
ただし赤ちゃんに使用するなど安全でおいしい水を求め水の品質にこだわりたい場合にはウォーターサーバーの方がおすすめです。

 

さらに設置スペースを考えれば浄水器を取り付ける方がはるかに場所をとらないと言えます。
ただし水の安全性の点を考えれば浄水器は適切なメンテナンスをすることが必須だし、ウォーターサーバーもサーバーのコック部分などの衛生管理を心がけることが求められるので、どちらも正しい使い方をすることは大前提となります。
そのうえで自分たちの条件に合ったものを選ぶことが賢明な判断だと言えます。

ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較関連ページ

ウォーターサーバーの便利な機能
ウォーターサーバーには、サーバー内部を衛生的に保つ自動クリーンシステム、子供がイタズラ出来ないようにするチャイルドロック、電気代を節約できるエコモードと言う便利な機能があります。それ以外にも重いボトルを下にセット出来るサーバーなどありますので、用途に合わせて機能面からウォーターサーバーを選ぶようにして下さい。
ミネラルウォーターとは
ミネラルウォーターには硬度によって軟水と硬水に分けられます。ミネラルウォーターの基準と違いについてご説明致します。またナチュラルミネラルウォーターがあり、各種基準が設けられています。
RO水と天然水の違い
ウォーターサーバー会社では、RO水と天然水を取り扱っているところ(もしくは両方)があります。RO水と天然水の違いと特徴・安全性についてご紹介致します。どちらも安全性は高い水ですが、赤ちゃんにおすすめすると言う視点でご説明致します。
ウォーターサーバー6つのメリットをご紹介!
ウォーターサーバーの主なメリットとしては、@重たい水を買いに行く必要がないA温水・冷水をいつでも適温で使う事が出来るB美味しい水を飲むことが出来るC安全性が高い水を飲めるD天然水・RO水と自分の生活スタイルに適した水を選べるE災害時のお水のストックになるの6つがあります。ウォーターサーバーを契約する際には、これらのメリットを踏まえたうえで、ご自身の生活スタイルに適したメーカーを選ぶことが大切です。
ウォーターサーバーに必要なコスト
ウォーターサーバーにかかるコストには、お水代・配送料・メンテナンス料金・電気代があります。また、通常は契約年数が設けられていて、それ以前に解約した場合には、解約手数料が発生します。ウォーターサーバーのメーカーによって、必要となるコストは変わってくるので注意しましょう。
ウォーターサーバー各社メンテナンス方法の違い
ウォーターサーバー各社のメンテナンス方法の違いと費用についてご紹介致します。クリクラやアクアクララは専門の技術者による定期メンテナンスを実施しているため有料ですが、コスモウォーターやフレシャスでは自動クリーニング機能を搭載しているので、メンテナンス費用が無料になっています。
ウォーターサーバーの厳しい検査について
ウォーターサーバーの厳しい検査について。各ウォーターサーバーメーカーは、水質の認可は各都道府県知事により受けています。また、放射能検査を独自に行っているメーカーも多く、安全な水を配送しています。
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法をご紹介致します。メーカーでなければ出来ないような細かい部分や手入れの難しい部分と言った専門的なメンテナンスはメーカーに任せ、自分でも出来るようなセルフメンテナンスは自分で行い、ウォーターサーバーの清潔さを保つ必要があります。 特に毎日のように手が触れる蛇口付近は細菌や汚れが付きやすく、それが水に混入してしまうと言うことも考えられるので注意が必要です。
ウォーターサーバーの衛生面
ウォーターサーバーの衛生面として、水質検査やどれだけ外気と遮断されているか、機器メンテナンス・製造ラインは適切に稼働しているかなどがあります。フレシャス、プレミアムベビークラブ、ベビアクア、コスモウォーター、サントリー天然水ウォーターサーバー、キララウォーターサーバー、クリクラミオの7社で衛生面を徹底比較していきたいと思います。
災害時の備蓄水にも使える!ウォーターサーバーのおすすめ
ウォーターサーバーは地震などの災害時の備蓄水にも使えるなど、普段便利なことはもちろん、いざという時にも便利に使うことができます。人間に必要な水の量は、1日あたり3リットルと言われています。目安としては1日あたり3リットルを人数分、3日分を用意しておくとよいです。ペットボトルで用意すると場所をとりますが、ウォーターサーバー用の水ならコンパクトですから、置き場所に困りません。
ウォーターサーバーをお得に乗り換える方法
ウォーターサーバーは乗り換えするにも解約金という制約があるため気軽に乗り換えという事ができなくなっています。なのでできるだけ解約金による負担を軽くするような形で契約をしていき、自分の体にあったウォーターサーバーを継続利用していくようにしましょう。
ウォーターサーバーと水道水の違い
水道の蛇口をひねればそのまま飲むことのできる安全な水が供給されることは水道水の最大のメリットです。一方、ウォーターサーバーを設置することで、水だけでなくお湯もいつでも好きなだけ利用できるのは特に小さな子供などのいる家庭にはうれしいことで、飲み水としての味わいも水道水よりもはるかにおいしさを感じさせるものだと言われています。
調乳にウォーターサーバーが便利過ぎる!温水も冷水もそのまま大丈夫?
赤ちゃんのミルクを調乳する時にはウォーターサーバーの温水(や冷水)をそのまま使用して大丈夫です。ウォーターサーバーは温水も冷水も無菌状態なので、沸騰させる必要もありません。但し冷水を哺乳瓶に入れる前には必ず粉ミルクがしっかり溶けている事を確認しましょう。
ウォーターサーバーと水道水の違い
世界に誇る高い浄水技術を持つ日本の上水道は、水道水の蛇口をひねればいつでも飲むことのできる水を全国どこでも提供できるようになりました。最近ではウォーターサーバーが一般家庭にも広く普及するようになりました。飲み水としては薬の匂いや安全性が気になっていた水道水に比べ、産地によって味わいや含有成分も異なり様々なおいしい水を好きなだけ味わえるのがウォーターサーバーを設置することの最大のメリットです。

 
TOP コスモウォーター フレシャス プレミアムベビークラブ