ウォーターサーバー各社メンテナンス方法の違い

ウォーターサーバー各社のメンテナンス方法の違いについて

プレミアムベビークラブ

赤ちゃんに使用するウォーターサーバーを選ぶ時の最大のポイントは、メンテナンスがあるかどうかです。

 

水道水であれば、塩素が入っているので、簡単に雑菌が繁殖する事はありませんが、ウォーターサーバーの水は天然水であれ、RO水であれ塩素が入っていません。

 

その分、安全で美味しい水を飲むことが出来るのですが、雑菌は繁殖しやすい環境にあります。
また、配管やタンク内はどうしても水垢などの汚れが付着してきます。

 

定期的にメンテナンスを入れていないと、汚れて不衛生な水を抵抗力の低い赤ちゃんに飲ませる事になるので、注意が必要です。

 

ウォーターサーバーはどのメーカーの商品であってもメンテナンスは必ずしなければなりません。
清潔で衛生な水を飲むために欠かせないものであり、手間が掛かるものになりますけど、メーカー各社のメンテナンス方法はどのようになっているのでしょうか。

 

ウォーターサーバー各社のメンテナンス

メーカー/ーサーバーの種類 メンテナンス内容 メンテナンス費用
【コスモウォーター】    
Smartプラス クリーンサイクルシステム 無料
【クリクラ(クリクラママ)】    
クリクラサーバー 年に一度 5000円/年
クリクラ省エネサーバー 年に一度 5000円/年
クリクラミオサーバー 年に一度 無料
【プレミアムウォーター】    
スリムサーバーIII なし -
amadana スタンダードサーバー なし -
cado×PREMIUM WATER(プレミアムベビークラブ) 加熱クリーンシステム 無料
【サントリー天然水ウォーターサーバー】 おいしさキーパー 無料
【うるのん】    
ウォーターサーバーGrande 内部クリーンシステム 無料
スタンダードサーバー 3年に1回 無料
【フレシャス】    
サイフォン UV-LED殺菌 無料
サイフォンスリム セルフクリーン機能 無料
フレシャススラット フレッシュ機能 無料
フレシャスデュオ フレッシュ機能 無料
【アクアクララ(ベビアクア)】    
アクアアドバンス 年に一度 1500円/月
アクアスリム 年に一度 1000円/月
【キララウォーターサーバー】    
キララスマートサーバー オートクリーンシステム 無料

ウォーターサーバー各社のメンテナンス内容・費用

 

 

 

通常、ウォーターサーバーのメンテナンスは数年に1度は行わなければなりません。
サーバーを交換するなどの対応が多いのですが、無料でサービスをしてくれるメーカーやレンタル料の一環としているメーカーもあります。

 

特に無料にしてくれるメーカーの多くはウォーターサーバーに自動クリーンシステムが搭載されていることが多く、日頃から自分で手入れをする必要がありません。

 

メンテナンス不要のウォーターサーバーは内部のメンテナンスが基本的に不要になりますので費用が掛かりません。
自動クリーンシステムによって内部が綺麗になにっているからですが、差し込み口などの外部は自分で綺麗にしておく必要があるので、そこの部分は忘れないようにしましょう。

 

逆に、自動クリーニング機能を搭載していないにも関わらず、定期メンテナンスを実施していないウォーターサーバーは、不衛生になる危険性が高いので、赤ちゃんに使用するのはお勧めできません。

 

メンテナンス不要の主なメーカーとしてあるのが、プレミアムベビークラブフレシャスデュオコスモウォーターなどがあります。

 

 

コスモウォーター【Smartプラス】のメンテナンス

コスモウォーターの「クリーンサイクルシステム」

コスモウォーターでは、「クリーンサイクルシステム」を採用していて、48時間ごとに自動で、配管やタンク内に温水を流す事で、殺菌を行ってくれます。
そのため、メンテナンス料金は無料となっています。

 

フレシャスサイフォンのメンテナンス

フレシャスサイフォンのUV-LED

フレシャスサイフォンプラスには、業界初となるUV-LED殺菌機能が搭載されています。
クリーニングボタンを押さなくても、タンク内の水はいつでもUV照射によって、衛生的な状態を保つ工夫がされています。

 

フレシャススラットのメンテナンス

フレシャススラットの「フレッシュ機能」

フレシャススラットの内部は、エアレス構造になっているので、基本的に雑菌が繁殖しにくい環境にあります。
加えて、サーバー内部全体に温水を流す「フレッシュ機能」を搭載する事が出来るので、メンテナンスは不要になっています。

 

フレシャスデュオのメンテナンス

フレシャスデュオの「フレッシュ機能」

フレシャススラット同様、「フレッシュ機能」が搭載してあります。
【FRESH】ボタンを押すだけで、簡単にサーバー内部をクリーニングする事が出来ます。
注意点として、「フレッシュ機能」が動作中は、安全のため、出水することが出来ないようになっています。

 

プレミアムベビークラブのメンテナンス

プレミアムベビークラブの「加熱クリーンシステム」

プレミアムベビークラブで採用されている【cado×PREMIUM WATER】サーバーには、「加熱クリーンシステム」が搭載されています。
冷水タンクに、温水を循環させる事で、殺菌を行う事が出来ます。
もちろん、メンテナンス費用はかかりません。

 

キララウォーターサーバーのメンテナンス

キララウォーターサーバー「オートクリーンシステム」

キララウォーターサーバーでは、下記の内容で1日1回自動でサーバー内部を殺菌するオートクリーンシステムを採用しています。

自動作動 1

温水タンクの熱水を、冷水タンクに送りこみ、冷水タンクの温度を上げていきます。

自動作動 2

温水タンク、冷水タンク、配管、すべてに高温の熱水を30分間自動循環させ殺菌します。

自動作動 3

その後、サーバー自身が、自動で冷水タンク内の熱水を冷却して、冷たい状態に戻します。

 

毎日指定した時間に作動させる事が出来るので、便利なメンテナンスです。

 

専門技術者によるメンテナンス

次にクリクラミオ、クリクラママ、ベビアクア等のメンテナンスが有料になるメーカーですが、動作確認や部品交換を行い、タンク内の殺菌、外部を含めた細かい部分までのクリーニングや殺菌洗浄をしてくれます。

 

本格的にしっかりと綺麗にしてくれますのでウォーターサーバーを安心して利用することができます。

 

この中で費用が無料になるメーカーとして、クリクラミオがあります。
定期的に交換やクリーニングをしてくれるのですが、事前に業者から連絡をしてくれます。

 

アクアクララ(ベビアクア)のメンテナンス

アクアクララの「あんしんサポート料」

アクアクララでは、

  • 専門スタッフ対応
  • メンテナンス
  • 設置サービス
  • 故障対応

が含まれている「あんしんサポート料」として、月額1000円から1500円必要になっています。
毎月の支払いが必要なので、コスト的には割高に感じるかもしれませんが、故障対応など万が一に専門スタッフが責任をもって対応してくれるので、安心感はあります。

 

またセルフメンテナンスキットを販売しているメーカーもありまして、自分でクリーニングして使えるので納得して利用することができます。

 

このようにウォーターサーバー各社によって対応や方法が違っています。

ウォーターサーバー各社メンテナンス方法の違い関連ページ

ウォーターサーバーの便利な機能
ウォーターサーバーには、サーバー内部を衛生的に保つ自動クリーンシステム、子供がイタズラ出来ないようにするチャイルドロック、電気代を節約できるエコモードと言う便利な機能があります。
ミネラルウォーターとは
ミネラルウォーターには硬度によって軟水と硬水に分けられます。ミネラルウォーターの基準と違いについてご説明致します。またナチュラルミネラルウォーターがあり、各種基準が設けられています。
RO水と天然水の違い
ウォーターサーバー会社では、RO水と天然水を取り扱っているところ(もしくは両方)があります。RO水と天然水の違いと特徴・安全性についてご紹介致します。
ウォーターサーバーのメリット・デメリット
ウォーターサーバーのメリット・デメリットについてご紹介致します。
ウォーターサーバーにかかるコスト
ウォーターサーバーにかかるコストについてご紹介致します。
ウォーターサーバーの厳しい検査について
ウォーターサーバーの厳しい検査について。各ウォーターサーバーメーカーは、水質の認可は各都道府県知事により受けています。また、放射能検査を独自に行っているメーカーも多く、安全な水を配送しています。
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法
ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法をご紹介致します。メーカーでなければ出来ないような細かい部分や手入れの難しい部分と言った専門的なメンテナンスはメーカーに任せ、自分でも出来るようなセルフメンテナンスは自分で行い、ウォーターサーバーの清潔さを保つ必要があります。 特に毎日のように手が触れる蛇口付近は細菌や汚れが付きやすく、それが水に混入してしまうと言うことも考えられるので注意が必要です。
ウォーターサーバーの衛生面
ウォーターサーバーの衛生面として、水質検査やどれだけ外気と遮断されているか、機器メンテナンス・製造ラインは適切に稼働しているかなどがあります。フレシャス、プレミアムベビークラブ、ベビアクア、コスモウォーター、サントリー天然水ウォーターサーバー、キララウォーターサーバー、クリクラミオの7社で衛生面を徹底比較していきたいと思います。
災害時の備蓄水にも使える!ウォーターサーバーのおすすめ
ウォーターサーバーは地震などの災害時の備蓄水にも使えるなど、普段便利なことはもちろん、いざという時にも便利に使うことができます。人間に必要な水の量は、1日あたり3リットルと言われています。目安としては1日あたり3リットルを人数分、3日分を用意しておくとよいです。ペットボトルで用意すると場所をとりますが、ウォーターサーバー用の水ならコンパクトですから、置き場所に困りません。
ウォーターサーバーをお得に乗り換える方法
ウォーターサーバーは乗り換えするにも解約金という制約があるため気軽に乗り換えという事ができなくなっています。なのでできるだけ解約金による負担を軽くするような形で契約をしていき、自分の体にあったウォーターサーバーを継続利用していくようにしましょう。
ウォーターサーバーと水道水の違い
水道の蛇口をひねればそのまま飲むことのできる安全な水が供給されることは水道水の最大のメリットです。一方、ウォーターサーバーを設置することで、水だけでなくお湯もいつでも好きなだけ利用できるのは特に小さな子供などのいる家庭にはうれしいことで、飲み水としての味わいも水道水よりもはるかにおいしさを感じさせるものだと言われています。
調乳にウォーターサーバーが便利過ぎる!
赤ちゃんが生まれると生活のリズムがすべて赤ちゃん中心になります。夜中でもおなかをすかして赤ちゃんが泣いているときにはどんなに眠くても起き出してミルクづくりをしなければならないため、新米のお母さんの多くは寝不足に悩まされると言われています。夜中の調乳作業の負担を少しでも減らすために、ウォーターサーバーを活用してみるのもとても合理的でおススメです。
ウォーターサーバーと水道水の違い
世界に誇る高い浄水技術を持つ日本の上水道は、水道水の蛇口をひねればいつでも飲むことのできる水を全国どこでも提供できるようになりました。最近ではウォーターサーバーが一般家庭にも広く普及するようになりました。飲み水としては薬の匂いや安全性が気になっていた水道水に比べ、産地によって味わいや含有成分も異なり様々なおいしい水を好きなだけ味わえるのがウォーターサーバーを設置することの最大のメリットです。
ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較
ウォーターサーバーと浄水器の気になるコスト、設置スペース、水の品質について比較しました。安全で美味しい水を飲むために、ご家庭に合った浄水器・ウォーターサーバーを選びましょう!

 
TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター