ミネラルウォーターを粉ミルクに使用する時の注意点

ミネラルウォーターを粉ミルクに使用する時の注意点

新生児

赤ちゃんのご飯である母乳や粉ミルクは、成長に欠かせないものです。
母乳なら問題ありませんが、粉ミルクを利用する場合には気になるのは水だと思います。

 

一般的に粉ミルクには水道水で良い

一般的に粉ミルクに使用する水は、ミネラルウォーターではなく水道水で十分だとされています。水道水はカルキなどが心配だという場合でも、きちんと沸騰させれば加熱殺菌することができ、カルキも抜けていきます。

 

水道水で十分ですが、沸騰させて冷ました白湯は保存がきかず、そのまま放置しておくと雑菌が増えてしまうことも考えられます。
水道水を赤ちゃんに与える場合には、できるだけその都度お湯を沸騰させてから新鮮な白湯を使うように心がけていきます。
沸騰させて加熱処理すれば飲み水やミルクには問題ありませんが、水道水が不安だという場合にはミネラルウォーターでミルクを作っても良いとされています。

 

煮沸消毒は20分以上が目安

また、煮沸消毒する事で塩素は飛びますが、その後にトリハロメタンと言う発がん性物質が出てくるので沸騰したら、蓋をあけた状態で20分程度続けてお湯を沸かしてください。

 

赤ちゃん用の水が良い

市販の水で粉ミルクを作る場合には、赤ちゃん用の水で作ることが理想的です。
赤ちゃん用品店や薬局などで販売されている水で、種類もたくさんあります。
この専用の水はほとんどの場合純水で、ミネラルや不純物などが取り除かれて加熱殺菌されているため安全な水になります。

 

煮沸処理することなく熱湯で溶かしたミルクにそのまま溶かして使うことができ、煮沸して湯冷ましを作る必要がないというのがメリットです。
外出時に携帯して使うこともできます。

 

市販のミネラルウォーターも良い

粉ミルクを作る時には、赤ちゃん用の水ではなく市販のミネラルウォーターの純水で作ることも可能となっています。
純水はろ過することによって塩素やカルキ、雑菌やミネラルなども除去しているため赤ちゃんの体に負担のかからない水で、ミルクの味や成分に影響が出る心配もないのが特徴です。
純水のミネラルウォーターが手に入らないという場合には、軟水のものを選ぶことが大切です。

 

選び方はウォーターサーバーと同じ

この選び方はウォーターサーバーを利用した時にも同様です。
最近では調乳に利用できるウォーターサーバーも増えてきているため、さほど心配いすることはないと考えられます。
水を確保するためにはペットボトルを購入するか、ウォーターサーバーで水を届けてもらうかという方法が挙げられます。
産後の体力の落ちている時期に赤ちゃんを連れて重いペットボトルを購入して運ぶというと一苦労です。そのため水を届けてもらうことのできるウォーターサーバーが人気となっています。
ウォーターサーバーなら、いちいち水を沸かさなくても大丈夫というのもメリットです。

 

粉ミルクの水は総合的に判断を

水を購入する場合には、安全性や硬度だけではなく、運びやすさやコストなど総合的に考えてから選ぶことをオススメします。
離乳食が始まるとどうしても水分不足になりがちになってしまうのも赤ちゃんの特徴です。
離乳食が始まった途端便秘になってしまう子もいるため、注意して与える必要がありますが、そんな時に与える水も硬水ではなく軟水を与えていきます。

 

また、赤ちゃんの水分補給の基本は母乳やミルク、白湯が基本ですが、離乳食が始まればお茶などを飲む機会も増えてきます。
そんな時にもミネラルウォーターを利用する時には軟水であることが重要です。
カフェインレスの麦茶やタンポポ茶などを選んでいき、胃や腸、腎臓に負担がかからないように気をつけていきます。
ミネラルウォーターの多くは防腐剤や保存料が入っていないため安全に飲むためには、開封後は必ず蓋をして冷蔵保存をします。
未開封なら賞味期限内であれば常温保存できます。

page top