新生児におすすめのミネラルウォーターは?新生児は内臓が未発達

新生児におすすめのミネラルウォーター

新生児

昨今、水に対する関心は高くなりつつあります。
今ではペットボトルの水を購入する方が増えてきました。
大人はもちろんですが、とくに新生児を育てる親御さんにとって我が子に飲ませる水選びにこだわる方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、新生児に水を与える際は、十分な知識を持って慎重になることが大切です。
そもそも赤ちゃんは生後半年までは、基本的に母乳もしくはミルクだけで問題ありません。
なぜなら、成長に必要な栄養や水分は母乳やミルクで摂取しているからです。
ただし、夏場など汗をたくさんかく時期は足りない水分を補給する際に水を与えてください。

 

水を与え過ぎると母乳やミルクを飲まなくなり、必要な栄養を摂取できなくなります。
また新生児に水を与えるときは、十分な配慮が必要です。

 

日本の水道水はカルキが含まれているため、胃腸が未発達の赤ちゃんに与えると負担になることがあります。
そのため、与える水は水道水を煮沸したもの、もしくはミネラルウォーターを選ぶと安心です。
ただしミネラルウォーターといっても、どれでも良いわけではありません。

 

ミネラルウォーターには硬水と軟水があり、それぞれ含まれる成分や特徴に違いがあります。
硬水にはカルシウムやマグネシウムなどの成分が豊富に含まれており、内臓が未発達の新生児に飲ませると下痢や腹痛などを引き起こす可能性があります。
カルシウムやマグネシウムが含まれている水は美容や健康に良いと言われていますが、赤ちゃんに与えてはいけません。
大人が飲んでも問題ないのは、内臓機能が十分に発達しているからです。
決して新生児には、与えないようにしましょう。

 

また、新生児のミルクを作る際にミネラルウォーターを使用する場合も、硬水は避けてください。
ミルクには新生児が成長に必要な栄養を摂取できるように、栄養バランスを考えて作られています。
そのため、マグネシウムやカルシウムが含まれている硬水を使用すると栄養の過剰摂取になり、体調を崩すことがあります。

 

対して軟水は硬水と比べると、マグネシウムやカルシウムの含有量が少ないのが特徴です。
そのため、水分補給やミルクの調乳にも使用できます。
二つのミネラルウォーターの基準はWHO(世界保健機関)が定めており、120mg/L以下が軟水、120mg/L以上が硬水です。
新生児にミネラルウォーターを与える際は、この基準値をチェックするとよいでしょう。

 

新生児にミネラルウォーターを与える時期

また新生児にミネラルウォーターだけを与えるのは、離乳食を始めた頃がベストです。
ただし、この時期も与えるミネラルウォーターは軟水にしましょう。またミネラルウォーターを与えても良い時期ではありますが、最初はなかなか飲んでくれない新生児が多いです。
理由としては、新生児の頃から味のある母乳やミルクを飲んできた為、味のしないミネラルウォーターに慣れていないからです。

 

硬水は3歳を過ぎてから

まずは少しずつ慣れさせてから、飲ませていくとよいでしょう。
硬水のミネラルウォーターは、3歳頃から飲んでも大丈夫です。
3歳になれば内臓も発達して、摂取した栄養素を分解・吸収できるようになります。

 

新生児には60mg/L以下のミネラルウォーターを

軟水のミネラルウォーターは一般的に販売しているため、比較的容易に入手できます。
しかし、販売されているミネラルウォーターには様々な種類があるため、選び方には十分な注意が必要です。
軟水は120mg/L以下と定義されていますが、新生児にあげる場合はできるだけ硬度が低いものを選びましょう。

 

硬度が低いほど、赤ちゃんへの負担は軽くなります。
目安としては60mg/L以下のものを選んで与えてください。またミルクを作る際も60mg/L以下が良いでしょう。
一般的にミルクは水道水を作ることを前提としており、日本の水道水は60mg/L程度となっています。
そのため、60mg/Lを使うことで栄養バランスがよく、赤ちゃんにも負担が少なくなります。

 

温度は20度前後がベスト

ウォーターサーバー

またミネラルウォーターを与える際は、温度にも十分な配慮が必要です。
ご家庭によっては保存のために、水を冷蔵庫に冷やすことも多いかと思います。
しかし、新生児に冷えたまま与えてしまうと体調を崩す原因となります。
与える際は20度前後がベストです。
今ではミネラルウォーターはペットボトルをはじめ、ウォーターサーバーなどで手軽に使えるようになりました。
しかし、なにを使えば良いのか迷う方も多いことでしょう。
ウォーターサーバーやペットボトルの水には、新生児用のものもあります。
なにを使えばよいか迷ったときは、新生児用のものを選ぶとよいでしょう。
とくにウォーターサーバーは冷水と熱湯の両方を出せるタイプが多いため、ミルク作りの際に便利です。今では水を選ぶ選択肢が豊富にあります。
人間の60%以上は水分で構成されていると言われており、水は健康に大きく関わる要素です。
大切な新生児が健やかに育つように、ミルク作りや与える水を選ぶときは、硬度や安全面なども注意してあげましょう。

page top