妊婦・母乳と喫煙の影響。妊娠したらタバコは吸わない!

妊婦・母乳と喫煙の影響について

タバコとライター

妊娠したら、まず初めにしなければいけない事として、禁煙があります。

 

特に妊娠初期の喫煙は、早産のリスクを高くしてしまうのでタバコを吸ってはいけません。

 

本来であれば、妊娠計画をする時点で喫煙は止めるべきなのですが、喫煙が習慣化しているお母さんにとっては、なかなか難しいのも事実です。

 

タバコには4,000種類の化学物質が含まれていて、その中の200種類 以上の有害物質が含まれていると言われています。

 

ニコチンや一酸化炭素、タールなどは、体に害があるのはご存知だと思いますが、胎児や赤ちゃんにとってどのようなリスクがあるのかをご紹介していきます。

 

喫煙と妊娠の関係

喫煙には有害物質が数多く含まれています。
主な有害物質としては、ニコチン、一酸化炭素がありますが、ニコチンは血管を収縮させて、子宮胎盤循環血液量を減少させてしまいます。

 

また、一酸化炭素は血液の酸素運搬能を低下させ、組織中への酸素の放出を阻害するために、胎児は低酸素状態となります。
喫煙の影響で、胎児は健全な体重増加が妨げられてしまうのです。

 

厚生労働省によると、喫煙者の妊婦は非喫煙者の妊婦に比べて、子どもの出生体重は平均200g少なく、低出生体重児が産まれる頻度は約 2 倍高いと報告されています。

妊婦さん

また、妊婦の喫煙により、

  • 自然流産の発生率は約2倍
  • 早産率は約1.5倍
  • 周産期死亡率は約1.4倍

高くなるといわれています。

 

未熟児や早産・流産以外にも喫煙による胎児への悪影響としては、

  • 胎児奇形のリスクが2.3倍
  • 低出生体重児のリスクが1.64〜2.21倍
  • 1年以内の児死亡リスクが2.84倍
  • 突然死症候群のリスクが1.54倍

があると言われています。

 

健康な赤ちゃんに恵まれるために、妊婦の喫煙が大きな障害になっているのが良く分かります。

 

また、受動喫煙でも、35〜90g出生体重が減少するという報告があります。

 

その他、喫煙により胎児発育の阻害も多くなり、口唇裂や口蓋裂、先天性心疾患、手足の欠損などの先天性異常が増加するという報告もあります。

 

悪阻でタバコの匂いがダメになる妊婦さんも多いようですが、旦那さんも奥さんが妊娠したら、喫煙後は近寄らないなどの配慮が必要と言えます。

 

喫煙と母乳の関係

母乳育児

はっきりしている事は少量とは言え、タバコに含まれているニコチンは必ず母乳に含まれているという事。
ビズダムと言う研究者の報告では、1日に1箱(20本)以上お母さんが喫煙すると、その母乳を飲んでいる新生児・赤ちゃんは不眠・下痢・嘔吐・頻脈・循環障害などの症状が現れたと言われています。

 

また、喫煙により、

  1. 母乳中に含まれる免疫効果・知的能力増加の効果がなくなる
  2. 母乳の分泌を悪くして母乳育児期間が短くなる

という事も指摘されています。

 

母乳中に含まれる免疫効果・知的能力増加の効果がなくなる

効果が無くなる

母乳、特に初乳には、免疫物質が豊富に含まれています。
母乳から赤ちゃんがもらう免疫物質には、

  • 白血球
  • ラクトフェリン
  • グロブリンA(分泌型免疫IgA)
  • グロブリンG(IgG)

がありますが、喫煙によりこれらの免疫効果がなくなってしまいます。

 

母乳の分泌を悪くして母乳育児期間が短くなる

喫煙をする事で、母乳の分泌低下がおこります。

 

母乳を作る事で知られているホルモンに「プロラクチン」がありますが、喫煙をしているお母さんの血中プロラクチン濃度の変化を観察した研究によると、非喫煙者のお母さんと比べて喫煙後のプロラクチン分泌は遅く、その量も減少していたという報告がされています。

 

喫煙者はソマトスタチンというホルモンが増加しますが、このソマトスタチンによって母乳分泌が抑制されると考えられています。

 

また、1 日に4本以上の喫煙をしているお母さんは、非喫煙のお母さんに比べて母乳の分泌量が10〜20%低下していて、その低下はタバコの本数が多いほど著しいことが明らかになっています。

 

つまり、タバコは少量でも赤ちゃんに有害で、その本数が増える程大きな悪影響を与えるという事です。

 

赤ちゃんの受動喫煙も真剣に考えて!

受動喫煙

それ以外にも赤ちゃんの受動喫煙は問題とされていて、非喫煙の両親に比べ、両親が喫煙する家庭の小児呼吸器疾患の発症頻度は約3倍となっています。
さらに、乳児突然死症候群(SIDS)の発症頻度は、乳児の覚醒反応を遅らせるために約5倍であることが明らかにされています。

 

お母さんが喫煙をしていなくても、旦那さんや家族が喫煙をする事で、赤ちゃんは副流煙を吸ってしまいます。
副流煙には一酸化炭素と大量のアレルギー物質が含まれているので、赤ちゃんの肺炎、気管支炎、喘息のリスクを高めてしまいます。

 

このように、喫煙は赤ちゃんにとってリスクの非常に高いものになっています。
お母さんやお父さんは、出来る限り赤ちゃんを喫煙のリスクから守ってあげましょう。

 

喫煙していても授乳はした方が良い

授乳中のお母さんは可能であれば、禁煙した方が良いのは間違いありません。
しかし、喫煙をしていたからと言って、授乳を止めた方が良いと思うのは、早計です。

 

以外に思うかもしれませんが、喫煙をしているお母さんでも母乳をあげる方が望ましいと言われています。

 

実は、副流煙によって生じる

  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 喘息
  • SIDS

のリスクは母乳育児をすることで下げることができるからです。
アメリカ小児科学会によると、母乳をやめるくらいなら、タバコぐらい吸っても良いと言っています。

 

赤ちゃんが受動喫煙した場合、母乳育児の赤ちゃんはミルク育児の赤ちゃんと比べて、肺炎や喘息といった呼吸器感染症のリスクが7分の1になると言われています。

 

SIDSに関しても両親が喫煙している場合、ミルク育児の赤ちゃんと母乳育児赤ちゃんを比べると、ミルク育児の赤ちゃんの方がSIDSのリスクが4.8倍高くなると言われています。

 

また、授乳中タバコを吸っていた母親からの母乳栄養児は、粉ミルクでタバコを吸っていた母からの児と比較して、急性の呼吸器疾患にかかる頻度が少ないという報告もあげています。

 

そのため、喫煙をしながらでも、母乳育児をする方が望ましいのです。

 

喫煙しながら母乳育児をする時の注意点

母乳育児をしているお母さんがどうしても禁煙出来ない場合でも、次の点に注意しながら喫煙をしましょう。

 

  • 赤ちゃんのいる部屋では吸わない
  • 喫煙後、一定時間空けてから授乳する
  • 吸い殻の誤飲事故にも気を付けよう
  • 可能ならニコチンパッチに変える
赤ちゃんのいる部屋では吸わない

空気清浄機

副流煙による受動喫煙は赤ちゃんにとって、大きなリスクとなります。
喘息やアレルギー、SIDSのリスクを下げるためにも、喫煙する時はベランダなどに出て吸うようにして下さい。

 

厳密にいうと、喫煙後30分経っても、呼気からは有害物質が出ていると言われています。
そのため、空気清浄機を常にONにしておくようにした方が良いでしょう。

 

喫煙後、一定時間空けてから授乳する

時計

喫煙をしているからと言って、母乳育児を止めるのではなく、喫煙後時間をあけてから授乳するのが望ましいと言えます。
どれくらい喫煙後時間を空ければ良いかですが、喫煙することで母乳中のニコチン濃度は、母親の血清中の1.5〜3倍に達し、その半減期は血清中と同様に60〜90分と言われています。

 

少なくても喫煙後1時間〜1時間半は間隔を空けてから授乳するようにして下さい。
喫煙のタイミングは、授乳が終わったら吸うのが、次の授乳までの間隔を一番あけられるので良いでしょう。

 

吸い殻の誤飲事故にも気を付けよう

たばこの吸い殻

最近は喫煙率自体が少なくなってきたので、ニュースにはあまりなっていませんが、以前はタバコの吸い殻を赤ちゃんが飲み込む「誤飲」が問題になっていました。

 

タバコの吸い殻は、必ず赤ちゃんの手の届かない場所に隔離するようにしましょう。

 

可能ならニコチンパッチに変える

ニコチンパッチ

喫煙者はニコチン中毒になっています。
そのため簡単に禁煙を出来ないのですが、可能であればニコチンパッチをするのがおすすめです。
母乳内のニコチン濃度は喫煙するのと変わりませんが、それ以外の一酸化炭素やタールの悪影響を受けずに済みます。
吸い殻の誤飲の心配もないので、母乳育児をされている喫煙者のお母さんは是非検討して下さい。

 

 

加熱式タバコは妊婦・母乳にどう影響するか

アイコス

最近増えてきている加熱式タバコ(アイコス・グロー・プルームテック)などですが、妊娠中や母乳に影響があるかと言うと、もちろんあります!
胎児や赤ちゃんに影響がある主な物質は「ニコチン」「一酸化炭素」「タール」ですが、ニコチンの濃度は、紙巻きたばこも加熱式タバコも同等程度含まれていると言われています。

 

そのため妊婦さんが加熱式タバコを吸う事は望ましくなく、母乳育児をされているお母さんも紙巻きたばこ同様に授乳する時には、時間を空ける必要があります。

 

しかし、加熱式タバコに何のメリットもないのかと言うと、そうでもありません。

 

加熱式タバコは、一酸化炭素やタールと言った有害物質が紙巻きたばこよりもかなり少なくなっています。
お母さんの体には、加熱式タバコの方がましと言えますし、副流煙などの被害が少ないので、母乳育児をしているお母さん、お父さんが吸うのであれば、加熱式タバコの方がまだましと言えます。

 

しかし、加熱式タバコよりもニコチンパッチの方が赤ちゃんにとってのリスクは少ないと考えられます。

 

タバコはアルコールと同様、赤ちゃんや胎児に悪影響を及ぼすものです。
赤ちゃんのためにも、妊娠・母乳育児中は、喫煙は控えるようにしましょう。

page top