2016-07

ウォーターサーバー

赤ちゃんの授乳は回数と量が重要なポイント!授乳後に泣いたり寝る事も

赤ちゃんの授乳につては、授乳回数と間隔が重要です。授乳の回数は、1日8~12回程度が良く、授乳は3時間おきが良いとされています。但しこれはミルクの場合で、母乳はほしがったら何度でもかまいません。赤ちゃんに上手に授乳させるには、授乳姿勢と抱き方を工夫することです。負担がある抱き方をしていると、赤ちゃんも母乳を飲みづらくなるので、背もたれやひじかけの椅子を利用すると良いです。
赤ちゃんの成長

ミルクを吐き戻さないために必要な赤ちゃんのゲップ

ゲップが赤ちゃんに必要なのは、ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるためです。また、飲んだミルクを吐き戻さないようにする役割がゲップにはあります。赤ちゃんは、気管が詰まりやすいので、息苦しくならないようゲップは必要なのです。空気がお腹を圧迫しないようにする意味合いもあります。
赤ちゃんの生活

呼吸困難や心臓の障害によって起こりやすい赤ちゃんのチアノーゼ

赤ちゃんのチアノーゼというのは、紫藍症、青色症と言われているもので、青紫色になります。唇や爪に表れやすい症状で、二酸化炭素が増加することで起こります。呼吸困難や心臓の障害によって起こりやすくなると言われています。おっぱいを吸って呼吸がしづらいと息が十分にできず、赤ちゃんがチアノーゼになることがあります。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの咳に玉ねぎが万能な理由【置き玉ねぎ】で驚くほど咳がとまる!

赤ちゃんの席が止まらない時には置き玉ねぎをすると驚くほど簡単に止まります。但し赤ちゃんの咳が止まらない時の注意点は、病気の可能性を疑うことです。咳の原因で多いのは、ウイルス性の風邪ですが、咳が止まらず、長引く場合は、受診して適切な処方してもらう必要があります。咳が長引くようであれば、他の原因も考えられるので、重症化する前に、医師に診断を仰ぐことです。肺炎の可能性があります。
赤ちゃんの生活

赤ちゃんの湿疹と水道水の意外な関係

赤ちゃんの湿疹と水道水の関係は、水道水に含まれている塩素にあります。有害な成分が、湿疹を招くのです。赤ちゃんの湿疹の対処法は、とにかく肌を清潔に保ってあげることです。湿疹は、汗や皮脂などが皮膚に溜まることが原因なので、皮膚に溜まった皮脂をしっかり洗い流し、拭き取って清潔にしてあげることが大切です。おすすめは、毎日の沐浴です。
赤ちゃんの生活

水道水や果物まで。意外と知らない赤ちゃんのアレルギー

最近は、アレルギーである可能性がある子が増えているので、赤ちゃんは十分注意しないといけません。アレルギーが出ないようにするには、離乳食は焦らずゆっくり慣れさせることが大切です。水道水が原因で出るアレルギーは、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息などがあります。果物にもアレルゲンとなるものがあり、それは、キウイやバナナ、モモなどです。
ウォーターサーバー

赤ちゃんに水を飲ませるのは胃腸が発達し始める生後3ヶ月以降

赤ちゃんに水を飲ませる時期は、新生児以降で、おなかの調子などに気をつけながら、20mlくらいの少量の水を少しずつ飲ませていくことです。その際、冷たい水ではなく、ぬるめの白湯がおすすめです。水の飲みすぎで母乳やミルクの摂取量が減ると、赤ちゃんに必要な栄養が足りなくなるので、くれぐれも飲ませる量には注意しないといけません。
赤ちゃん・妊婦さんの病気

塩素・トリハロメタン・鉛まで・・水道水が赤ちゃんに与える悪影響

水道水には、鉛や塩素、環境ホルモンの問題もあります。鉛は体内に取り入れられると、どんどん蓄積されてしまう恐ろしい物質なので、赤ちゃんには飲ませない方が良いでしょう。日本の水道水は安心で、問題ないとされています。しかし一方で、国が定めた基準値を上まっていない放射能が検出されたり、環境汚染の影響もあって、水質がしっかり保てていない可能性もあります。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの便秘とミルク・母乳・離乳食の関係。白湯や砂糖水で水分補給がおすすめ!

赤ちゃんの場合、数日ウンチが出なくても柔らかいものであれば、便秘とは言いません。しかし赤ちゃんのお腹が張って苦しそうであったり、泣きながらいきむようであれば、ウンチを出してあげる手伝いをしてあげる必要があります。赤ちゃんの便秘解消法としては、白湯がおすすめです。
赤ちゃん・妊婦さんの病気

赤と白のうんちは危険信号!赤ちゃんの下痢

赤ちゃんの下痢については、それほど心配する必要はないのですが、健康のバロメーターの1つであるのも事実です。ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合、うんちは、かなり緩くなります。赤ちゃんのうんちは、もともと下痢っぽいものが多く、うんちの色が、黄色、黄色寄りのクリーム色、緑色、つぶつぶの混じったものであれば心配はありません。