2018-02

ウォーターサーバー

赤ちゃんの人気粉ミルク口コミ比較:ほほえみ・すこやか・はいはいetc.の特徴をご紹介

粉ミルクの安全性は厚生労働省の「母乳及び乳児用調製粉乳の成分組成と表示の許可基準」によって成分やカロリー、タンパク質、脂質、炭水化物、各種ビタミン、各種ミネラルが細かく決められています。そのため日本製の粉ミルクはどこのブランドも基本的な安全基準は満たしています。しかし味や粉ミルクの溶け具合、使い勝手などはブランドごとに異なりますし、赤ちゃんによっては便が柔らかくなったりする事もあるようです。粉ミルクでおすすめのブランドと言えば「ほほえみ」「すこやか」「はいはい」の3つですが、それ以外にもアイクレオ、はぐくみ、ぴゅあがあります。メーカーとしては和光堂、雪印も有名です。
ウォーターサーバー

市販されている軟水・硬水の硬度と特徴。軟水・硬水ミネラルウォーターおすすめ5選をご紹介!

軟水と硬水の具体的な違いは、ずばり硬度の数値です。これは水1リットルあたりに含まれるマグネシウムやカルシウムの濃度のことで、120mg未満の場合は軟水、それ以上含まれる場合は硬水と定義されています。日本人は体質的に軟水の方が身体に適していると言われています。市販されている軟水・硬水の硬度と特徴。軟水・硬水ミネラルウォーターおすすめ5選をご紹介しますので、赤ちゃんの水選びの参考にして下さい。
ミルク

おしりふきのコスパ比較ランキングおすすめ10選!赤ちゃんの肌に優しくコスパも抜群!

おしりふきのコスパが高いのは、スマートエンジェルと【Amazon.co.jp限定】 純水99% おしりふき 「ポチ」の2種類。但し敏感肌の赤ちゃんであれば、パンパースのように水が99.9%のおしりふきの方がトラブルが少ないと言えます。また厚手おしりふきは、一回で綺麗に拭き取れるので値段に比べるとコスパは良くなっています。
ウォーターサーバー

妊婦の水分補給は水道水で本当に大丈夫?塩素が諸外国と比べて多い日本の水は危険!

妊婦さんが飲む水は、胎児の成長に大きく影響を与えます。 日本の水道水は検査基準が厳しいので大人の飲料水としては問題ありませんが、諸外国と比べると塩素濃度が高くなっています。塩素やトリハロメタンは、妊婦さんの流産リスクを高めると言う研究結果もあるので、浄水器やウォーターサーバーを活用しましょう。
ミルク

新生児ミルクのおすすめ10選!母乳ではなくミルクにする事のメリット・デメリットとは!

新生児・赤ちゃんの粉ミルクは、厚生労働省の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」が定められています。新生児に与えるミルクをどんな物にするかという事はお母さんであれば一度は悩む事ではないでしょうか。昔はミルクの種類もそれほど多くはありませんでしたが、現代では新生児用のミルクも種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。ミルクの成分はメーカーによって異なるために、母乳に近づけているとは言っても味にも違いがあります。そのため新生児の赤ちゃんの好みの味でないと飲んでくれない事もあります。こちらでは新生児向けミルクのおすすめを厳選して10選ほどご紹介しましょう。
赤ちゃんの生活

赤ちゃんの保湿ベビーローションのおすすめ6選!アトピーなどデリケートなお肌の対策に

赤ちゃんにおすすめのベビーローション6個をご紹介!生まれたばかりの新生児は「胎脂」で覆われているので肌トラブルが少ないですが、2~3か月経つと3分の1に減少します。そのため毎日ベビーローションで保湿してあげないと肌トラブルの原因になります。ベビーローションを使う時は、体のしわを伸ばして耳の裏や首筋までしっかり保湿してあげましょう。
ウォーターサーバー

外出時はミルクを湯冷ましで作ると便利!赤ちゃん用ミネラルウォーターのおすすめ3選!

外出時のミルクは湯冷ましを持っていくと、水道がなくても人肌に冷ませるので便利です。水道水であれば、煮沸して塩素を飛ばして冷ましたものを冷蔵庫で保存します。軟水のミネラルウォーターであれば、そのままミルクの湯冷ましとして使う事が出来ます。
ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクを電気ポットで作る時の方法とおすすめ3選!

電気ポットでミルクを作る時には、サカザキ菌などを殺菌するために70度以上のお湯を使い、内部は毎日掃除をしましょう。ミネラルウォーターを使うのであれば塩素の心配はありませんが、水道水を使う場合には「カルキ抜き」機能が搭載されている電気ポットがおすすめです。
ウォーターサーバー

ミルクを作り置きする方法と温めなおしの注意点(厚生労働省推奨)何時間なら大丈夫?

ミルクの作り置きは、常温で2時間以内、冷蔵庫で保存をするのであれば24時間以内と厚生労働省のガイドラインに記載されています。但しミルクの作り置きは、不衛生になりがちなので基本的には推奨されていません。ミルクを簡単に作る方法としては、カルキ抜きが出来る電気ポットやウォーターサーバーが便利です。
ウォーターサーバー

ミルク混合育児の方法|間隔や飲ませる量はどうすればいい?

ミルク混合育児をする時は、ミルクの方が腹持ちが良いので先に母乳を飲ませるようにします。また、夜間だけミルクにすると乳腺炎になる事もあるので、注意しましょう。ミルク混合にする事で、保育所に預けやすい、お父さんが育児に参加しやすいなどのメリットもあります。