赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

赤ちゃんの歯磨き ウォーターサーバー

歯のお手入れは、赤ちゃんのうちからしっかりとしておきましょう。

赤ちゃんの歯が生え始める時期は個人差があるため一概には言えませんが、いつから歯磨きを行った方が良いかと言うと、生後半年して下の前歯が生えてくるということが多いようです。

離乳食もこの時期から始めるという事が多いので、母乳やミルク以外を口にするために歯に汚れがつきやすい時期でもあります。

歯磨きもこの時期から行うようにすると、しっかりと歯を守ることが出来ますよ。

赤ちゃんの歯磨きではガーゼを使おう


 歯がしっかりと生えてきたら、歯ブラシを使用して歯磨きを行います。

しかし歯が生え始めたばかりの赤ちゃんには、歯ブラシではなくガーゼを使用するようにしましょう。

赤ちゃんは虫歯になりにくい

新生児

その理由としては、赤ちゃんは大人に比べて唾液の分泌量が多い事があります。

個人差はあるものの、生え始めの歯が虫歯になるということはほとんどありません。

特に最初に生えてくる下の前歯は唾液による自浄性も高いため、ガーゼを使用して歯の裏表を優しく拭くだけでもキレイにすることが出来ます。

この時、無理に汚れを取ろうと力強く行う必要はありません。

あくまでも優しく、ミルクカスや離乳食の残りを拭ってあげるだけで十分です。

赤ちゃんの口の中は柔らかく敏感であるため、いきなり歯磨きをしようとすると嫌がることもあります。

しかし、ガーゼ磨きであれば赤ちゃんが寝ている間に行うことが出来ますので、負担をかけることなく行うことが出来るということもメリットということが出来るでしょう。

起きている時に行う場合には、スキンシップを取りながら行うことで口に触られることに対する抵抗感を少なくすることが出来ます。

最初はガーゼを使用しますが、次第に歯ブラシに移行していき、口の中にものが入ってくることに抵抗感がなければ、歯ブラシへもスムーズに移行をすることが出来ますよ。

基本的なガーゼ磨きの方法

ガーゼ磨きを行い始める時期としては、下の歯が2本生えた頃からとなります。

そして、上下の前歯が生え揃った時点で本格的にケアをすることになります。

歯ブラシを嫌がるという場合には、ガーゼ磨きを行いつつ、デンタルフロスと併用することで汚れを残さずにケアすることが出来ます。

歯磨きは1日5回~6回

ガーゼを使った歯磨きは1日5~6回ほど行いましょう。

授乳後・離乳食後はもちろんのこと、就寝前にもケアを行うことにより口の中を清潔に保つことが出来ます。

基本的な方法は、赤ちゃんを膝の上に仰向けの状態で寝かせます。

使用するガーゼは大きすぎると扱いにくいため、小さくカットし水もしくはぬるま湯で湿らせておきます。

ケアをする時には、人差し指に巻き付け、歯を前後から優しくつまむようにして拭いてあげます。

赤ちゃんの歯は小さく、口の中はデリケートですので、歯茎や上唇の内側にある小帯というヒダを傷つけないようにして行うことが大切です。

ガーゼは使い捨てにする

使用するガーゼは、蛍光剤や消毒薬が使われていない赤ちゃん専用のものを選ぶようにしましょう。

ガーゼは抵抗力が低い赤ちゃんの口の中に入るものです。

洗濯をして何度も使用するという方法もありますが、衛生的なことを考え、何度も使用せずに使い捨てにしましょう。

歯のケアを嫌がった場合の対処法

スムーズに最初から歯磨きをさせてくれる赤ちゃんもいますが、中には嫌がる赤ちゃんもいます。

そのような場合の対処法としては、

  1. 姿勢を変える
  2. 短時間で終わらせる
  3. 口に触る事に慣れさせる
  4. 出来たら褒める

と言った事があります。

1.姿勢を変える

赤ちゃんが好む姿勢を探すようにしましょう。

授乳のような体勢や赤ちゃんを立たせた状態で後ろから抱くようにするなど、好む姿勢は赤ちゃんによって異なりますので、負担のない姿勢を探してみましょう。

2.短時間で終わらせる

そして、一生懸命に磨こうとすると時間が長くなってしまいます。

長時間のケアは赤ちゃんが飽きてしまい、嫌がる可能性がありますので、歌を歌うなど楽しみながら磨いてあげることも大切です。

3.口に触る事に慣れさせる

歯を上手く磨くことが出来なかったという場合、無理矢理にやろうとするのは逆効果となります。

そのような場合には口の周りを綺麗にするなど口を触られる事に慣れさせることから始めていきます。

4.出来たら褒める

赤ちゃんは歯を磨くことの大切さを理解することが出来ているわけではありません。

赤ちゃんにとっては、何をされているのか分からない状態です。

そのためしっかりと磨くことが出来たら、たっぷりとたくさん褒めてあげましょう。

褒められることにより、歯磨きは楽しいものであると感じられるようになります。

一度嫌がられてしまうと、いつまでも嫌がってしまい、歯ブラシによる歯磨きも行うことが難しくなる可能性がありますので、注意をしましょう。

水を飲ませて口の中を清潔に

湯冷まし

また、離乳食を食べた後には少し水を飲ませる練習も始めるようにしましょう。

赤ちゃんは母乳やミルクで水分を取る事が出来ますが、離乳食が始まると水分が足りなくなって便秘になる赤ちゃんもいます。

また、ガーゼの歯磨きが苦手な赤ちゃんは、歯に汚れが付着しやすい事もあるので、水を飲ませる事で便秘予防と口の中を清潔に保つようにしましょう。

飲ませる水は水道水であれば、煮沸して冷ました「湯冷まし」を、ウォーターサーバーであれば冷水に温水を加えたものをそのまま飲ませても大丈夫です。

まとめ

乳歯は生え変わるためケアをしなくても良いというわけではありません。

赤ちゃんの頃から歯磨きを行うことにより歯を守ることにも繋がりますし、歯を磨くことに対する抵抗を少なくすることが出来ます。

赤ちゃんの歯磨きは親が行う必要があるため、お互いが負担を感じない程度にゆっくりと心に余裕を持って行うことが大切です。

まずは、歯ブラシではなくガーゼを使用して口の中を触られるということに対して抵抗がないようにしていきましょう。

コメント