赤ちゃんに白湯は飲ませるの?タイミングやメリットとデメリット&作り方をご紹介!

水 ミルク

赤ちゃんに白湯を飲ませる必要はある?お風呂上がりはあげるもの?

お風呂

年配の世代からの育児のアドバイスの一つに、「風呂上りに白湯を飲ませる」といったものがあります。

昔は赤ちゃんのお風呂上りに水分補給のため白湯を飲ませるのが一般的でした。

ただ現代では病院や産婦人科にて白湯を飲ませる事が推奨されている訳ではなく、どちらにすれば良いのか特に初めての赤ちゃんのケースでは迷うところです。

実際、赤ちゃんに白湯を飲ませる事についてはメリットとデメリットの部分があります。

赤ちゃんに白湯を飲ませるメリット

赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットはまず水分補給になる事です。もちろん母乳やミルクなどでも水分補給は出来ますが、暑い時期やお風呂上りに飲ませる事で口の中がさっぱりします。

さらに発熱や下痢など体調不良の時も安全に不足しがちな水分を与える事が出来ます。

他には、母乳やミルク以外の味に慣れさせる事で離乳食が始めやすくなります。母乳やミルク以外の味を初めて体験するには、身体に負担がかからない白湯は最適です。

さらに離乳食が進むと便秘がちになる赤ちゃんが意外とたくさんいます。
母乳やミルクを飲む回数が減るため、水分補給の機会も少なくなり便秘になってしまうようです。
そのため、離乳食の時に一緒に白湯を飲ませることで腸に刺激が与えられ便秘が解消されるという効果が得られます。

また完全母乳で育てている赤ちゃんには哺乳瓶に慣れさせる良い機会になり、上手に白湯を取り入れる事で授乳間隔の調整が出来るようになります。

外出時の水分補給も白湯を飲めるようにしておけば手軽に済ませることができ、お母さんの負担も減らせるというメリットがあります。

さらに風邪をひいたりして粉薬を処方された時に、白湯が飲めるようになっていればすんなりと飲ませることができるはずです。

赤ちゃんに白湯を飲ませるデメリット

一方デメリットですが、まず挙げられるのがコストがかかる事です。
そもそも白湯とは一度沸騰させたお湯を飲める程度まで冷ましたものを言います。この際、天然水や赤ちゃん用の水、ウォーターサーバーを維持するためにはコストがかかります。

コストをかけないために水道水で作るという方法もありますが、沸騰させても完全にカルキや塩素を取り除く事は難しく、また水を沸かすための調理器具やスプーンなどに雑菌が付着している可能性もあります。

さらに早くから母乳やミルク以外のものを与えるとアレルギーを発症するリスクも高くなると言われており、離乳食を始めるまでは白湯も飲ませない方が良いという考え方もあります。

こういったメリットデメリットを踏まえて、もし飲ませるなら消化器官の発達が未熟な生後1ヶ月以内は避けるようにし、生後2ヶ月以降になってから、風呂上りなどの水分補給として少量ずつ飲ませるようにします。

そして離乳食を始める準備や便秘対策として飲ませる場合は生後5ヶ月以降を目途とします。

もし嫌がって飲まない場合は、絶対に飲まなければいけないものではないので焦る必要はありません。赤ちゃんも成長すれば、自然と水を飲むようになります。

赤ちゃんの白湯はいつから飲ませるの?

カレンダー

もし赤ちゃんに白湯を飲ませるとなった場合、いつから飲ませるのが適切かという事ですが、これはその目的によって異なります。

水分補給として白湯を飲ませるタイミング

まず水分補給のために飲ませる場合は生後2ヶ月以降が目安です。それよりも前になると、まだ消化器官の発達が未熟であるため体に負担を与えてしまうので避けなければいけません。

特に春から夏の時期には暑い日も多くみられるので、水分補給の一つとして白湯を与えると良いでしょう。

夏場にお昼寝から起きた後やお風呂からあがった後、外出して帰宅したときやたくさん汗をかいたときなど、特に普段以上に汗をかいた時に与えるようにしましょう。

離乳食に移行するために白湯を飲ませるタイミング

白湯を赤ちゃんに飲ませるタイミングでお勧めなのは、離乳食に移行する前、母乳やミルク以外の味に慣れさせるために白湯を飲ませるのは生後4~5ヶ月以降です。

汗をかいた時はもちろん、おやつのタイミングで飲ませても良いです。初めは違和感を感じて口から出してしまう赤ちゃんもいますが、毎日少量ずつ与えて慣れさせていくのがポイントです。

便秘対策に白湯を飲ませる場合

そして離乳食を開始した赤ちゃんは便秘になりやすいと言われています。
便秘対策にも白湯は効果的です、1日100~150㏄を目安に飲ませるようにします。
このようにざっくりとした目安はありますが、いつから飲ませるべきなのかは、赤ちゃんによって違いがあります。
最初から上手に飲む子もいれば、なかなか飲んでくれない子もいます。
ただ飲んでくれなくても焦る必要はなく、その子のペースに合わせてゆっくり進めていくのが大切です。

赤ちゃんの白湯の作り方

そもそも白湯とは水を温めただけのお湯の事をいいます。作り方は水を沸かしてお湯にしたら、それを人肌程度まで冷ますだけです。

水さえあれば誰でも簡単に作る事が出来ますが、使う水の種類によって作り方は異なり、また赤ちゃんに飲ませるものなので、少し気を配ってあげる必要があります。

水道水で白湯を作る方法

まず一番コストがかからず手軽に作れる水道水ですが、水道水には塩素などが含まれているため、赤ちゃんに使う際は蓋をしないで10分から15分ほど沸騰させるようにします。
また水道水にはトリハロメタンという発がん物質も含まれているのですが、これは沸騰直後に増加する特徴があります。

トリハロメタンを完全に除去するためにも必ず15分程度沸騰を続けさせる事が大事で、さらにやかんやケトルを使う際は蓋をすると有害物質が逃げないので、蓋をせずに沸騰させる事がポイントです。

ミネラルウォーターはレンジで温めて白湯を作る

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターを白湯に使う時の注意点は、ミネラル成分が多く含まれているものは避けるという事です。
赤ちゃんはまだ胃腸が未熟なため、ミネラル成分が多いと負担になってしまいます。
ミネラルウォーターを選ぶ目安として「硬度60以下の軟水」とされており、基本的に国内産のものであれば問題なく使う事が出来ます。

ミネラルウォーターの場合は、直接火にかけて沸騰させる方法だけではなく、電子レンジを使って作る方法もあります。
電子レンジでの作り方はマグカップなどの耐熱容器に適量の水を入れて30秒~1分ほど加熱し、容器から哺乳瓶に移し替えます。

ペットボトルに密閉されているミネラルウォーターの中は無菌なので、水道水のように沸騰させる必要はありません。

ちなみに大人が飲む白湯は40度から50度ですが、赤ちゃん用の白湯は35〜37℃がベストです。いわゆる人肌の温度と同じで赤ちゃんが飲みやすいからです。

細菌の繁殖などの衛生面を考えるとその都度作るのが一番ですが、面倒な場合は多めに作って電気ポットなどに入れて保管する事も出来ます。

ただし一度沸騰させるとカルキが抜けて雑菌が増えやすくなるため、作り置きしたものはその日のうちに使い切るようにします。

また、一度開封したペットボトルの水も冷蔵庫で保存し、その日のうちに使い切るようにしましょう。

ウォーターサーバーは冷水・温水を混ぜて白湯にする

ウォーターサーバー

もし家庭でウォーターサーバーを導入している場合は、軟水ならお湯も冷水も両方使えて、白湯としても安心して飲ます事が出来ます。

ウォーターサーバーのお湯も80℃~90℃と熱いため、白湯を作る時には先に冷水をコップに入れて、少しずつお湯を足して適温にするのが良いでしょう。

ウォーターサーバーの冷水・温水は共に無菌状態なので、ミネラルウォーター同様沸騰させる必要はありません。

ミネラルウォーターと違い、いつでも衛生的なお湯と水が使えるので、経済的でおすすめの方法です。

赤ちゃんに飲ませる白湯の量

赤ちゃんに白湯を飲ませる場合には、どのくらいの量を飲ませればよいのか、そしてどのような飲ませ方が適切なのかと悩んでしまう人も多いかと思いますが、

生後2か月ごろ生まれて間もないころには哺乳瓶を使って一回に20ccから30ccほどの量を与えるようにしましょう。

離乳食前の赤ちゃんの場合には50cc以下の量を、飲ませ方としては練習も兼ねてスプーンで飲ませてみるのがおすすめです。離乳食が始まっているのであれば、食事の飲み物として50ccまでの量をマグやコップなどで飲ませてあげると良いでしょう。

あくまでも絶対に飲ませなければならないものではないため、水分補給を目的と考え、赤ちゃんの様子を見ながら離乳食と同じようにゆっくりと慣れさせていくと良いでしょう。

 

赤ちゃんが白湯を嫌がって飲まない時の工夫や飲ませ方

泣いている赤ちゃん

水分補給として昔から赤ちゃんには白湯が良いとされてきました。しかし、白湯を嫌がる赤ちゃんは多く、不安になる人も多くいるのが現状です。

赤ちゃんが白湯を飲まないのにはいくつかの理由があります。その理由によって対処が変わってくるので、その理由を知ることが大切です。

普段母乳やミルクを飲んでいると、白湯は味が全くしないため嫌がってしまうこともあります。飲まないときは無理に飲ませる必要はありませんが、工夫や飲ませ方を変えることによって飲んでくれることもあります。

哺乳瓶が原因で白湯を飲まない時の対処法

哺乳瓶

母乳育児中は基本的に哺乳瓶を使わないので、哺乳瓶の口当たりを好まない赤ちゃんもいます。

そんなときは、コップやスプーン・スポイトなどで少量だけ舌に乗せてあげるようにしましょう。

哺乳瓶でなければいけない理由はありません。少しずつ味に慣れてもらうために工夫することが大切です。白湯の温度にも好みがあるので試してみましょう。

白湯自体が嫌な場合は、作った白湯に少量の砂糖やオリゴ糖を入れて味を付けてあげると飲んでくれる場合もあります。

しかし、甘い味に慣れてしまうと母乳やミルクを飲まなくなってしまうこともあるので、あげすぎないように注意が必要です。

飲んでくれないからといって、母乳やミルクを入れて慣れさせるのはやめましょう。薄い母乳やミルクまで嫌がるようになり、母乳やミルク自体を飲まなくなってしまう可能性があるからです。

お腹がいっぱいで白湯を飲まない時も

飲ませるタイミングも重要です。嫌がる赤ちゃんのなかには、お腹がいっぱいで飲みたくない場合があります。

離乳食時に飲まないのは、このケースが多いです。外出後やお風呂上りなど、のどが渇いているタイミングに変えてみるのもひとつの手です。

のどが渇いているタイミングであげると飲んでくれる赤ちゃんもいます。のどが渇いていても、そのときの気分や機嫌によって飲んだり飲まなかったりするので、あまり意気込まないようにするとストレスも溜まりません。

乳児期の水分補給は母乳やミルクで十分だといわれていますから、無理に飲ませる必要はありません。母乳やミルクを欲しがったら飲ませればいいですが、母乳やミルクも飲まずに水分補給ができないときは医師に相談しましょう。

白湯はポットに入れて保存出来る?持ち歩く時は?

ポット

赤ちゃんに飲ませる白湯は衛生的に考えるとその都度作るのが一番ですが、作り置きする場合は密閉できるポットなどに入れて常温か冷蔵保存にします。

保存する場合は1日を目安にし、その日のうちに使い切るようにしましょう。赤ちゃん用のポットもあり、お湯の温度が70度に維持されるため、ミルク作りや白湯作りに便利なグッズもあります。

自宅にいて使うのであれば、ポットじゃなくてもきちんと消毒・洗浄してあれば、使わない哺乳瓶や耐熱ガラス容器・プラスチックの水筒ややかんなどに入れておいても大丈夫です。

保存するときはごみやほこりなどが入らないように、しっかり蓋を閉めましょう。

ペットボトルに入れておくことも可能ですが、熱いお湯をそのまま入れると容器が変形したりする恐れがあるので、必ず湯冷まし(冷めたお湯)を入れるようにします。

消毒方法は哺乳瓶と同じように、煮沸したり消毒液につけておくことで簡単にできます。白湯は塩素が抜けている分、細菌が繁殖しやすいので、使う水だけにこだわらず容器もきれいにしておきましょう。

冷蔵した白湯は、そのままの温度では赤ちゃんにとって冷たすぎるので、人肌に温めてから飲ませるのが望ましいです。

電子レンジで加熱するか、新たにお湯を足して温度調節します。

お湯の温度によって飲まなくなる赤ちゃんもいるので、いつも飲んでいる温度にしてあげるのがベストです。常温の場合はそのまま飲ませても大丈夫ですが、直接口をつけずにマグやコップなどに移し替えてあげると衛生的です。

ポットなどに入れて持ち歩く際は、容器や時期によって注意が必要です。暑い夏に哺乳瓶などにいれて持ち歩くのではなく、保温・保冷機能が付いているものに入れて持ち歩くようにしましょう。

白湯と言ってももとは水なので、持ち歩く時間や温度によっては、細菌などの繁殖の恐れがあります。保冷剤を入れるなどの工夫も必要です。ポットのまま飲むのは赤ちゃんには難しいので、持ち歩きをする場合はマグやコップがあると便利ですよ。

赤ちゃんが下痢をしている時は白湯をあげた方が良いの?

赤ちゃんは消化器官がまだ未熟なこともあり、下痢を起こす頻度は大人よりも多くなりがちです。

下痢の原因は様々であり、急性腸炎やアレルギー性腸炎、胃炎やロタウィルス腸炎などの病気から些細な体調不良でも起こりえます。

いずれにせよ下痢の際には水分が大量に失われることから放置しておくと脱水症状に陥りやすく、予防のために白湯を飲ませてあげることは大切です。冷たい水と異なり、白湯であれば内臓に負担をかけることが少ないため効果的です。

また、特に新生児であればゆるいうんちが当然のため下痢であるのか否かの区別がつきにくいことがあります。

赤ちゃんは話すことができずに何かがあっても泣いて訴える方法しかありません。そのため日頃から赤ちゃんのうんちの色や臭い、回数に気を付け、機嫌が良いか悪いか、いつまでも泣き止まないようなことは無いかなど状態をよく確認してあげることが大切です。

おしっこの回数も重要で、いつもより回数が減っている時や一度の量が少ない場合は体内の水分量が減っている可能性が高いです。

体が小さい赤ちゃんはその分脱水症状に陥りやすいためすぐに水分を補給してあげる必要があります。

そして新生児であれば尚更冷たい水や生水を与えることはできません。免疫機能が十分でない赤ちゃんは生水を経由して感染症や下痢を起こす可能性があります。

そのため一度沸騰させたお湯を40度程度まで冷まし、赤ちゃんが飲めるだけ飲ませてあげましょう。機嫌が悪かったり、飲みたがらない場合には無理やり飲ませる必要はありません。様子を見ながら、適宜白湯を与えてみるようにしましょう。

乳児の場合も同様にして用意した白湯を与えると良いでしょう。離乳食が始まっている乳児であれば未熟な消化器官がまだ離乳食に慣れておらず、それが原因で下痢をしてしまうこともあります。人肌程度に温めた白湯で水分補給をすることが大切です。

もちろん、症状が続く場合や機嫌が悪い状態が続いているなど、いつもと様子が違う場合にはすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

白湯作りにおすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使うメリットは衛生的なお水で必要な時に、必要な分量だけ白湯を作れることです。

ウォーターサーバー各社では、ボトル内部や配管、タンク内を衛生的に保つために、機能面を充実してきています。

そのため、新生児や乳幼児でも安心して白湯を飲ませる事が出来ます。

サーバーを衛生的に保つ自動クリーニング機能

メーカーにもよりますが、ウォーターサーバーには「自動クリーニング機能」が備わっているものがあります。

自動的に配管とタンク内部に温水を流す事で、熱湯殺菌を行う機能です。

赤ちゃんは大人と違い、僅かな雑菌や病原菌でも体調を崩してしまいます。

ウォーターサーバーを選ぶときには、必ず自動クリーニング機能が備わっているものにしましょう。

以下で紹介しているウォーターサーバーは、自動クリーニング機能以外にも衛生面や使い勝手、コストなど赤ちゃんにお勧めとなっていますので参考にして下さい。

収縮するボトルとエアクリーンが特徴のコスモウォーター

コスモウォーターと赤ちゃん

天然水で人気の高いコスモウォーターでは、水を使うたびにその分だけボトルが収縮するようになっています。

ボトル内の水は空気に触れる事で雑菌を取り込んでしまう可能性がありますが、それを防ぐ役割を果たしています。

また、僅かに取り込む外気もクリーン処理する事で、ボトル内の水をいつでも無菌状態に保つことが出来ます。

>>http://www.cosmowater.com/(コスモウォーターホームページ)

常温水とミルク作りに適温の70℃温水が使えるフレシャススラット

フレシャススラット

オシャレなデザインで人気のフレシャススラットについている機能として、「常温水」があります。

冷たい水は美味しいですが、健康を考えると常温水の方がおすすめです。

白湯としては少し低温になりますが、衛生的な常温水をいつでも手軽に飲むことが出来るのでおすすめです。

>>https://www.frecious.jp/slat/(フレシャススラットホームページ)

赤ちゃんがいるとお得に始められるプレミアムベビークラブ

プレミアムベビークラブ

ウォーターサーバーの中には、妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭でお得に始められるプランを設けている所があります。

その中でも美味しい天然水を使用している事で人気が高いのが、プレミアムウォーターが提供している「プレミアムベビークラブ」です。

どれくらい通常のプランに比べて安いかと言うと、

  • お水代(12リットル)が通常価格は1840円に対して、プレミアムベビークラブでは、1520円
  • サーバーレンタル料金が通常価格では月額1000円かかるところが、プレミアムベビークラブでは500円

で利用出来ます。

また、無料設置サービスも付いているので、赤ちゃんがいても安心して任せられますよ。

>>https://premium-water.net/pbc(プレミアムベビークラブホームページ)

コメント

  1. […] 赤ちゃんに水を飲ませるなら、白湯がおすすめです。 白湯は水を沸騰させて冷ましたものなので、消化しやすく吸収もよいです。 赤ちゃんの胃腸に負担をかけることがありません。あるいは、ウォーターサーバーの温水に冷水を混ぜたものでも構いません。 […]

  2. […] 赤ちゃんの便秘解消法としては、白湯がおすすめです。 白湯を作る時はウォーターサーバーがあれば便利です。 […]

  3. […] 以前は白湯や薄めた果汁などを生後1ヶ月ほどから与えていた時期がありましたが、現在はこのような白湯や薄めた果汁は不要となっています。 […]

  4. […] 種も赤ちゃんにとっては喉につまらせるおそれがありますので、きれいに取り除いておきましょう。衛生環境の整った場や器具で作ることを心がけ、飲ませる前には白湯で調整して濃すぎないか味見をして与えることが基本です。 […]

  5. […] 問題なのは口内が乾いていたり、よだれが出ていなかったりする場合です。このケースでは脱水症状を起こしている可能性があるため白湯などやベビー麦茶などで水分補給をしてこまめに様子を確認する必要があります。 […]

  6. […] 白湯を作る時は水道水やミネラルウォーターであれば一度水を煮沸させてから冷ましたものを飲ませますが、ウォーターサーバーがあれば温水と冷水を足すだけで大丈夫です。 […]

  7. […] 白湯を作る時は水道水やミネラルウォーターであれば一度水を煮沸させてから冷ましたものを飲ませますが、ウォーターサーバーがあれば温水と冷水を足すだけで大丈夫です。 […]

  8. […] 白湯は作るのが面倒と感じるかもしれませんが、ミネラルウォーターを電子レンジで数十秒加熱するだけで作る事が出来ますし、ウォーターサーバーであれば冷水と温水を混ぜるだけで作れるのでお手軽です。 […]

  9. […] 女性の場合、身体が冷えやすい人が多いです。身体が冷えてしまうとトイレが近くなる原因となるので、冷たいドリンクを飲むことは避けてホットのハーブティーや白湯などを飲み身体が冷えないように気をつけます。 […]

  10. […] 妊娠中に血糖値が高くなった場合にはジュースやスポーツドリンク、コーラ、フルーツジュースなどは控えて、糖分が含まれていない麦茶や白湯、ハーブティーなどで喉の渇きを潤すように心がけましょう。 […]

  11. […] 冷たすぎる飲み物は母体を冷やしてしまうので出来るだけ避ける事と、糖分が多く含まれているジュースやコーラ、スポーツドリンクよりも麦茶やハーブティー、白湯などで水分補給をするようにしましょう。 […]

  12. […] 白湯は大量に作っておいて保存しておくということができませんので、必要な時にだけ作るようにしましょう。人肌程度にするのが基本ではありますが、暑い夏場などには多少冷やしたものを与えても大丈夫なこともあります。 […]

  13. […] そのため、少量の白湯を飲ませて上げましょう。 […]

  14. […] ミネラルウォーターと言っても硬水に相当するようなカルシウムやマグネシウムをたくさん含んでいるようなものでは粉ミルクや白湯を作ると、赤ちゃんが下痢や腹痛を引き起こす事態を招いてしまうかもしれません。それならば、水道水を浄水器で綺麗にした水の方が余程安全だと言えるでしょう。 […]

  15. […] 冷水に温水を少し足す事で身体が吸収しやすい白湯を簡単に作る事が出来るので、常温かそれよりも少し温かい水を飲むようにして下さい。 […]