1. TOP
  2. 未分類
  3. 赤ちゃんは湯冷ましをいつから飲める?ミネラルウォーター・ウォーターサーバーの簡単な湯冷ましの作り方

赤ちゃんは湯冷ましをいつから飲める?ミネラルウォーター・ウォーターサーバーの簡単な湯冷ましの作り方

 2018/03/16 未分類
この記事は約 5 分で読めます。 253 Views
ウォーターサーバーで湯冷ましを飲んでいる赤ちゃん

赤ちゃんにとって湯冷ましはとても重要な水分補給の方法です。一般的によく行われているのは一度水を沸騰させ続けてから40~50度に覚ましたものであり、昔から水分補給に利用されてきました。

赤ちゃんは新陳代謝が活発ですので大人よりもたくさんの汗をかいており、水分をこまめに摂らないと熱中症や脱水症状に見舞われることがあります。

それを防ぐには適切な方法で水分を補わなければなりませんが、あくまでも母乳やミルクを補うための方法であることを覚えておかなければなりません。

生まれたばかりの頃はまだ湯冷ましを飲ませることがありませんので、一体いつから与えたら良いのだろうかと迷うことがあります。

赤ちゃんに湯冷ましを飲ませる時期

母乳やミルク以外の水分を補助するという役割であげたい時には生後2カ月頃からというのが一つの目安になります。

赤ちゃんは一度にたくさんの量を飲めませんから、1回に10~30cc程度が適量です。与え始める頃にはスプーンでも十分な量ですし、哺乳瓶を使っても構いません。

月齢が上がると共に少しずつ量を増やすことができ、マグやコップを使って自分で飲めるようになります。新生児もたくさん汗をかきますので湯冷ましが必要なのではないかと思うことがありますが、新生児期には母乳やミルクが足りているのなら与えなくても大丈夫です。

生後2カ月の頃に与え始める時にはスプーン1杯程度であったのが、半年を過ぎる頃にはかなりの量を飲むようになります。

湯冷ましは体内で優しく吸収されますので飲むことで身体に負担をかけることがありませんし、離乳食が始まったら便秘を予防することにもつながりますので、その日の水分が足りていないと感じたら計画的に与えることをお勧めします。

身体に優しいというのは、一度沸騰させることでカルキ臭なども飛んで殺菌されているためであり、胃腸が未熟な赤ちゃんにとって負担の少ない飲み物であることは明白です。生後10カ月を過ぎる頃には欲しがるだけ与えても良いとされていますが、離乳食を食べなくなるほど飲むようなら少し調節する必要があります。

湯冷ましの正しい作り方は、やかんに水を入れて強火で沸騰させ、沸騰したらフタを取って泡が出始めたら火を弱めます。弱めた火で10分ほど沸かし続けた後は火を止めて人肌に冷ませば完成です。

これが正しい手順ではありますが、赤ちゃんに与えたい時にすぐに準備をすることができませんので、簡単に作れる方法も覚えておかなければなりません。

ミネラルウォーターで湯冷ましを作る方法

ミネラルウォーター

水道水を使う場合には一度沸騰させてカルキを抜く必要がありますので、時短で作りたい時はミネラルウォーターを利用するのがお勧めです。ミネラルウォーターをマグカップに注いで、そのまま電子レンジに1分半から20分ほどかけると人肌の湯冷ましができ上がります。

よく電子レンジを使うのはお勧めしないと言われるのは、水道水を使う場合にカルキ抜きができないためですので、ミネラルウォーターを使えば問題ありません。

また、まとめて作っておくのも良い方法であり、沸騰させたお湯をポットや魔法瓶に入れて保温しておくことで、急に与えたくなった時でも慌てずに済みます。

但し、湯冷ましも外気に触れる事で空気中の雑菌が混入してしまうので、1日経ったら古い湯冷ましは廃棄して必ず新しい湯冷ましを作るようにしましょう。

ウォーターサーバーで湯冷ましを作る方法

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーで湯冷ましを作るのは更に簡単です。

ウォーターサーバーにはお湯と冷水の両方があるので、飲ませたい時にコップにお湯と冷水を混ぜて適温にするだけで大丈夫です。

ミネラルウォーター同様、塩素などは入っていませんので、お湯は沸騰させなくても大丈夫ですし、冷水もそのままご使用出来ます。

また、魔法瓶などでは外気に触れるので何日も作り置きをする事はお勧めしませんが、ウォーターサーバーの中は無菌状態になっているので、いつでも欲しい時にすぐに安全な湯冷ましを作る事が出来ます。

このように簡単に作れる方法なら毎日与えるママの負担も減らすことができますし、コンスタントに与えることで酷い便秘になるのを防げます。

離乳食が始まる時期に湯冷ましは大切

特に離乳食が始まった赤ちゃんは、それまで飲んでいた母乳やミルクの量が減って水分が不足しがちになりますので、湯冷ましを飲ませて補給することのはとても大事なことです。

生後2カ月頃から飲み始めていつまで与えれば良いのかと疑問に持つ人もいますが、湯冷ましは赤ちゃんの時期だけでなく大人になってからも飲むものですので、いつまでに止めなければならないという決まりはありません。

赤ちゃんに湯冷ましを飲ませるタイミング

飲ませるタイミングですが、お風呂上がりや外遊びをした後、たくさん泣いた後、おしっこの量がいつもよりも少ないと感じる時などに必要だといわれています。

特に夏の間は熱中症や脱水症状に気をつけて過ごさなければなりませんので他の季節よりも多めに飲ませても良いのですが、冬場でも赤ちゃんは新陳代謝が活発でたっぷりと汗をかきますので足りなくならないように注意が必要です。

一度にたくさん与えると下痢をすることもありますので、何回かに分けることも覚えておきたいポイントです。

湯冷ましを簡単に作るために用意しておきたいものとして、赤ちゃん用に売り出されている水があります。

沸騰させずに使えるために急いでいる時に便利ですし、麦茶を作る時にも利用できますので用途は豊富です。他にも調乳用のポットは非常に重宝しますし、最近ではウォーターサーバーを取り入れる人も増えています。

ウォーターサーバーならペットボトルの水のような綺麗な飲み水をすぐに用意できて湯冷ましも出ますので、夜中や忙しい時に楽に作れると評価されています。

湯冷ましは赤ちゃんの身体にも優しいものですので、それぞれのペースに合わせて必要な時に与えることが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

ウォーターサーバーで湯冷ましを飲んでいる赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 妊娠中の便秘は切れ痔になる事も・・・ヨーグルトやリンゴ酢で頑固な便秘を解消!

  • 赤ちゃんのにおいが幸福感を与えてくるワケ。母乳の匂いしていません?

  • 妊娠中に必要な1日の水分量と飲み方について。飲み過ぎは太ったりむくみの原因になる?