水道水や果物まで。意外と知らない赤ちゃんのアレルギー

赤ちゃんの生活

最近は、アレルギーである可能性がある子が増えているので、赤ちゃんは十分注意しないといけません。
赤ちゃんがアレルギーになると喘息の薬を飲ませなくてはならなくなったりします。
また、気管支が弱いと、アレルギーになりやすくなります。

赤ちゃんのアレルギーに対しては、離乳食が肝心です。
赤ちゃんは、ミルクや母乳だけの時代より、離乳食がスタートした頃のほうがアレルギーは出やすくなります。
母乳やミルクでアレルギーが出る子は少ないのですが、離乳食は食べ物を口にするので、どうしてもアレルギー反応が出やすくなります。

アレルギーが出やすい食べ物

アレルギーを最も起こしやすいのが、卵、乳製品、小麦なので、離乳食では黄身から白身の順に進めるのが妥当です。
白身に含まれるオボムコイドがアレルゲンだからです。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、アレルギーが出やすいので、注意しておく必要があります。

赤ちゃんのアレルギーが出ないようにするには、離乳食は焦らずゆっくり慣れさせることが大切です。
早くいろいろな物を食べさせるのではなく、ゆっくりと徐々に慣らしていくことです。

赤ちゃんのアレルギーと水道水の関係

赤ちゃんのアレルギーと水道水の関係は、意外と深いものがあります。
アレルゲン以前に水道水が原因でアレルギーになることがあるので、注意しないといけません。
水道水には塩素が含まれていて、塩素は猛毒でたんぱく質や皮膚の細胞を破壊する力もあります。

塩素が含まれている水道水に触れると、肌のバリア機能が破壊されることになります。
そうすると皮膚を守っていた機能が失われ、そこに細菌などが感染して、アトピー性皮膚炎を発症させるのです。

免疫力が弱い赤ちゃんは、皮膚病に悩まされることが多いのです。
塩素は皮膚を保護している細胞に悪影響を与えるので、皮膚のバリア機能が低下することで、アトピー性皮膚炎を引き起こす可能性が高くなります。

水道水に投入される塩素は、人体には有害ではない濃度なのですが、免疫力の低い赤ちゃんは、アレルギーになりやすいのです。

水道水が原因でアレルギーになる病気

水道水が原因で出るアレルギーは、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息などがあります。
水道水が原因でアレルギーを発症している可能性がある場合は、不純物や塩素、環境ホルモンを徹底的に除去したRO水や元々アレルギーの心配のない天然水を使用しているウォーターサーバーの水を使うのがおすすめです。

赤ちゃんのアレルギーの原因

赤ちゃんのアレルギーの原因は、色々あります。
赤ちゃんの場合、果物も原因になります。

アレルギーになる果物

果物にもアレルゲンとなるものがあり、それは、キウイやバナナ、モモなどです。
赤ちゃんの場合、離乳食が始まった頃に果汁を与え始めるので、その時、アレルギーに気付くことがあります。

キウイの場合、キウイの成分であるアクチニジンの量が影響しています。
果物のアレルギーは、ゴムや植物の花粉アレルギーを持つ人に反応しやすいので、注意が必要です。
たとえば、モモにアレルギー反応が出た場合、バラ科の果物に注意しないといけません。

その他アレルギーになる原因

赤ちゃんのアレルギーの原因は、家の中にも外にも、そして身の回りの食品にも存在しています。
住宅の気密性は近年向上していて、様々なペットを室内で飼っている家庭も増えています。
ペットの毛やダニ、ゴキブリ、ハウスダストなど、たくさんの要因があるので、毎日の掃除や換気などで原因物質を減らす必要があります。

早期にアレルゲンを知るには、赤ちゃんの様子を常に観察することも大事です。食物アレルギーがある赤ちゃんの数も年々増加していて、肌のかさつき、かゆみ、湿疹下痢おう吐などの症状が多くみられます。

コメント

  1. […] 新生児の皮膚の厚さは非常に薄くて柔らかいです。刺激による影響を受けやすい状態にあるので、沐浴で清潔に維持する必要があります。 赤ちゃんが湿疹などの肌トラブルを起こすと、肌のバリア機能が低下し、アレルギーの原因にもなるので、肌トラブルを防ぐには、沐浴をすることが大事なのです。 […]

  2. […] 母乳が赤ちゃんに与えるメリットは、アレルギー予防になることです。 母乳で育てると、母乳から免疫が受け継がれるので安心です。 母乳には免疫に役立つ免疫グロブリンが豊富なので、ウイルスや真菌と結合することで増殖を防いでくれます。 そして、アトピーや喘息に対する予防効果が高いといわれています。 […]

  3. […] 刺激誘発型のじんましんとは、特定の刺激を与えたときに出来る種類のことです。 これもいくつかの種類にさらに分類化されていて、アレルギー性蕁麻疹、植物依存性運動誘発アナフィラキシー、非アレルギー性蕁麻疹、アスピリン蕁麻疹、物理性蕁麻疹、コリン性蕁麻疹、接触蕁麻疹等があります。 […]

  4. […] 育児用ミルクであれば、赤ちゃんに必要な栄養成分がしっかり入っていています。 最近では、アレルギー対応ミルクも販売されています。 […]

  5. […] 赤ちゃんが生まれて間もなく、頬にブツブツと湿疹が出てくることがあります。 とくに初めての育児となりますと、アレルギーとか何かの病気に罹ってしまったのかと心配にもなりますが、これは乳児湿疹といって大抵6か月ごろまでは頬や口元に赤い湿疹や乾燥っぽい湿疹が出てきます。 […]

  6. […] 自分自身ではどうしても対処が出来ないので、赤ちゃんの鼻が詰まっていないかどうか定期的に確認をする必要があります。 また、頻繁に鼻つまりを起こす場合は風邪をひいていたアレルギー性鼻炎であったり体調不良の可能性もあります。 […]

  7. […] 赤ちゃんはアレルギーもあるし、下手に口にするとそれこそ、命取りになる事もあるから、出来るだけ安全なものを親がしっかりと見極めないといけないですよね。 […]

  8. […] 刺激誘発型のじんましんとは、特定の刺激を与えたときに出来る種類のことです。 これもいくつかの種類にさらに分類化されていて、アレルギー性蕁麻疹、植物依存性運動誘発アナフィラキシー、非アレルギー性蕁麻疹、アスピリン蕁麻疹、物理性蕁麻疹、コリン性蕁麻疹、接触蕁麻疹等があります。 […]

  9. […] 赤ちゃんの喘息を予防する方法は、乳児喘息の場合、ほとんどの場合はアレルギーが原因なので、アレルギンとなるダニやハウスダストを減らす環境対策を徹底することが大事です。 […]

  10. […] 慢性的に続くかゆみの強い湿疹と言って良く、その原因は、アレルギーが関係していることが多いです。 […]

  11. […] 鼻の詰まりの予防が、口呼吸の予防になるので、鼻炎アレルギーの場合は、すぐに病院を受診することです。 […]