赤ちゃんのミルクに使う水はどうするの?水道水、ペットボトル、ウォーターサーバーを比較!

ミルク ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクに使うなら、水道水でも問題はありません。

と言うのも、粉ミルク製造メーカーは水道水が使われることを前提にして製品をつくっているからです。

ただし災害時などで水道水に不安があるときは、軟水のペットボトルを利用することが望まれます。

ペットボトルには軟水と硬水があります。後者は避けるようにしましょう。

赤ちゃんのミルクに使うならウォーターサーバーがおすすめ

smartプラス(コスモウォーター)

日本の水道水はほとんどがミネラル分が少ない軟水になっていますが、世界にはミネラル分の多い硬水が水道水になっている国もたくさんあります。

日本の水道水は基本的にミネラル分が低く、そうした前提で粉ミルクもつくられています。

ペットボトルやウォーターサーバーもミネラル分が低い軟水であれば、使っても問題ありません。

日本の有名なウォーターサーバーである、

  • コスモウォーター
  • クリクラ
  • アクアクララ
  • フレシャス
  • プレミアムウォーター

などは、ミネラル分が低い上に、安全性にも配慮しているので水道水よりも安心して使用する事が出来ます。

しかし、中には健康を促進する目的で飲む硬水を取り扱っているメーカーや、安全性が低いと思われるウォーターサーバーもあるので、利用する前に念には念を入れてミネラル分や衛生面をチェックしましょう。

実際のところ、水道水を赤ちゃんのミルクに使いたくないというお母さんは非常に多くいます。

その主な理由は、カルキが含まれているからです。

しかしカルキ成分は煮沸したり、一晩汲み置いたりすることでなくなります。

カルキは簡単に蒸発していきますから、ことさらに水道水を避ける必要はありません。

それよりも、ウォーターサーバーを使う事で面倒な煮沸消毒をしなくて良かったり、重い水を買いに行く手間が減るメリットの方が大きいでしょう。

海外産のミネラルウォーターに注意

ペットボトルに、外国のミネラルウォーターが使われている場合は注意が必要です。

原産国が日本であるミネラルウォーターなら、ミネラル分が低いのが普通ですから赤ちゃんのミルク用にも使えます。

しかし、外国産のミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムと言ったミネラル分が多く、そのミネラル分を消化し切れない赤ちゃんは下痢を起こしてしまうこともあります。

ミネラルウォーターは商品として流通しているくらいですから、健康効果も期待できるわけですが、ミルク頼りである幼い赤ちゃんの胃腸には、そのミネラル分が負担となる場合もあるので注意が必要です。

同じ日本人でも、大人と赤ちゃんとでは大きく異なることもあります。

外国産のミネラルウォーターを愛用する日本人も多いですが、赤ちゃんに飲ませるのは控えましょう。

井戸水は危険

井戸水

日本の水でも、井戸水は赤ちゃんには厳禁です。

おいしくてカルキも含まれず、清らかな印象もあるわけですが、まだ抵抗力のない赤ちゃんには飲ませないことです。

ボツリヌス菌やウェルシュ菌などが含まれている可能性がなきにしもあらずであり、そうした菌は煮沸しても殺菌できません。

食中毒を起こす危険な菌ですから、赤ちゃんのミルクには使わないようにしましょう。

地域によっては、胃がんを引き起こすピロリ菌に、赤ちゃんを感染させる可能性もあります。

では、市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーがどうかと言うと、これらは基本的に病原菌が混入していない水源から採水しているので大丈夫です。

また、ほとんどのウォーターサーバーのメーカーは、天然水を一度煮沸消毒してからボトリングを行っているので安心できます。

カルキを蒸発させたらすぐ使う

沸騰してカルキを飛ばしている

水道水からカルキ成分を抜いたあとは、すぐ使うのが鉄則です。

カルキは、水の消毒のために使われており、その消毒成分が消えたあとは雑菌が繁殖しやすくなります。

同じ雑菌数でも、赤ちゃんは大人よりもずっとお腹を壊しやすいので、大人が飲んで平気であっても油断はしないことです。

哺乳瓶の消毒が必要なのも、そうした理由からです。

哺乳瓶だけでなく、ミルクづくりをする大人の手指も入念に消毒する必要があるくらいです。

ウォーターサーバーを活用する

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、ミルクづくりに必要な80度~90度のお湯をすぐ出せるので、非常に便利です。

1日に何度も、70度以上のお湯を用意するというのは大変ですが、ウォーターサーバーは温度を調節する手間が省ける事が、大きなメリットと言えるでしょう。

ウォーターサーバーを使う上で温水や冷水をそのまま使用出来るのか疑問に感じる人も多いと思いますが、温水も冷水も無菌状態をサーバー内で保持しているので、どちらもミルク作りに使用する事が出来ます。

注意点としては、粉ミルクを作る時には必ず70度以上の温水でしっかりと溶かす事です。

ウォーターサーバーの温水や冷水は無菌でも、粉ミルクの中に稀にですが病原菌が混入している事があり、殺菌をする必要があるからです。

70度未満のお湯の場合、殺菌が十分に出来ない可能性があるので、必ず溶けたことを確認してから冷水で人肌まで温度調整を行いましょう。

また、ウォーターサーバーには別のメリットもあります。

災害時などに断水となっても、しばらくの間は12リットルのボトルが家にあるので、赤ちゃんのミルク作りに困らずに済みます。

もちろん常日頃からペットボトルを買い置きしておいても良いですが、その場合は賞味期限が切れないように常に新しいペットボトルを保管するか、少し割高ですが賞味期限の長い災害用のペットボトルを購入するようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんのミルクに使う水は、水道水でも問題ありません。

しかし災害時などのことを考えると、ウォーターサーバーを利用しておくのも良い方法と言えそうです。

ウォーターサーバーを使うメリットは、赤ちゃんに適した軟水が使われている事、70度以上のお湯もすぐ用意できるため便利という事、災害時でも赤ちゃんのミルクを作る水に困らない事が挙げられます。

ペットボトルにはカルシウムやマグネシウムの多いミネラルウオーターが使われていることも多いため、使用する前に成分を確認することが大事です。

硬水だと下痢してしまう可能性があるので注意しましょう。

コメント