ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

赤ちゃんの頃から歯磨きを行うことにより歯を守ることにも繋がりますし、歯を磨くことに対する抵抗を少なくすることが出来ます。まずは、歯ブラシではなくガーゼを使用して口の中を触られるということに対して抵抗がないようにしていきましょう。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの水出し麦茶の作り方について。ウォーターサーバーがあると便利!

赤ちゃんに麦茶を与えるのには様々なステップが必要です。いつから飲めるのか、作り方はどうするか、どう与えるのか。そして、大事なわが子のために安全なものを選ばなくてはいけません。水道水はカルキ抜きをする為に十分に煮沸する必要があるので、水出し麦茶は作る事が出来ません。ミネラルウォーターは赤ちゃんに負担となるミネラルが入っているので、硬度に気をつけなければいけません。そんな時に助けになってくれるのがウォーターサーバーの存在です。もちろん使用する会社がどのような水を提供しているのか事前に知っておく必要はありますが、必要な時に冷温どちらの水もボタン一つで出すことができるので、ママたちの大きな味方になってくれますよ。
ウォーターサーバー

母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

授乳中のママの体は授乳で水分が奪われるため、飲んでも飲んでも足りないくらい、体の内側から乾燥しがちです。その一方で頻尿になってトイレが近くなってしまうことも多いため、悩んでしまう方も少なくありません。しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも飲み物の摂取を控えるのではなく、体を温めるようにしたり、飲み方に工夫を凝らしたり、母乳の質や分泌を高める飲み物を摂取するように心掛けるなどして対策をとるようにしましょう。
ウォーターサーバー

赤ちゃんのお茶はいつから?ペットボトルや哺乳瓶で飲ませても大丈夫?

赤ちゃんが飲めるノンカフェインでおすすめのお茶には、麦茶、はと麦茶、ルイボスティー、タンポポ茶、黒豆茶、トウモロコシ茶の6種類あります。それぞれのお茶は含まれている成分によってメリットが数多くあります。お茶を飲むことで水分補給になるだけでなく、健康に欠かすことができない栄養素を補うこともできます。最近では親子で安心して飲めるノンカフェインのものも増えており、健康対策にも効果的です。ミネラルや鉄分、カルシウムを効率よく摂取することができるのも嬉しい点といえるでしょう。さらにお茶には腸内環境を整えてくれる食物繊維も多く含まれています。水分補給になるだけでなく健康対策にも欠かすこと出来ないので、離乳食が始まったら少しずつ赤ちゃんに飲ませるようにしましょう。
ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクに使う水はどうするの?水道水、ペットボトル、ウォーターサーバーを比較!

赤ちゃんのミルクに使う水は、水道水でも問題ありません。しかし災害時などのことを考えると、ウォーターサーバーを利用しておくのも良い方法と言えそうです。ウォーターサーバーを使うメリットは、赤ちゃんに適した軟水が使われている事、70度以上のお湯もすぐ用意できるため、便利という事、災害時でも赤ちゃんのミルクを作る水に困らない事が挙げられます。ペットボトルにはカルシウムやマグネシウムの多いミネラルウオーターが使われていることも多いため、使用する前に成分を確認することが大事です。硬水だと下痢してしまう可能性があるので注意しましょう。
ウォーターサーバー

コスモウォーターで赤ちゃんのミルク、麦茶、離乳食、白湯を作ってみた~

コスモウォーターを選んだ理由は初期費用、レンタル料、配送料のすべてが無料で、料金は使用した水代のみというシンプルなプランに惹かれました。実際に利用してみてよかった点は、子供の授乳がとても楽になったことです。主にミルクと母乳混合で子育てをしていましたが、お水を沸かさずお湯がすぐに使えるのでスムーズにミルクをあげることができました。
ウォーターサーバー

離乳食でとうもろこしはいつから食べられる?冷凍や薄皮は大丈夫?

とうもろこし自体は、離乳食の初期から使っても問題ない食材です。とうもろこしが持つ甘み赤ちゃんも美味しく感じられ、他の食事も喜んで食べてくれるようになるので、とうもろこしは、離乳食の初期段階から積極的に使うと良いでしょう。ただし気をつけておきたいのは、薄皮です。薄皮は消化に悪いので、離乳食初期の段階では取り除かなければいけません。とうもろこしを食べさせるたびに、茹でてすりつぶし裏ごしするのは一苦労です。もっと簡単に食べさせたいなら、裏ごししてペースト状になったとうもろこしを冷凍しましょう。製氷機に入れて冷凍しておけば、1食分のキューブを簡単に作ることができます。
ウォーターサーバー

離乳食のおかゆ作り。炊飯器や電子レンジを活用して5倍、7倍がゆを作ろう!

おかゆは離乳食の基本となりますが、始めは柔らかい10倍がゆからスタートしてください。月齢が進んで生後7~8か月になったら7倍がゆに、生後9~11か月になったら5倍がゆに移行していきます。お鍋で作る事も出来ますが、電子レンジや炊飯器でも調理する事が出来ます。
ウォーターサーバー

赤ちゃんでも飲める市販ミネラルウォーターの特徴。軟水で硬度が60mg/L未満

赤ちゃんが安全に飲めるミネラルウォーターは、硬度が60mg/L未満の軟水に限られます。赤ちゃんは腎臓や胃腸などが未発達なので、硬水でミルクを作ると下痢などの症状が出るので注意しましょう。水道水を煮沸しても良いですが、ウォーターサーバーがあるので使い勝手が良いのでおすすめです。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの水はいつから?飲ませ方は?ミネラルウォーターや水道水はそのまま飲める?

新生児の赤ちゃんは母乳やミルク以外の水分を与える必要はありません。赤ちゃんの胃腸は生後3か月くらいから発達し始めるので、それ以降は水を飲ませても大丈夫です。但しそのまま飲ませるのではなく、一度煮沸消毒して冷ました白湯を飲ませるようにしましょう。