妊娠・妊婦

妊娠・妊婦

離乳食にプルーンはいつから?便秘にどんな影響があるの?注意しないと下痢になる事も

プルーンは含まれている栄養素が多いため、赤ちゃんの離乳食にとしてあげたいと考える人も少なくありません。離乳食の時期は、食べ物が赤ちゃんの口に合わないことも珍しくありません。酸味が特徴の果物なので、そのままでは食べないことも多くあります。そのような時は、他の食材に混ぜて食べさせてあげるのも一つの方法です。乳幼児向けに開発されたヨーグルトなどに混ぜてあげれば、プルーンの酸味を弱めてくれ食べやすくしてくれます。ドライフルーツのプルーンは、生のタイプよりも固く食物繊維が多すぎるため赤ちゃんにあまり適している食品ではありません。
妊娠・妊婦

妊娠中は明太子やたらこを食べても大丈夫?生で食べるとリステリア菌のリスクがある

妊娠中は明太子やたらこは食べるのが推奨されない風潮にありますが、これは生で食べた場合食中毒になる危険性が高いことが考えられます。妊娠中は通常時よりも免疫力が下がり病気にかかりやすくなったり食中毒になりやすくなるため、菌を保有している可能性がある明太子やたらこは生で食べずに火を通して食べるのが良いといわれています。明太子を生で食べるとリステリア菌に由来する食中毒になってしまう可能性があり、そうすると胎児や母体が危険にさらされることも少なくありません。実際に厚生労働省からも母親がこの菌による食中毒になることで胎盤や胎児への影響が考えられるという事が指摘されています。
ウォーターサーバー

妊娠中は抹茶やほうじ茶は飲んでも大丈夫?カフェインが含まれている飲み物は?

妊娠中に摂取して良い1日のカフェイン量は100㎎とされています。抹茶やほうじ茶にもカフェインは含まれていますが、コップ1杯分であれば60mg程度なので特に問題ありません。但し玉露に関しては、カフェイン量が多く1杯でも許容量を超えるので避けるようにして下さい。
ウォーターサーバー

妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

妊娠中は胎児や胎盤だけでなく、血液の量も増加するので平均的な体格の女性でも7㎏~12㎏の体重増加があります。多少太るのは当たり前の事ですが、極端な体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすので、糖分の取りすぎには注意しましょう。
妊娠・妊婦

妊娠中の納豆は栄養満点!胎児も母体も健康にする効果があります

妊婦さんにとって栄養豊富な納豆は、積極的に食べてほしい食べ物の一つです。大豆イソフラボンやカルシウム、大豆サポニン、葉酸など妊娠中に不可欠な栄養素が凝縮されています。胎児にも良い影響を与えてくれるので、毎日1パックを目安に摂取するようにして下さい。
妊娠・妊婦

妊娠中は刺身や寿司を食べてもいいの?妊婦さんは生魚がダメな理由

妊娠中は抵抗力が低くなっているので、刺身やお寿司などの生魚を食べる事で食中毒をリスクが高まります。またマグロやキンメダイなどには、メチル水銀と言う有害物質を多く含むので、1週間に1回以内に抑えるようにしましょう。それ以外にもカキや生イカ、うなぎなどにも注意が必要です。
ウォーターサーバー

妊娠中にお酢はおすすめ!アップルサイダービネガーや黒酢で簡単ドリンクを飲みましょう!

妊娠中にお酢を摂取する事で、①便秘改善②病気や老化の抑制③ダイエット④カルシウムを吸収しやすくすると言った効果が期待できます。妊娠中は便通が悪くなり肥満になる傾向が高いですが、放置していると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を患うリスクがあります。お酢を日常の食事に取り入れて、健康な赤ちゃんを出産するようにしましょう。
ウォーターサーバー

妊娠中に必要な1日の水分量と飲み方について。飲み過ぎは太ったりむくみの原因になる?

妊婦さんが1日に必要とする水分量は、約2リットルとなっています。妊娠中は血液中の水分量が増加しますし、羊水にも多くの水分が必要となってきます。小まめに水分をとる事で、妊娠中の便秘を改善する事にもつながります。水を飲むのがしんどい方はルイボスティーやハーブティー、麦茶などを飲むと良いでしょう。
妊娠・妊婦

妊娠中に空腹を感じる原因はインシュリン。空腹感をなくす対処法で吐き気・胃もたれ対策

妊娠中の空腹は、ホルモンバランスの乱れやインシュリンの過剰分泌、栄養バランスが崩れる事で起こります。空腹に任せて甘いものやジャンクフードを大量に食べると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の原因になるので注意が必要です。空腹感を感じたら腹持ちの良いおにぎりや、噛み応えのあるするめやナッツを食べるのがおすすめです。
ウォーターサーバー

妊娠中に胃もたれや胸焼けがきつい理由と対処法。食べづわりだけが原因ではない

妊娠仲に胃もたれや胸やけなどの症状に悩まされる人は意外にも多く見られます。中には胃がむかむかしてきて吐き気をもよおしてしまったり、実際に吐いてしまう人も多いものです。このような胃もたれや胸やけは、つわりにも関係するように思われますが、妊娠中は消化器系のトラブルはつきものともいえます。妊娠中の胃もたれや胸やけに関しては、なぜ発生するのかその理由ははっきりとはしていません。しかし妊娠すると女性ホルモンが増えることから、女性ホルモンが胃腸などの消化器官に影響を与えているのではないかとも考えられています。消化器官の筋肉は子宮近くにあるため、その筋肉の収縮が弱まり、消化器官全体の機能が弱ってしまうことも考えられます。