赤ちゃんの成長

ウォーターサーバー

赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

赤ちゃんの頃から歯磨きを行うことにより歯を守ることにも繋がりますし、歯を磨くことに対する抵抗を少なくすることが出来ます。まずは、歯ブラシではなくガーゼを使用して口の中を触られるということに対して抵抗がないようにしていきましょう。
赤ちゃんの成長

赤ちゃんにストローはいつから?むせたり飲まない時のおすすめの飲ませ方について

赤ちゃんは汗っかきですので、こまめな水分補給が欠かせません。お茶や湯冷ましを哺乳瓶で飲ませているお母さんも多いと思いますが、大きくなるにつれてそろそろ哺乳瓶も卒業になります。その後は少しずつストローで飲めるように練習していきましょう。赤ちゃんが飲み物をストローで飲めるようになると、ぐっと楽になります。ここでは、赤ちゃんがストロー練習を始めるのはいつからがいいのかということや、飲まない・むせる時の対処法、飲ませ方のコツなどを紹介していきます。
ミルク

おしりふきのコスパ比較ランキングおすすめ10選!赤ちゃんの肌に優しくコスパも抜群!

おしりふきのコスパが高いのは、スマートエンジェルと【Amazon.co.jp限定】 純水99% おしりふき 「ポチ」の2種類。但し敏感肌の赤ちゃんであれば、パンパースのように水が99.9%のおしりふきの方がトラブルが少ないと言えます。また厚手おしりふきは、一回で綺麗に拭き取れるので値段に比べるとコスパは良くなっています。
ミルク

【子育て】新生児への授乳方法 授乳の間隔や回数。母乳を出すポイント

新生児について 生まれた日を0日とした時に、生後28日未満までの赤ちゃんのことを「新生児」と呼びます。生まれたばかりで外の環境に慣れておらず、昼夜の区別もほぼありません。 生後1ヶ月の赤ちゃんは基本的に授乳中以外は寝ています...
赤ちゃんの成長

ミルクを吐き戻さないために必要な赤ちゃんのゲップ

ゲップが赤ちゃんに必要なのは、ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるためです。また、飲んだミルクを吐き戻さないようにする役割がゲップにはあります。赤ちゃんは、気管が詰まりやすいので、息苦しくならないようゲップは必要なのです。空気がお腹を圧迫しないようにする意味合いもあります。
ウォーターサーバー

ママの免疫は10か月まで!赤ちゃんの免疫はヨーグルトと野菜で

赤ちゃんはまだ自分自身で免疫を付けていくだけの能力がないため、お腹の中にいる間と母乳によってお母さんから免疫を貰います。胎児の時にお母さんからもらった免疫は、だいたい生後6ヶ月~10ヶ月程で失われていきます。初乳にある免疫が最も多く、徐々にその量は減ります。そのため、生後6か月を過ぎるころになると赤ちゃんは自分自身で免疫を付けていく必要が出てきます。
ミルク

ママには笑顔でもパパには笑わない赤ちゃん(泣)

赤ちゃんは早ければ2か月頃から、遅くても半年程経つと自然に笑うようになります。しかしなかなか笑わない赤ちゃんもいます。また、新生児のころに笑う赤ちゃんは少ないでしょう。しかし場合によっては先天性障害の可能性があります。たとえば、笑わないだけではなくて視線を合わせない場合や視線をそらしてしまう場合、光や音に敏感であったり体が硬直することが多い、体が異常に反り返ったり手足の動作が極端に多いもしくは少ない場合は注意が必要です。