母乳

母乳

赤ちゃんの沐浴前後の授乳のタイミングは?母乳やミルクを飲んで30分間は控えましょう

生まれたばかりの赤ちゃんは、寝ることとおっぱいを飲むことがお仕事ですからとにかく一日に何度も、泣く度に授乳が必要となります。一方で、肌の新陳代謝も激しいため1日1回は沐浴をして清潔に保ってやらなければならず、どのタイミングで沐浴をするのがよいかも悩みどころですよね?基本的には沐浴の前後30分は授乳は控えることをおすすめします。入浴により全身に血が流れていってしまい消化がスムーズに行かなくなるため、直前に授乳をして満腹状態で沐浴をさせた場合、吐き戻してしまう事もあるので注意しましょう。
ミルク

新生児が母乳の飲み過ぎでお腹パンパン!どんな対策がある?

特に新生児の頃は満腹中枢が未発達なので、飲みすぎてしまう事が多々あります。新生児が母乳を飲んだ後にお腹パンパンになっていたり、大量に吐き戻しをする時には飲み過ぎの可能性があります。対策法はひとつだけを行ってもよいですし、組み合わせて行っても効果的です。赤ちゃんの体調を見ながら色々な方法を試してみてください。どうしても赤ちゃんの体調が優れないという時には病院を受診して医師の診察を受けると安心です。また体重の増え方は大事な指標になるので測ってみるとわかりやすいと思います。
母乳

新生児が母乳を飲みながら寝るのは足りている?ゲップはさせなくても大丈夫?

新生児は母乳や哺乳瓶を吸う力が弱くとても疲れる行為であるため、授乳中に寝てしまうのは珍しいことではありません。ただ寝付きや機嫌が悪いと飲む量が足りていない可能性があるためしっかり飲ませる工夫が必要です。授乳中に寝てしまった場合には一旦起こしてゲップをさせることも大切です。大量に飲み込んだ空気をそのままにしておくと、寝かされた状態で吐き戻した時にそれを詰まらせてしまう危険があります。新生児期はまだまだ未熟なところばかりの時期なので、気負う必要はありませんがしっかりと見てあげることが大切な時期と言えます。
ウォーターサーバー

母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

授乳中のママの体は授乳で水分が奪われるため、飲んでも飲んでも足りないくらい、体の内側から乾燥しがちです。その一方で頻尿になってトイレが近くなってしまうことも多いため、悩んでしまう方も少なくありません。しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも飲み物の摂取を控えるのではなく、体を温めるようにしたり、飲み方に工夫を凝らしたり、母乳の質や分泌を高める飲み物を摂取するように心掛けるなどして対策をとるようにしましょう。
ミルク

母乳と粉ミルクの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを考える

母乳も粉ミルクも栄養面では大きな違いはありませんが、母乳育児をしていると子宮の回復が早いメリットがあります。一方ミルクは腹持ちが良いので、お母さんの睡眠時間をしやすいメリットがある一方で、アレルギーを起こす事もあります。どちらが優れているとは一概に言えないので、赤ちゃんとお母さんの体調を考慮して決めましょう。
ミルク

新生児ミルクのおすすめ10選!母乳ではなくミルクにする事のメリット・デメリットとは!

新生児・赤ちゃんの粉ミルクは、厚生労働省の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」が定められています。新生児に与えるミルクをどんな物にするかという事はお母さんであれば一度は悩む事ではないでしょうか。昔はミルクの種類もそれほど多くはありませんでしたが、現代では新生児用のミルクも種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。ミルクの成分はメーカーによって異なるために、母乳に近づけているとは言っても味にも違いがあります。そのため新生児の赤ちゃんの好みの味でないと飲んでくれない事もあります。こちらでは新生児向けミルクのおすすめを厳選して10選ほどご紹介しましょう。
ウォーターサーバー

ミルク混合はいつからいつまで?量や間隔はどうすればいい?

ミルク混合育児は大きく分けると、①母乳をメインにしてミルクを足すやり方ⅱ②ミルクをメインにして母乳を足すやり方に分ける事が出来ます。いつからいつまでミルク混合でやっていけばいいのか不安な人もいますが、生まれたばかりの赤ちゃんは、3時間おきにお腹が空きます。まずは、母乳の練習をさせてから上手くいけばそのまま終わりにしてもいいですが、赤ちゃんが泣き続けたり足りなくて心配だと思ったらミルクを80mlをあげます。ミルクをあげる目安としては、①新生児から2週間は80mlを3時間おきに7回②2週間から1ヶ月の間は、80mlから120mlを3時間おきに7回③1ヶ月から2ヶ月の間は、120mlから160mlを3時間おきに6回です。
ミルク

ミルクを作る時の温度と、飲ませる時の適正温度は何度?熱いのでやけどに注意を!

ミルクを作る時の温度に関してては、ミルク缶にかいてある通りに作れば良いのですが、適正温度は70度以上、現代ではピッタリ70度を測ることが出来る便利グッズもありますから利用しましょう。ミルクを飲ませる時の温度は人肌であるとよくいいますが、飲ませている間に冷めてきてしまいますので少し高めの40度くらいにしておきましょう。温度の確かめ方は手の甲に少しだけ垂らしてみることです。この時、熱いけれど我慢出来るな、と感じるくらいの温度が約40度ですから覚えておきましょう。温かいなあと感じるくらいだと既に冷ましすぎになっているので少し温めます。
ミルク

赤ちゃんに白湯は飲ませるの?タイミングやメリットとデメリット&作り方をご紹介!

現代では病院や産婦人科にて白湯を飲ませる事が推奨されている訳ではなく、どちらにすれば良いのか特に初めての赤ちゃんのケースでは迷うところです。赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットはまず水分補給になる事です。もちろん母乳やミルクなどでも水分補給は出来ますが、暑い時期やお風呂上りに飲ませる事で口の中がさっぱりします。さらに発熱や下痢など体調不良の時も安全に不足しがちな水分を与える事が出来ます。一方デメリットですが、まず挙げられるのがコストがかかる事です。白湯を赤ちゃんに飲ませるタイミングでお勧めなのは、離乳食に移行する前、母乳やミルク以外の味に慣れさせるために白湯を飲ませるのは生後4~5ヶ月以降です。
ミルク

母乳はミルクと違ってゲップさせなくても大丈夫?寝ていてもゲップさせるべき?

母乳の場合、哺乳瓶を使っているときよりは胃の中にある空気の量は少なめです。だからといって、母乳を与えている赤ちゃんにゲップが不要というわけではありません。基本的に3~4か月くらいまでの赤ちゃんは、母乳を飲んでいるときと同時に呼吸を行います。そのため母乳を与えるときでも、ミルクと一緒に空気を胃の中にため込みます。空気が多く貯まってしまうと、気管が詰まり息苦しくなってしまうこともあります。そのため哺乳瓶から飲む場合だけではなく、母乳を与えた後もゲップをさせるようにしましょう。母乳を飲んでいて良くあるのが、そのまま疲れて赤ちゃんが寝てしまう時ですが、寝てしまっても頬をツンツンとして起こしてあげて、しっかりとゲップをさせましょう。