母乳

母乳

赤ちゃんの沐浴前後の授乳のタイミングは?母乳やミルクを飲んで30分間は控える

沐浴のタイミングは、授乳後直ぐや空腹時は避けるようにします。お腹がいっぱいで沐浴をすると吐き戻しの原因になりますし、空腹時は機嫌が悪いので沐浴を嫌いになる可能性があります。赤ちゃんが気持ち良く沐浴出来るように、体調が良くお腹の膨れ具合がちょうど良いタイミングを見計らってお風呂に入れるようにしましょう。
ミルク

新生児が母乳の飲み過ぎでお腹がパンパン!どんな対策がある?

母乳を飲んだ後にお腹がパンパンになっていたり、大量に吐き戻しをする時には飲み過ぎの可能性があります。新生児はママの乳首が目の前にあると吸い付く、吸啜反射が備わっていますし、満腹中枢も発達していません。体重が増えすぎているようであれば、母乳やミルクを飲みすぎている可能性があるので、間隔を調整するなど工夫をしましょう。
母乳

新生児が母乳を飲みながら寝るのは足りている?ゲップはさせなくても大丈夫?

新生児は母乳を吸う力が弱くとても疲れるため、授乳中に寝てしまうのは珍しいことではありません。ただ寝付きや機嫌が悪いと飲む量が足りていない可能性があるため、起こしてでもしっかり飲ませる工夫が必要です。授乳中に寝てしまった場合には、一旦起こしてゲップをさせることも大切です。
ウォーターサーバー

母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

授乳中のママの体は授乳で水分が奪われるため、飲んでも飲んでも足りないくらい、体の内側から乾燥しがちです。その一方で頻尿になってトイレが近くなってしまうことも多いため、悩んでしまう方も少なくありません。しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも飲み物の摂取を控えるのではなく、体を温めるようにしたり、飲み方に工夫を凝らしたり、母乳の質や分泌を高める飲み物を摂取するように心掛けるなどして対策をとるようにしましょう。
ミルク

母乳と粉ミルクの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを考える

母乳も粉ミルクも栄養面では大きな違いはありませんが、母乳育児をしていると子宮の回復が早いメリットがあります。一方ミルクは腹持ちが良いので、お母さんの睡眠時間をしやすいメリットがある一方で、アレルギーを起こす事もあります。どちらが優れているとは一概に言えないので、赤ちゃんとお母さんの体調を考慮して決めましょう。
ミルク

新生児ミルクのおすすめ10選!母乳ではなくミルクにする事のメリット・デメリットとは!

新生児・赤ちゃんの粉ミルクは、厚生労働省の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」が定められています。新生児に与えるミルクをどんな物にするかという事はお母さんであれば一度は悩む事ではないでしょうか。昔はミルクの種類もそれほど多くはありませんでしたが、現代では新生児用のミルクも種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。ミルクの成分はメーカーによって異なるために、母乳に近づけているとは言っても味にも違いがあります。そのため新生児の赤ちゃんの好みの味でないと飲んでくれない事もあります。こちらでは新生児向けミルクのおすすめを厳選して10選ほどご紹介しましょう。
ウォーターサーバー

ミルク混合育児の方法|間隔や飲ませる量はどうすればいい?

ミルク混合育児をする時は、ミルクの方が腹持ちが良いので先に母乳を飲ませるようにします。また、夜間だけミルクにすると乳腺炎になる事もあるので、注意しましょう。ミルク混合にする事で、保育所に預けやすい、お父さんが育児に参加しやすいなどのメリットもあります。
ミルク

ミルクの調乳・授乳時の適正温度は何度?冷たいミルクは湯煎で温めなおす

ミルクの温度は調乳する際には70度以上のお湯を使い、サカザキ菌などの病原菌を殺菌します。授乳時の温度は人肌よりも少し熱い程度が適温ですが、不安な方は赤外線温度計を使うのもおすすめです。ミルクを冷ます時には流水か湯冷ましを使い、冷たいミルクを温めなおす時には湯煎を使います。
ミルク

赤ちゃんに白湯は飲ませるの?タイミングやメリットとデメリット&作り方をご紹介!

現代では病院や産婦人科にて白湯を飲ませる事が推奨されている訳ではなく、どちらにすれば良いのか特に初めての赤ちゃんのケースでは迷うところです。赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットはまず水分補給になる事です。もちろん母乳やミルクなどでも水分補給は出来ますが、暑い時期やお風呂上りに飲ませる事で口の中がさっぱりします。さらに発熱や下痢など体調不良の時も安全に不足しがちな水分を与える事が出来ます。一方デメリットですが、まず挙げられるのがコストがかかる事です。白湯を赤ちゃんに飲ませるタイミングでお勧めなのは、離乳食に移行する前、母乳やミルク以外の味に慣れさせるために白湯を飲ませるのは生後4~5ヶ月以降です。
ミルク

母乳はミルクと違ってゲップさせなくても大丈夫?寝ていてもゲップさせるべき?

母乳の場合、哺乳瓶を使っているときよりは胃の中にある空気の量は少なめです。だからといって、母乳を与えている赤ちゃんにゲップが不要というわけではありません。基本的に3~4か月くらいまでの赤ちゃんは、母乳を飲んでいるときと同時に呼吸を行います。そのため母乳を与えるときでも、ミルクと一緒に空気を胃の中にため込みます。空気が多く貯まってしまうと、気管が詰まり息苦しくなってしまうこともあります。そのため哺乳瓶から飲む場合だけではなく、母乳を与えた後もゲップをさせるようにしましょう。母乳を飲んでいて良くあるのが、そのまま疲れて赤ちゃんが寝てしまう時ですが、寝てしまっても頬をツンツンとして起こしてあげて、しっかりとゲップをさせましょう。