赤ちゃん・妊婦さんの病気

赤ちゃん・妊婦さんの病気

新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

新生児のや赤ちゃんのくしゃみは意外と多く、心配になることもありますが、咳や鼻水、鼻づまりなど気になる症状がない場合は問題がないことも多いものですし、大きくなると自然に減っていきます。心配がない場合でも鼻がつまってしまうことはあるのでこまめなケアはしてあげるようにしましょう。咳や発熱などの症状が出た場合には早めにお医者さんに相談するなど、気になる症状には注意してあげてくださいね。
ミルク

新生児が母乳の飲み過ぎでお腹パンパン!どんな対策がある?

特に新生児の頃は満腹中枢が未発達なので、飲みすぎてしまう事が多々あります。新生児が母乳を飲んだ後にお腹パンパンになっていたり、大量に吐き戻しをする時には飲み過ぎの可能性があります。対策法はひとつだけを行ってもよいですし、組み合わせて行っても効果的です。赤ちゃんの体調を見ながら色々な方法を試してみてください。どうしても赤ちゃんの体調が優れないという時には病院を受診して医師の診察を受けると安心です。また体重の増え方は大事な指標になるので測ってみるとわかりやすいと思います。
ミルク

新生児がミルクでむせると肺炎やチアノーゼになる?対処法をご紹介!

新生児がミルクを飲む際にむせてしまうのには様々な原因があり、その原因を知ればある程度は対処が可能です。ただしこの対処はあくまで肺に完全に入り込んでいない段階での改善法であり、さすがに何度もチアノーゼをする場合には親の力では対処しきれないものです。ミルクを飲んで何度もチアノーゼになるのであれば、一度新生児専用の医療病棟に赴いて気管支や肺の状況をみてもらい対処してもらう必要があります。その上で異常がない場合には、先に言った飲み方を経験者や医者から今一度レクチャーしてもらいます。
ミルク

新生児がミルクを飲まない原因。黄疸などの病気になっているかも

新生児がミルクを飲まないのは、姿勢や温度など飲ませ方が悪いからということもありますし、病気で食欲がなくなっていることもあります。原因を特定して、適切な処置を行うことで解決をしていかなければいけません。もしもその状態が長く続くと、黄疸が出てくることがあります。ただ肌が黄色くなる黄疸でも、重症化すると脳障害が起きてしまう危険な病気ですから治療が必要になってきます。わからないことがあれば、専門家の知恵を借りることも考えるべきです。
ミルク

粉ミルクの種類で新生児が便秘になるって本当?薄めるのは止めてね!

新生児の便秘に悩んでいる人は多いでしょう。その原因は粉ミルクが合っていないことかもしれません。体質によってどの商品があっているのかは異なってきます。赤ちゃんの便秘は事前に予防することが大切ですが、なってしまった場合に備えて改善する方法についても知っておきましょう。便通が悪くなる主な原因は腸内環境の悪化や栄養素を上手く消化できないこととされています。特に離乳食を食べ始めたばかりの赤ちゃんの場合、食べ物と一緒に雑菌も口にするようになります。腸内で悪玉菌が繁殖すると便通が悪くなってしまうため、オリゴ糖で腸内環境を整えるのがおすすめです。
妊娠・妊婦

妊娠中は明太子やたらこを食べても大丈夫?生で食べるとリステリア菌のリスクがある

妊娠中は明太子やたらこは食べるのが推奨されない風潮にありますが、これは生で食べた場合食中毒になる危険性が高いことが考えられます。妊娠中は通常時よりも免疫力が下がり病気にかかりやすくなったり食中毒になりやすくなるため、菌を保有している可能性がある明太子やたらこは生で食べずに火を通して食べるのが良いといわれています。明太子を生で食べるとリステリア菌に由来する食中毒になってしまう可能性があり、そうすると胎児や母体が危険にさらされることも少なくありません。実際に厚生労働省からも母親がこの菌による食中毒になることで胎盤や胎児への影響が考えられるという事が指摘されています。
ウォーターサーバー

妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

妊娠中は胎児や胎盤だけでなく、血液の量も増加するので平均的な体格の女性でも7㎏~12㎏の体重増加があります。多少太るのは当たり前の事ですが、極端な体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすので、糖分の取りすぎには注意しましょう。
ウォーターサーバー

新生児の便秘。粉ミルクを見直して治った!作り方で便秘や下痢になる事も

新生児が便秘になった時には、粉ミルクを見直すようにしましょう。牛乳由来の成分「カゼイン」と「乳清たんぱく質」は、新生児にとって消化しにくいので便秘になる事があります。また粉ミルクを作る時には、薄めたり濃くすると逆効果になる危険性があるので、規定量を守るようにして下さい。
ウォーターサーバー

羊水が少なめだとどうなる?胎児の障害と対策について

羊水が少なめの場合にどうなるかですが、役割として赤ちゃんの発育促進や衝撃から赤ちゃんを守るなどの要素があります。少なめの状態だとこれらの機能をうまく果たせなくなるのが大きな問題です。その中の1つに胎児機能不全があります。守られていないことでへその緒が圧迫されるような状態になり、栄養が行き届かなくなるという状態です。発育に重大な影響が出てしまうことは明らかであり、障害が出てしまう恐れがあります。一方で羊水が少ないことで赤ちゃんの肺の成長がうまくいかなくなることもあります。クッションがないことで赤ちゃんの体にダメージがかかりやすい状況です。
赤ちゃんの生活

赤ちゃんの保湿ベビーローションのおすすめ5選!アトピーなどデリケートなお肌の対策に

胎脂は、乳児の皮膚の保湿以外にも、出産時に胎児が産道の通過を容易にするなど複数の役割を果たしています。胎脂は熱を逃さないようにしたり、繊細な新生児の皮膚を環境ストレスから防御する役割を果たしてくれて、さらに皮脂が過剰に分泌されるので、乾燥する事はほとんどありません。しかし、赤ちゃんも生後2か月~3ヶ月経過すると、皮脂の分泌量が減ってくるので次第に肌は乾燥してカサカサのお肌になってきます。アトピー性皮膚炎などのお肌のトラブルも多く、大人以上にベビーローションで保湿をしっかりとしてあげる事が大切になってきます。