白湯

新生児の麦茶はいつから?便秘になったら飲ませた方が良い?

新生児に麦茶を与えるのはいつからが良いかと言うと、生後1か月目以降でベビー用麦茶を飲ませる事が出来ます。但し母乳やミルクをしっかり飲んで水分補給が十分であれば、特に麦茶を飲ませる必要はありません。赤ちゃんが便秘になったり母乳やミルクを飲んでくれない時にだけ、白湯や麦茶を飲ませてみると良いでしょう。
母乳

赤ちゃんの沐浴前後の授乳のタイミングは?母乳やミルクを飲んで30分間は控える

沐浴のタイミングは、授乳後直ぐや空腹時は避けるようにします。お腹がいっぱいで沐浴をすると吐き戻しの原因になりますし、空腹時は機嫌が悪いので沐浴を嫌いになる可能性があります。赤ちゃんが気持ち良く沐浴出来るように、体調が良くお腹の膨れ具合がちょうど良いタイミングを見計らってお風呂に入れるようにしましょう。

赤ちゃんの水分補給!量やタイミングは?飲まないときはどうする?

赤ちゃんの水分補給は基本的には母乳やミルクで十分とされているため、しっかりと飲めているようであればあまり心配する必要はないものです。しかし、夏場の暑い時期や風邪をひいているときなどは水分不足になっていることもあります。嫌がって飲まない場合に無理に飲ませる必要はないですが、時間をあけてあげてみたり、脱水症状が心配な状況の際には赤ちゃん用のイオン水など飲みやすいものを与えてあげてみたりするようにしましょう。
ウォーターサーバー

母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

授乳中のママの体は授乳で水分が奪われるため、飲んでも飲んでも足りないくらい、体の内側から乾燥しがちです。その一方で頻尿になってトイレが近くなってしまうことも多いため、悩んでしまう方も少なくありません。しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも飲み物の摂取を控えるのではなく、体を温めるようにしたり、飲み方に工夫を凝らしたり、母乳の質や分泌を高める飲み物を摂取するように心掛けるなどして対策をとるようにしましょう。
ウォーターサーバー

コスモウォーターで赤ちゃんのミルク、麦茶、離乳食、白湯を作ってみた~

コスモウォーターを選んだ理由は初期費用、レンタル料、配送料のすべてが無料で、料金は使用した水代のみというシンプルなプランに惹かれました。実際に利用してみてよかった点は、子供の授乳がとても楽になったことです。主にミルクと母乳混合で子育てをしていましたが、お水を沸かさずお湯がすぐに使えるのでスムーズにミルクをあげることができました。
ウォーターサーバー

赤ちゃんでも飲める市販ミネラルウォーターの特徴。軟水で硬度が60mg/L未満

赤ちゃんが安全に飲めるミネラルウォーターは、硬度が60mg/L未満の軟水に限られます。赤ちゃんは腎臓や胃腸などが未発達なので、硬水でミルクを作ると下痢などの症状が出るので注意しましょう。水道水を煮沸しても良いですが、ウォーターサーバーがあるので使い勝手が良いのでおすすめです。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの水はいつから?飲ませ方は?ミネラルウォーターや水道水はそのまま飲める?

新生児の赤ちゃんは母乳やミルク以外の水分を与える必要はありません。赤ちゃんの胃腸は生後3か月くらいから発達し始めるので、それ以降は水を飲ませても大丈夫です。但しそのまま飲ませるのではなく、一度煮沸消毒して冷ました白湯を飲ませるようにしましょう。
ウォーターサーバー

妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

妊娠中は胎児や胎盤だけでなく、血液の量も増加するので平均的な体格の女性でも7㎏~12㎏の体重増加があります。多少太るのは当たり前の事ですが、極端な体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすので、糖分の取りすぎには注意しましょう。
ウォーターサーバー

妊娠中に胃もたれや胸焼けがきつい理由と対処法。食べづわりだけが原因ではない

妊娠仲に胃もたれや胸やけなどの症状に悩まされる人は意外にも多く見られます。中には胃がむかむかしてきて吐き気をもよおしてしまったり、実際に吐いてしまう人も多いものです。このような胃もたれや胸やけは、つわりにも関係するように思われますが、妊娠中は消化器系のトラブルはつきものともいえます。妊娠中の胃もたれや胸やけに関しては、なぜ発生するのかその理由ははっきりとはしていません。しかし妊娠すると女性ホルモンが増えることから、女性ホルモンが胃腸などの消化器官に影響を与えているのではないかとも考えられています。消化器官の筋肉は子宮近くにあるため、その筋肉の収縮が弱まり、消化器官全体の機能が弱ってしまうことも考えられます。
ウォーターサーバー

赤ちゃんは果汁をいつから飲める?注意点と果汁の作り方。アレルギーに注意しながら白湯で調整を

赤ちゃんに果汁を飲ませる時期は、生後6か月を過ぎてからです。現在は母乳や粉ミルクの栄養がしっかりあり虫歯の原因にもなるので、無理に果汁を飲ませる必要はありません。赤ちゃんに果汁を作るときは、丁寧に水洗いして皮を厚く剥き、種を取ったものを白湯で薄めるようにしましょう。