赤ちゃんの睡眠

母乳

新生児が母乳を飲みながら寝るのは足りている?ゲップはさせなくても大丈夫?

新生児は母乳を吸う力が弱くとても疲れるため、授乳中に寝てしまうのは珍しいことではありません。ただ寝付きや機嫌が悪いと飲む量が足りていない可能性があるため、起こしてでもしっかり飲ませる工夫が必要です。授乳中に寝てしまった場合には、一旦起こしてゲップをさせることも大切です。
母乳

母乳育児で貧血が起きると赤ちゃんにも影響が!原因と解消法は?

女性と貧血は切り離せません。毎月月経がある女性は慢性的に貧血状態であると医者は言いますが、それは生理がない妊娠中や母乳期間中でもやはりそのままのことが多く、貧血は多くの女性の悩みです。動悸が激しくなったり頭痛がしたり、めまいや立ちくらみ、耳鳴りがするなどの症状があり、他にも精神的にも悪影響を及ぼすと最近の研究結果では言われています。母乳育児中の貧血の原因は、出産時の出血の多さ、または寝不足による過労と言われています。辛い貧血症状から抜け出すためには、まずは食生活の改善から始めます。貧血にはレバーや牛肉、ほうれん草、小松菜大豆、かつおなどが鉄分を豊富に含みますから出来るだけ積極的に取り入れましょう。