飲み物

ミルク

新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

白湯やベビー用の麦茶などの飲み物は、生後1か月頃から新生児に与えても大丈夫です。赤ちゃんはミルクや母乳で水分補給が出来ているので、飲ませなくても大丈夫です。但し離乳食が始まると、母乳やミルクを飲む量が減るために便秘がちになります。そのため、離乳食をスタートするタイミングで白湯や麦茶を始めるのがおすすめです。

新生児の麦茶はいつから?便秘になったら飲ませた方が良い?

新生児に麦茶を与えるのはいつからが良いかと言うと、生後1か月目以降でベビー用麦茶を飲ませる事が出来ます。但し母乳やミルクをしっかり飲んで水分補給が十分であれば、特に麦茶を飲ませる必要はありません。赤ちゃんが便秘になったり母乳やミルクを飲んでくれない時にだけ、白湯や麦茶を飲ませてみると良いでしょう。
母乳

赤ちゃんの沐浴前後の授乳のタイミングは?母乳やミルクを飲んで30分間は控える

沐浴のタイミングは、授乳後直ぐや空腹時は避けるようにします。お腹がいっぱいで沐浴をすると吐き戻しの原因になりますし、空腹時は機嫌が悪いので沐浴を嫌いになる可能性があります。赤ちゃんが気持ち良く沐浴出来るように、体調が良くお腹の膨れ具合がちょうど良いタイミングを見計らってお風呂に入れるようにしましょう。
ミルク

新生児がミルクでむせると肺炎やチアノーゼになる?対処法をご紹介!

新生児がミルクを飲む際にむせてしまうのには様々な原因があり、その原因を知ればある程度は対処が可能です。ただしこの対処はあくまで肺に完全に入り込んでいない段階での改善法であり、さすがに何度もチアノーゼをする場合には親の力では対処しきれないものです。ミルクを飲んで何度もチアノーゼになるのであれば、一度新生児専用の医療病棟に赴いて気管支や肺の状況をみてもらい対処してもらう必要があります。その上で異常がない場合には、先に言った飲み方を経験者や医者から今一度レクチャーしてもらいます。
ミルク

新生児がミルクを飲まない原因。黄疸などの病気になっているかも

新生児がミルクを飲まないのは、姿勢や温度など飲ませ方が悪いからということもありますし、病気で食欲がなくなっていることもあります。原因を特定して、適切な処置を行うことで解決をしていかなければいけません。もしもその状態が長く続くと、黄疸が出てくることがあります。ただ肌が黄色くなる黄疸でも、重症化すると脳障害が起きてしまう危険な病気ですから治療が必要になってきます。わからないことがあれば、専門家の知恵を借りることも考えるべきです。
ミルク

粉ミルクの種類で新生児が便秘になるって本当?薄めるのは止めてね!

新生児の便秘に悩んでいる人は多いでしょう。その原因は粉ミルクが合っていないことかもしれません。体質によってどの商品があっているのかは異なってきます。赤ちゃんの便秘は事前に予防することが大切ですが、なってしまった場合に備えて改善する方法についても知っておきましょう。便通が悪くなる主な原因は腸内環境の悪化や栄養素を上手く消化できないこととされています。特に離乳食を食べ始めたばかりの赤ちゃんの場合、食べ物と一緒に雑菌も口にするようになります。腸内で悪玉菌が繁殖すると便通が悪くなってしまうため、オリゴ糖で腸内環境を整えるのがおすすめです。
ウォーターサーバー

赤ちゃんの水出し麦茶の作り方について。ウォーターサーバーがあると便利!

赤ちゃんに麦茶を与えるのには様々なステップが必要です。いつから飲めるのか、作り方はどうするか、どう与えるのか。そして、大事なわが子のために安全なものを選ばなくてはいけません。水道水はカルキ抜きをする為に十分に煮沸する必要があるので、水出し麦茶は作る事が出来ません。ミネラルウォーターは赤ちゃんに負担となるミネラルが入っているので、硬度に気をつけなければいけません。そんな時に助けになってくれるのがウォーターサーバーの存在です。もちろん使用する会社がどのような水を提供しているのか事前に知っておく必要はありますが、必要な時に冷温どちらの水もボタン一つで出すことができるので、ママたちの大きな味方になってくれますよ。

赤ちゃんの水分補給!量やタイミングは?飲まないときはどうする?

赤ちゃんの水分補給は基本的には母乳やミルクで十分とされているため、しっかりと飲めているようであればあまり心配する必要はないものです。しかし、夏場の暑い時期や風邪をひいているときなどは水分不足になっていることもあります。嫌がって飲まない場合に無理に飲ませる必要はないですが、時間をあけてあげてみたり、脱水症状が心配な状況の際には赤ちゃん用のイオン水など飲みやすいものを与えてあげてみたりするようにしましょう。
赤ちゃんの成長

赤ちゃんにストローはいつから?むせたり飲まない時のおすすめの飲ませ方について

赤ちゃんは汗っかきですので、こまめな水分補給が欠かせません。お茶や湯冷ましを哺乳瓶で飲ませているお母さんも多いと思いますが、大きくなるにつれてそろそろ哺乳瓶も卒業になります。その後は少しずつストローで飲めるように練習していきましょう。赤ちゃんが飲み物をストローで飲めるようになると、ぐっと楽になります。ここでは、赤ちゃんがストロー練習を始めるのはいつからがいいのかということや、飲まない・むせる時の対処法、飲ませ方のコツなどを紹介していきます。
ウォーターサーバー

母乳育児に水分はどれくらい?頻尿でトイレが近くなっても飲むの?

授乳中のママの体は授乳で水分が奪われるため、飲んでも飲んでも足りないくらい、体の内側から乾燥しがちです。その一方で頻尿になってトイレが近くなってしまうことも多いため、悩んでしまう方も少なくありません。しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにも飲み物の摂取を控えるのではなく、体を温めるようにしたり、飲み方に工夫を凝らしたり、母乳の質や分泌を高める飲み物を摂取するように心掛けるなどして対策をとるようにしましょう。