ミルクを吐き戻さないために必要な赤ちゃんのゲップ

赤ちゃんの成長

赤ちゃんのゲップは、大事な意味があります。

ゲップが赤ちゃんに必要なのは、ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるためです。

また、飲んだミルクを吐き戻さないようにする役割がゲップにはあります。

赤ちゃんは、気管が詰まりやすいので、息苦しくならないようゲップは必要なのです。

空気がお腹を圧迫しないようにする意味合いもあります。

赤ちゃんがミルクを飲んでからゲップをしないと、飲み込んだものを溜めきれなくなります。

そうすると、口から吐き戻してしまうことになります。

正常にミルクを消化させてあげるにはゲップは不可欠なのです。

赤ちゃんは、生後5ヶ月から6ヶ月の間は、ゲップが必要です。

この期間はあくまで目安ですが、少なくとも首が座るまでは、ゲップを手伝ってあげないといけません。

うまく赤ちゃんがゲップできない場合は、背中を下から上へと軽くマッサージすると良いです。

そうすると自然に赤ちゃんの背中が丸まり、自分の脚でお腹を軽く圧迫するので、ゲップが出やすくなります。

丸く抱っこをしてもゲップがでないときは、横向きに寝かせると良いです。

赤ちゃんがゲップをしない時の対処法

赤ちゃんがゲップをしない時は、しっかり対処してやる必要があります。

新生児は授乳の度にゲップが必要です。
授乳する度に赤ちゃんにゲップをさせることは大切で、余分な空気を出す必要があるからです。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、空気と一緒にミルクを吐いてしまったり喉をつめることがあるので、ミルクを飲む度にきちんとゲップをさせて空気を出してあげる必要があります。

そうすれば、スムーズに消化活動へと移行し、気管が詰まるのを防ぐことができます。

赤ちゃんがゲップをしない時の対処法は、背中を軽くトントンと叩いてやることです。

授乳が終わったら、縦抱きにして、赤ちゃんのあごが大人の胸にくるようにします。

その状態で、背中を軽くトントンと叩くとよいです。ゲップと一緒にミルクが出てしまうことがあるので、必ず赤ちゃんは縦抱きにします。

赤ちゃんを丸く抱っこする方法も良いです。

赤ちゃん自身の脚で体を軽く抑えるようにすれば、ゲップが出やすくなります。

縦抱きにして、赤ちゃんの脚を伸ばした状態で抱っこしてもゲップが出ない時は、大人の腕に赤ちゃんを座らせるように抱っこすると良いです。

赤ちゃんにゲップさせる方法

赤ちゃんにゲップさせる方法は、コツを掴めば簡単です。

基本の出し方としては、赤ちゃんの首を支えながら縦抱きにすることです。

そして、赤ちゃんのあごをママの肩にのせるようにします。

赤ちゃんのお腹がママの肩から胸に密着するような体勢にし、赤ちゃんの体が垂直になるよう調整してやると良いです。

その状態で、赤ちゃんの背中をトントンとたたくと効果的です。

このやり方でもゲップが出ない場合は、赤ちゃんを前かがみにすると良いです。

赤ちゃんには、垂直のほうがゲップしやすいタイプと前かがみのほうがゲップしやすいタイプの2種類があります。

どちらがしっくりくるのか、両方試してみると良いです。

この場合、赤ちゃんをママの右太ももに右を向いて座らせるようにし、左脇の下からママの右手を入れて倒れてしまわないよう赤ちゃんをえます。その状態で赤ちゃんの背中をトントンしてあげ、丸くなでたりするようにしてさすってあげます。

密着した方が赤ちゃんの体は安定するので、太ももの上に座らせた赤ちゃんをママのお腹に近い場所に引き寄せるようにすると良いです。

コメント

  1. […] 赤ちゃんが昼夜逆転する原因でよくあるのが、げっぷや便がうまく出せずに便秘で苦しい時です。 げっぷが出なかったり、便が出ていないと寝つきがどうしても悪くなります。 […]

  2. […] そのため、時にはミルクなどを飲んだ後に吐き戻してしまったりといったことがよくあります。 こうしたケースを防ぐには赤ちゃんにゲップを促す対処法がとられていることは皆さんご存知かと思います。 […]

  3. […] 多少は空気も一緒にミルクと飲み込んでいるのです。 ゲップをさせないと飲んだミルクを吐き出すことになるので注意しましょう。 […]