赤ちゃんの蕁麻疹は原因がわからない突発性蕁麻疹が7割

皮膚 赤ちゃんの生活

赤ちゃんの蕁麻疹の種類

赤ちゃんのじんましんにはいくつかの種類があります。
じんましんの7割程は突発性蕁麻疹に該当します。

これは原因がわからない、一度出来ただけですぐに消えてしまう蕁麻疹のことをいいます。
一度出来てすぐに消えたとしてもまた出来ることもありますし、別の場所に新しく出来る場合もあります。

突発性蕁麻疹の中でも、一か月以内で症状が治まる場合は急性蕁麻疹、一か月以上出たり消えたりを繰り返すものを慢性蕁麻疹といいます。

刺激誘発型蕁麻疹の種類

刺激誘発型のじんましんとは、特定の刺激を与えたときに出来る種類のことです。
これもいくつかの種類にさらに分類化されていて、アレルギー性蕁麻疹、植物依存性運動誘発アナフィラキシー、非アレルギー性蕁麻疹、アスピリン蕁麻疹、物理性蕁麻疹、コリン性蕁麻疹、接触蕁麻疹等があります。

血管性むくみも蕁麻疹の一種でしょう。
唇や瞼に症状が現れることが多く先天性の場合もあります。
また、この他にも蕁麻疹が出来るケースがあり、蕁麻疹が長期間続く場合は蕁麻疹様血管炎、色素沈着として残る場合は色素性蕁麻疹の可能性が高いです。

赤ちゃんの蕁麻疹の対処法

赤ちゃんのじんましんは思ったよりも頻繁にできることが多いでしょう。
皮膚が弱い赤ちゃんなのでちょっとした刺激でも蕁麻疹となって現れることが多いのです。
もし蕁麻疹が出来たときは、まずは赤ちゃんの様子をチェックしてみましょう。

いつからどの場所にどれくらい出来たのか、すぐに治った場合はどれくらいの日数で治ったのかをきちんと覚えておくことが大切です。
蕁麻疹は一度治ったとしても再発することも多いので、後から病院に行ったときにきちんと答えられるように覚えておくことが大切です。

かゆみを伴う蕁麻疹の場合は、かゆみを和らげるために冷たいタオルで冷やしたりいつもよりぬるめのお風呂に入れる等の対処をしてください。

また、万が一自分でかいても傷つかないように爪を短めに切ることも大切です。
そして一番大切なことは皮膚を清潔に保つことです。

洋服を頻繁に取り換える、シートなどで優しく拭き取る、乾燥させないようにベビー用のクリームなどを塗る、そして水分補給をたっぷりと行うことが大切です。
もちろん何度も出来る場合はきちんと病院に行きましょう。

赤ちゃんの蕁麻疹の注意点

蕁麻疹が出来たらまずは原因を考えしょう。
普段と違うことをしていないか、部屋が汚れていないか、きちんと赤ちゃんを清潔に保つことが出来ていたかどうかを考えて下さい。
季節的に乾燥していたり汗を頻繁にかくなども蕁麻疹の原因となるでしょう。

いつできたか、どのように出来たか、どこに出来たかによって原因を知ることが出来るかもしれません。
また、蕁麻疹はアレルギー性の可能性も高いです。
その為アレルギー性だと思った場合はアレルギーが生じたものを取らない努力をすることが大切です。

他にも接触、摩擦、圧迫といった皮膚に負担がかかる行為を出来るだけ行わないことが大切です。
もし病院に行く場合は、きちんと状況を説明出来る状態になってから行きましょう。
何を食べて、飲んで、どんなスキンケアを使い、どんな薬を飲んだかなど具体的に説明できるように考えてから病院に行くと原因がわかりやすいのです。

もちろんいつできたかやどのくらいの頻度で出来るかなどです。
出来るだけ素早く対処するためにも普段から細かいところまで子供のケアをするようにしましょう。

コメント