1. TOP
  2. ミルク
  3. ミルクを作る時の温度と、飲ませる時の適正温度は何度?熱いのでやけどに注意を!

ミルクを作る時の温度と、飲ませる時の適正温度は何度?熱いのでやけどに注意を!

ミルクとフォローアップミルク

待望の赤ちゃんが生まれたあと、まだ産後の疲れが残っている中で、新米の両親は色んなことを頑張らなくてはなりません。

その中の重要なことの一つに授乳があります。本来は母乳を使うのが楽で母体の回復も早くなりますが、様々な事情からミルク育児を選択する人もいるでしょう。

最初は全てがわからずじまいですが、慣れるうちにスムーズに出来るようになりますから慌てなくても大丈夫です。

ミルクを作る時の温度は熱いのでやけどに注意!温度計で確認も

チュチュベビー ミルクのみごろチェッカー

ミルクを作る時の温度に関してては、ミルク缶にかいてある通りに作れば良いのですが、適正温度は70度以上、現代ではピッタリ70度を測ることが出来る便利グッズもありますから利用しましょう。

必ず必要と言うわけではないですが、初めての赤ちゃんでミルクを手の甲に垂らしても良く分からないという方は、安全のためにも是非利用して見て下さい。


チュチュベビー ミルクのみごろチェッカー 粉ミルクの適温を一目でチェック

70℃以上のお湯を哺乳瓶に入れるとかなり熱くなります。特にガラス製の哺乳瓶ではやけどしそうになるくらい熱くなるので、哺乳瓶は直接持たないでタオルを間にいれるようにしながら、溶かしましょう。

お湯でミルクを作る際には熱湯でミルクを溶かそうとしてしまう方もいますが、これは出来るだけやめましょう。

粉ミルクに含まれている折角の栄養素であるビタミンCが熱湯で20パーセントほど失われてしまうと科学的に分かっています。

既に赤ちゃんが泣いている場合つい慌ててしまって熱湯で作り、冷水で冷やすこともあるでしょうけれど、必ず70度の温度でミルクを溶かすようにしましょう。

粉ミルクの中にはサカザキ菌やサルモネラ菌がごくわずかですが含まれていることがあるのです。

それらの菌を殺すためには70度以上の温度が必要ですが、熱すぎるとビタミンCを壊してしまうのです。

しかし例え20パーセントの栄養素が壊れてしまっても赤ちゃんの成長に必要な養分は残っているそうなので不必要に心配することはありません。

ミルクに含まれている危険性があるサカザキ菌・サルモネラ菌とは

菌

ミルクの中に含まれている場合があるサカザキ菌とは、動物の腸管内やトウモロコシ、きゅうりなどの野菜、レモンなどの果物からも検出される菌であり、1歳未満の赤ちゃん、それも特に未熟児・免疫不全児・低出生体重児は敗血症や壊死性腸炎などの原因となってしまうことから注意が必要です。

重くなると髄膜炎を併発することもある、かなり危険な菌なのです。大人であれば菌の影響があってもこれほど重篤にはなりません。

そしてサルモネラ菌もあります。聞いたことがある方も多い菌でしょうけれど、サルモネラ菌は下痢や発熱などを引き起こす菌で食中毒になってしまいます。

これはミルクを製造している過程において混入する可能性はあまりなく、開封後や哺乳瓶に入れてミルクを作るときに混入してしまう可能性がある菌です。

授乳時(飲ませる時)のミルクの適正温度

哺乳瓶の乳首

次は飲ませる時の適正温度です。母乳を飲ませている人は母体の体温で丁度いい温度になっていますので、ミルクを飲ませる時も体温を目安にすると良いでしょう。お湯で溶かしたあと哺乳瓶を流水につけて冷まします。

適温は人肌であるとよくいいますが、飲ませている間に冷めてきてしまいますので少し高めの40度くらいにしておきましょう。

温度の確かめ方は手の甲に少しだけ垂らしてみることです。この時、熱いけれど我慢出来るな、と感じるくらいの温度が約40度ですから覚えておきましょう。温かいなあと感じるくらいだと既に冷ましすぎになっているので少し温めます。

しかし作り置きが出来ないミルクは赤ちゃんが泣いている時、特に深夜の授乳時間には眠気もあってさっさと作ってしまいたくなります。手早く簡単に冷ますことが出来る方法もありますからご紹介致します。

湯冷まし・ミネラルウォーターでミルクを冷ます

ミネラルウォーター

まずは70度のお湯でミルクを溶いたあとに、湯冷ましかミネラルウォーターで薄める方法です。

粉ミルクを冷ます時に冷水を使用出来るか?

厚生労働省で推奨している粉ミルクの作り方には、

  • 乳児用調製粉乳の調乳に当たっては、使用する湯は70℃以上を保ってください。
  • 調乳後2時間以内に使用しなかったミルクは廃棄してください。

の2点を必ず守るようにと記載がされています。

哺乳ビンを用いた粉ミルクの調整方法(pdf, 238.28KB)

但し、具体的なミルクの調乳方法に関しては、70℃以上のお湯で粉ミルクを溶かした後、流水で冷ますように記載があります。

これを守ろうとすると、湯冷ましやミネラルウォーターで冷ますのは賛否両論ありますが、明治や森永と言った粉ミルクメーカーは問題ないとの判断をしているようです。

赤ちゃん用のミネラルウォーターも市販でありますのでそれを利用するのも良いでしょう。冷ましすぎてしまっても赤ちゃんが飲まなくなってしまいますので、お湯や水は少し多目に用意しておいて量を加減しながら作ります。

流水にあてて温度を冷ますときにも、流水をあてながら哺乳瓶をぐるぐると回してみたり、哺乳瓶の乳首の口を押さえてから振ると比較的早く温度を下げることが出来ます。

そしてもう一つ、時間がある時に準備しておいて急いでいる時に使うと便利な方法が、湯冷ましやミネラルウォーターを予め製氷機で凍らせておいて、それを入れることで冷ますやり方です。

毎日何度も授乳の時間は来ますので、2,3回もすれば氷いくつでどれくらい冷めるということもわかるようになります。

時間がある時にミネラルウォーターを開封するとすぐにそれで氷を作ってしまえば、菌の繁殖を減らすことも出来るのです。流水で冷ます方法は水道代も上がってしまいますが、それも抑えることが出来ます。

70℃以上で沸騰していない衛生的な温水をどうするか?

調乳時に使用する70℃以上の温水をどうすれば良いのかと悩むことがあると思います。

水道水には塩素やトリハロメタンが混入しているので、赤ちゃんに使用出来るレベルまでにするには、沸騰している状態で蓋を開けて15分間以上放置しなければいけません。

毎回やるのは時間もかかるので現実的ではないですよね。

浄水器も市販されているものは、新生児が飲めるレベルにまでは綺麗に出来ないのが現状です。

衛生的な70℃以上の温水を作る方法でおすすめなのは、

  • ペットボトルのミネラルウォーターをティファールや電気ポットで温める
  • ウォーターサーバーの温水を使う

の2つです。

ペットボトルのミネラルウォーターをティファールや電気ポットで温める

軟水のミネラルウォーターはたくさんありますので、それを購入して温めます。

この場合、通常のものでは沸騰させる温度まで上がってしまうのでビタミンやミネラルを破壊してしまいますが、コストを抑える事が出来ます。

注意点としては、その日のうちに使用しなかったお湯は全部捨てて、ポットやティファールもしっかりと洗って衛生的な状態にする事です。

ウォーターサーバーの温水を使う

ウォーターサーバー

一番簡単な方法は、ウォーターサーバーの温水を使用する事です。

最近のウォーターサーバーは、無菌状態のお湯や冷水をいつでも使う事が出来るので、無駄がなく調乳するのにも最短で出来ます。

また、温水に関しても80℃~90℃と調乳に最適な温度となっているのも、大きなメリットです。

コスト的には、ミネラルウオーターで調乳した方が安いですが、手間と時間を考えると、ウォーターサーバーが一番良いでしょう。

授乳時の温度まで冷ます時にも、粉ミルクメーカー曰く「ウォーターサーバーの冷水を入れても良い」との返答でした。

ただ、温水でしっかりと粉ミルクが溶けているのを確認してからにしましょう。

飲まなかったミルクの取り扱い

泣いている赤ちゃん

ミルクの温度が適温でないと、赤ちゃんは飲んでくれないことが多くなります。お腹は空いているので泣きますが、哺乳瓶を拒否してしまう子もいます。

冷えたミルクは赤ちゃんのお腹を冷やしてしまいますし、適温であると思ったけれど中身がちゃんと混ざってなくて急に熱いものが出てきてビックリする赤ちゃんもいます。

冷やしたものは飲ませない、しっかり溶けて温度が均一になるようにぐるぐると揺らして混ぜる、ということに注意しましょう。

もしも途中で飲むのをやめてしまったミルクは勿体無くても破棄してください。

一度口を付けてしまったミルクには雑菌が混入してしまい、適温で栄養たっぷりのミルクの中で急激に増殖をします。

口を付けていないミルクに関しては、調乳後2時間以内であれば使用する事が出来ますが、空気中の雑菌が混入してきますし、何よりも冷めて赤ちゃんには適さなくなってしまうので、出来るだけ早く飲ませるようにしましょう。

ミルクの温度が冷たい時は

ミルクを冷ます時に思ったよりも冷たくなってしまった場合には、すぐであれば湯煎などで温めなおしても大丈夫です。

但し時間が経過したものを温めなおすのは、衛生的ではないですし、ミルクの缶にも作り置きは与えないように記載がしてあるのでやめましょう。

もちろん、冷たいミルクや常温のミルクでは、赤ちゃんが下痢をしてしまう事があるので飲ませないようにして下さい。

ミルクを適温にする方法

「チュチュベビー ミルクのみごろチェッカー」などで哺乳瓶の表面の温度を測定した飲み頃だったのに、いざ飲ませようとしたら熱かったり冷たかったりすることがあります。

これは、ミルクを冷ます時に哺乳瓶をしっかりと混ぜていない時に良くあることです。

適温にするためには、哺乳瓶全体をしっかりと混ぜた状態で温度測定をしましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

ミルクとフォローアップミルク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 赤ちゃんの体重はちゃんと増えてる?授乳のたびに一喜一憂してしまう

  • いつ頃断乳する?卒乳まで待つ?周りに流されないで!断乳の時期はお母さんと赤ちゃんで決めましょう!

  • 赤と白のうんちは危険信号!赤ちゃんの下痢

  • 離乳食はいつから!? アレルギー食材の判別法と注意点を解説。味付けは塩分に注意して10倍がゆから

  • 赤ちゃんでも痔になるの?以外に多い切れ痔といぼ痔

  • 母乳育児で貧血が起きると赤ちゃんにも影響が!原因と解消法は?