1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. ミルクを作り置きする方法と温めなおしの注意点(厚生労働省推奨)何時間なら大丈夫?

ミルクを作り置きする方法と温めなおしの注意点(厚生労働省推奨)何時間なら大丈夫?

ミルクの調乳

赤ちゃんをミルクで育てている場合には、1日に何度も作らなくてはならず、赤ちゃんのお世話に疲れを感じているときにはミルクづくりが面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

ある程度ミルクの作り置きが可能なのであれば、忙しいママにとっては非常にありがたいことと言えます。

ミルクの作り置きはあまりおすすめされているものではありませんが、あらかじめ作っておいたミルクを使うことができれば、手間や時間をかけることなく生活にも余裕が生まれるでしょう。また赤ちゃんとの生活が楽になるというメリットも生まれます。

赤ちゃん用のミルクは非常に栄養が豊富であり、赤ちゃんが好む40度前後の温度は雑菌が好む温度帯といわれているため、もしも作り置きして放置している場合には、外気などから入り込んだ雑菌が大繁殖する恐れがあります。

赤ちゃんは大人の体と比べるとその免疫力は半分ほどしかなく、そのうえ病気に打ち勝つ体力もそれほど備わっていないため、雑菌が混入しそれを体内に入れてしまう可能性はできるだけ排除しておきたいものです。そのため飲む直前に作るのが一番安全であるとされています。

しかし中にはミルクを作り置きしておきたいという人もいることでしょう。

実は作り置きに関しては必ずしも厚生労働省が禁止されているものではありません。

ミルクを作り置きの時間は常温で2時間、冷蔵庫で24時間

冷蔵庫

厚生労働省が示す作り置きミルクの考え方としては、

  • 70度以上のお湯を使って作ったミルクは室温に置く場合には2時間を過ぎたら廃棄すること
  • すぐに冷却して5度以下で冷蔵保存しておいた場合には、24時間を超えたら廃棄すること

と定められています。

引用:厚生労働省【 PIF を使用した粉ミルクの調乳 】

このように定められているとはいえ、国内のミルクメーカーのほとんどは作り置きをすすめてはいません。

そのため作り置きして飲ませるかどうかはあくまでも自己責任となるでしょう。

厚生労働省が示しているミルクの作り置きに関する記事も、病院など医療関係を対象にしているのですが、万が一の事がないようにトレーサビリティもしっかり残しておくように記載がしてあります。

作り置きができるとはいえ、それは清潔で安全につくられていることが大前提となります。

免疫が低い赤ちゃんは少しの雑菌でも命の危険につながってしまう可能性もあるため十分な注意が必要です。

ミルクの調乳方法の手順と注意点

哺乳瓶の乳首

ミルクを作る際には

  • 最初に必ず石鹸と清浄な水できれいに手を洗うこと
  • 哺乳瓶はしっかり洗って消毒をすること
  • さらに哺乳瓶を触る道具も消毒すること

などが重要となります。

消毒をするほかにも、哺乳瓶の洗い残しがないようにしっかりと確認しましょう。

赤ちゃんの免疫力は大人と比べて低い

洗い残しやかすが残っているとそこから雑菌が繁殖することになり大変危険です。

赤ちゃんはお母さんの免疫をもらって生まれてくるとはいえ、生まれた直後から免疫力はどんどん低下して、生後3カ月を過ぎたころから少しずつ回復していきます。

しかし生後10か月を過ぎてもその免疫は大人の半分ほどしかないといわれています。

哺乳瓶や乳首は赤ちゃんの口に直接触れるものであるため、消毒が非常に重要となります。

忙しいとどうしても洗ったつもりになってしまうこともあるので、哺乳瓶を光にかざすなどして洗い残しがないかどうかをよく確認するようにしましょう。

特に生後4カ月ごろまでは注意が必要で、哺乳瓶を消毒する際にも使う道具もしっかりと消毒するようにしましょう。

哺乳瓶を消毒する方法としては

  • 煮沸消毒
  • 薬剤消毒
  • 電子レンジ消毒

などがあげられます。特に電子レンジは手間もかからずに簡単にすることができるでしょう。

冷蔵庫で作り置きしたミルクを温めなおし

ポット

冷蔵庫で作り置き保存しておいたものを使用する場合には、温め直しの注意点がいくつか見られます。

まず保存しておいたミルクは赤ちゃんに与える直前に冷蔵庫から取り出すようにしましょう。

5度以上の温度となると有害な細菌を増殖させてしまう可能性があるので、保存したミルクは飲む直前に冷蔵庫から取り出して、速やかに湯煎で温め直しをする必要があります。

そして温め直しをする場合には15分以上加熱をするのは避けましょう。長時間の加熱により有害な細菌が増殖してしまう可能性があります。

温め直している間はミルクが均一に加熱できるように時々容器を軽く回して、電子レンジの加熱はミルクの温度が均等にならずに、赤ちゃんの口の中がやけどしてしまう事もあるので、絶対に使ってはなりません。

ミルクを与える前には必ず温度を確かめ、温め直したミルクを2時間以内に飲まなかった場合には破棄するようにしましょう。

そして夜中に目を覚ましてミルクを欲しがる赤ちゃんも多いかと思います。

夜中新生児用のミルクを作り置きしたいですが・・・

特に新生児の場合には昼夜問わず2から3時間おきにミルクを欲しがるため、赤ちゃんが夜中に目を覚ました場合には、自分が寝ている時であっても布団から起き上がって作りに向かわなければなりません。

この作業を避けるためにミルクを作って保温しておけばすぐにあげられるのではないかと考える人もいます。

確かに夜中で赤ちゃんが泣いて起こされ、そこからキッチンに向かい作ることは本当に大変です。

ミルクを保温できて簡単にすぐあげられる方法があれば知りたいと思うのは当然とも言えます。

しかしミルクは細菌が繁殖しやすいので保温は避けましょう。雑菌を赤ちゃんの体内に入れないためにも、その都度新しいミルクを作ってあげるようにしましょう。

夜中のミルク作りはウォーターサーバーを使うと便利

フレシャススラット

夜中のミルク作りで重宝するのがウォーターサーバーの存在です。

衛生的なお湯をすぐに使用出来るウォーターサーバーなら、赤ちゃんがお腹を空かせて泣きだしてから調乳しても、3分もあれば作る事が出来ます。

もちろん、哺乳瓶などは予め消毒しておかないといけないので、母乳に比べると時間がかかりますが、それでもその都度沸騰させる手間を考えると圧倒的に早くて便利です。

また、水道水のように塩素やトリハロメタンと言った赤ちゃんの身体に有害となる物質を含んでいない事も、ウォーターサーバーの大きなメリットです。

外出時はミルクを作り置きしない

幼児の外出

外出時にミルクを作り置きしたいと考えるお母さんもいらっしゃるかと思いますが、衛生面を考えるとお勧めできません。

基本的に、外出時には魔法瓶にお湯を入れて持ち歩き、外出先で調乳をします。

外出時のミルクを作るために必要な持ち物は、

  • 消毒済みの哺乳瓶
  • 魔法瓶に入れたお湯
  • 湯冷まし用の水
  • ミルク(キューブやスティックタイプが便利)

です。

>>生後1・2・3・4週間の新生児・乳児のミルクの量と回数、間隔の目安は?

外出先で水道水がある場合には、流水で冷ます事が出来ますが、無い場合には赤ちゃんが飲める38℃~40℃に冷ます事が出来ないので、湯冷まし用の水を持っていきましょう。

作り方は

  1. 消毒済みの哺乳瓶に、ミルクを入れて、出来上がり量の3分の2程度までお湯を入れます。
  2. お湯を入れたら、乳首とフードを取り付けてしっかりと混ぜ合わせます。
  3. その後、湯冷まし用の水を定量まで入れて完成です。

ミルクを溶かすためのお湯はミルクに稀に含まれている病原菌を殺菌するために必ず70℃以上である必要があるので、魔法瓶に入れるお湯は熱めの方が良いでしょう。(沸騰したお湯を魔法瓶に入れて保温しても、5時間もすると70℃くらいに冷めてしまいます。)

お湯が熱いうちは上記の方法で作りますが、70℃くらいに冷めているようでしたら、お湯の分量を少し多めにして湯冷まし用の水は少なめにしておきましょう。

また、外出先では軽くすすぐ程度は出来てもしっかりと消毒する事はできないので、外出時間がある程度長くなるようでしたら、哺乳瓶は2本持って行った方が良いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

ミルクの調乳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 赤ちゃんにストローはいつから?むせたり飲まない時のおすすめの飲ませ方について

  • 痒いのが可哀そうな赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はいつから?掻くのは良い?

  • 羊水が少なめだとどうなる?胎児の障害と対策について

  • 新生児が母乳の飲み過ぎでお腹パンパン!どんな対策がある?

  • 赤ちゃんの水出し麦茶の作り方について。ウォーターサーバーがあると便利!

  • 【子育て】新生児への授乳方法 授乳の間隔や回数。母乳を出すポイント