1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 妊娠中は甘いものが止められない!胎児への糖分の影響は!?

妊娠中は甘いものが止められない!胎児への糖分の影響は!?

チョコレート

妊娠中は食の好みが変化しやすく、特に妊娠後期になると甘いものを好むようになる人が多いといわれています。

妊娠すると何故甘いものを食べたくなるの?

なぜ妊娠中に食の嗜好が変化し甘いものが食べたくなるのか、その理由はホルモンバランスと関係しています。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは、妊娠初期から後期にかけて分泌がさかんになっていきます。

これらのホルモンは知覚や味覚とも密接に関わっているため、分泌量の変化が食の嗜好にも影響をもたらすのです。

またお腹の中の赤ちゃん(胎児)は日々成長をしており、体を大きくするために大量のエネルギーを必要としています。こうした影響もあり、体内での分解・吸収が素早く、効率のよいエネルギー源である糖類を摂取したくなるのでしょう。

妊娠中にはなるべくストレスを感じること無く、リラックスして穏やかな気持ちで過ごした方が良いですから、変化する食の嗜好にも上手に付き合っていきたいものです。しかし食べたいものだけを偏って食べたり、甘いものばかり摂取するというわけにもいきません。甘いものを過剰に食べ過ぎてしまうと、お母さんの健康に問題が生じたり、胎児に影響がでる可能性もあります。

甘いものを食べ過ぎると胎児や母体にどんな悪影響が出る?

甘いものの摂り過ぎによって起こる問題として、まず妊娠糖尿病を挙げることができるでしょう。妊娠中の身体はインスリンの作用が弱まっているため、血糖が上昇しやすい状態にあります。

甘いものばかりを好んで食べていると血液中の糖分が増加してしまい、妊娠糖尿病になるリスクが高まってしまうのです。お母さんが糖尿病になってしまうとお腹の中にいる胎児も

  • 流産
  • 巨大児
  • 発育不全
  • 心臓の肥大

と言った悪影響を受けてしまいます。

一度糖尿病になってしまうと食事療法等で血糖値を厳しくコントロールしなくてはなりませんので、予防をしっかりと行っておくことが大切でしょう。

糖尿病を発症してしまうと、妊娠高血圧症候群になるリスクも上昇してしまいます。妊娠前から血圧が高めな方、肥満傾向にある方はとくに注意をしておきたい病気です。

妊娠高血圧症候群は重症化してしまうと胎児の発育不全や、常位胎盤剥離になるリスクが生じます。塩分や糖分の摂り過ぎに注意をして、血圧の上昇を予防するようにしましょう。

胎児に直接影響をするわけではありませんが、甘いものの摂り過ぎは母体の肥満を招いてしまいます。妊娠後期はただでさえ体重が増加しやすいですから、カロリーオーバーになりやすいお菓子やスイーツなどはほどほどにしたほうが良いでしょう。

短期間のうちに急激に体重が増加してしまうと、健康を阻害する可能性があり、難産になるリスクも高まります。

どうしても甘いものが食べたい時はどうすればいい?

ハーブティー

お母さんと胎児の健康を維持するため、甘いものの摂り過ぎには注意をしたほうが良いですが、食べたい気持ちを我慢しすぎるのも考えものです。どうしても甘いものが止められないといった場合には、身体への影響が少ないものを選んで食べるようにすると良いでしょう。

白砂糖を使用している菓子類やケーキではなく、自然な甘みを含んでいる果物や芋類を食べたほうが安心です。果物類は水分が多いため満足感を得やすく、同時にビタミン類を摂取できるというメリットもあります。またサツマイモなどの芋類も天然の甘味を多く含んでおり、低カロリーでありながら満腹感を覚えやすい食品です。

空腹感があるわけではないが甘いものを口にしたい、そんな場合には豆乳や牛乳などを温めて飲んでみるのも良いでしょう。少量のお砂糖をプラスして飲めば甘味を感じやすく、体を温めてリラックスさせる効果も得られます。

果物や飲み物ではなくデザートが食べたいという時には、低カロリーで消化に優しいゼリー類を食べるのがおすすめです。ゼリーは種類が豊富ですし、ダイエットにも適したローカロリータイプの製品が多数販売されています。

飲み物もコーラやスポーツドリンクなどは糖分が多いので出来るだけ控えるようにしましょう。

妊婦さんに良い飲み物は、

  • 白湯
  • 麦茶
  • ハーブティー

と言ったカフェインや糖分を含まないものになります。

ウォーターサーバーがあれば、白湯は冷水と温水を混ぜるだけで作れますし、麦茶やハーブティーもティーバッグを買ってくれば手軽に作れるのでお勧めですよ。

つい甘いものに手が伸びてしまう、食べ過ぎてしまったという場合には、普段の食事メニューを見直して糖分のコントロールをするのも良いでしょう。市販のタレや煮物の汁には、糖分が多く含まれている場合があります。砂糖やみりん等をなるべく使用しない料理を選ぶと、お食事による糖分の摂取を控えることができるでしょう。

我慢をしすぎてストレスがたまってしまい、体調を崩してしまっては元も子もありません。あまり厳しく制限をせずに済むよう、食べても良い量や食品をあらかじめ決めて、その範囲で楽しむと良いでしょう。お菓子類を購入する際にはなるべく個包装タイプの製品を選ぶと、自分で食べる量をコントロールしやすくなります。

定期的に行われる妊娠検査の結果をチェックして、血糖値の数値を確認しておくことも大切です。また自宅に体重計があるのなら、こまめに体重測定をして身体の変化をチェックしておきましょう。

体調や妊娠検査の結果に大きな問題が生じていないのなら、あまり過剰に気にする心配はないかもしれません。自分の欲求と身体の変化に上手に対応しながら、健康的に妊娠後期を過ごしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

チョコレート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 【子育て】母乳育児のコツ

  • 生後半年を過ぎたら白湯やお茶を赤ちゃんの飲み物に!飲ませ方や温度について

  • ノロやロタウィルスが怖い!赤ちゃんの胃腸炎

  • 【母乳育児】母乳にいい食べ物。初乳は粉ミルクにはない免疫力も豊富。

  • コスモウォーターで赤ちゃんのミルク、麦茶、離乳食、白湯を作ってみた~

  • 妊娠中の水下痢の原因と治し方。腹痛や不正出血を伴う水下痢は注意