妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

妊婦 ウォーターサーバー

妊娠すると胎児の体重や、羊水が増えるので体重が増えるのは当然の事です。

妊娠初期はつわりで食事も減りがちなので、体重が減る方も多いですが、妊娠中期以降になると食欲増加に伴い、あっという間に体重が増えてしまいます。

適正体重よりも太りすぎると、妊娠高血圧症候群などになりやすいので注意が必要です。

妊娠で太るのは何キロまで大丈夫?平均的な体重増加は?

一般的に妊婦さんが増える体重の許容範囲は、7㎏~12㎏と言われます。

許容範囲を超える体重増加や、急激な体重増加は妊婦自身にとってもお腹の赤ちゃんにとっても良くない事が起こるリスクがあがるのです。

急激な体重の増加は、脂肪が邪魔をして難産につながってしまうと言われています。

出産するまでのトツキトウカの妊娠期間の体重増加は、もちろん個人差もありますし、妊娠前の体型で変わります。

体重の増える割合は妊娠前のBMIで決まる

一般的に体重がどれくらい増えるかは、妊娠前のBMIによって異なってきます。

  • 低体重(BMI18.5未満)のママ:9kg~12kg
  • 普通体型(BMI18.5~25.0未満)のママ:7kg~12kg
  • 肥満(BMI25.0以上)のママ:医師による個別判断

上記に書いた体重増加の許容範囲、7キロ~12キロと言うのは、平均的な体格の妊婦さんが増える体重になります。

この目安をあまりにオーバーしてしまうと体が重たくなって妊娠期間が辛くなりますし、最終的に出産時にも胎児にも影響が出る事になってしまいます。

体重増加の内訳

妊婦さんが10㎏近く体重が増加するのに、生まれてくる赤ちゃんの体重は3㎏程度です。

これでは計算が合わない事になりますが、実はそれ以外にも体重を増やす要因があります。

体重が増える内訳ですが、

  • 胎児      約3キロ
  • 胎盤      約500グラム
  • 羊水      約500グラム
  • 血液      約2キロ
  • 脂肪分やその他 約1キロ

合計約7㎏となります。

なので、これくらいの体重増加は誰にでもあることなのです。

妊娠ではなぜ太る?

妊娠中に太る原因は、色んな理由があります。

妊娠初期の食べづわりで際限なく食べてしまう人もいれば、お母さんから「妊娠中は二人分食べないと・・・」と言われるまま食事の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。

またお腹が出てくることで運動不足になってしまう方や、妊娠中のストレスが原因で過食に走る方もいらっしゃいます。

また妊娠は体内ホルモンが大きく変化するので、痩せにくい体質になるという方もいます。

お腹の赤ちゃんがお母さんからたくさんの栄養をもらえるように、体の仕組みが変わるのです。

妊婦健診で大幅な体重増加があると、お医者さんや助産師さんから太る事への指導が入るので、出来る範囲で指示に従うようにしましょう。

妊娠中に増やす1日のカロリー

ちなみに妊娠後期でも一日当たりで通常より増やしても大丈夫なカロリーは500kcalとされています。

ご飯にするとおよそお茶碗2杯分くらいなのです。

本当に少しですよね?

動かない、動きにくい上にいつもより食べてしまえば体重が増えるのは当然と言えます。

妊娠中の母親学級やお医者さんたちからの話では、妊娠中に太るとどんな事が起こるのかと説明があります。

妊娠中に極端なダイエットで痩せるのは良くない

ダイエット食

さてここまで太ると大変!!と話してきましたが、それでも逆に太る事が無いようにと、極端なダイエットをするのはいけません。

お腹の中の赤ちゃんの為に必要なエネルギーが使われていく為、酷い目まいや貧血になったりと他にトラブルが引き起こされます。

体重は増やす時も減らす時も、少しずつ行い胎児に悪影響が出ないようにしましょう。

妊娠初期からお母さんの体は出産の準備に入ります。

妊娠中の水分補給

妊娠中は食べる量が変わらなくても、何故か体重が増え太るという事もあります。

これは血液の量が増加する事によって、体内の水分量が増えるからです。

また妊娠による体温の上昇により喉が渇きやすく、水分をたくさんとるケースもあります。

むくみが出たら医師に相談

摂取した水分が、体全体のむくみになって現れる事があります。

もちろん水分補給はとても大切な事ですのでやめる訳にはいきませんが、むくみが酷い時には妊娠高血圧症候群などの病気も疑われるので医師に相談をしましょう。

頻尿は妊娠に必要なこと

妊婦さんの中には、頻尿に悩む人がたくさんいらっしゃいます。

頻尿は不快感を伴うものではありますが、妊娠初期から頻尿になるのも実は必要な事なのです。

胎児が成長してくると、その分膀胱を圧迫するので尿意を感じやすくなりますし、血液の量が増える分トイレが近くなってしまいます。

頻尿も妊娠中期になってくると、次第に収まってくるので過度な心配は必要ありません。

糖分の過剰摂取は控える

妊娠中に太る原因として、糖分の過剰摂取があります。

例えばスポーツドリンクやコーラ、フルーツジュースなどには糖分が多く含まれているので控えた方が良いでしょう。

水分を摂取する時にはカフェインや糖分が含まれていないハーブティーや麦茶、白湯などを飲むようにする事で胎児にとっても母体にとっても良い影響を与えてくれます。

ハーブティーや麦茶、白湯などはウォーターサーバーがあると簡単に作る事が出来ますし、妊娠中であれば特典がついてお得に始めるチャンスでもあるので活用しましょう。

妊娠をすると血液量は妊娠前に比べて、30%~50%増えるといわれています。

子宮が大きくなるにつれて胎盤もおおきくなり、それにともなってより多くの血液が必要になってきます。

そのため、ある程度太るのも仕方のない事ですが、糖分を過剰摂取していると妊娠糖尿病になるので注意してください。

妊娠中に太る!対策方法は?

体重計

では増えすぎた体重を減らすためにはどうすればよいかと言うと、

  • 定期的に体重計に乗って、体重管理する
  • 食べた物を記録したり、おやつを減らす
  • 無理のない範囲で運動をする
  • 低カロリー・低糖質の食事を心がける

等々を、まず出来る事を行いましょう。

低カロリーや低糖質の食事は、ネットでもたくさん出ています。

軽い運動は体調のいい時に家の周りを軽いウォーキングをしたり、体を動かすことでストレス発散にもなります。

食べ物の制限だけではストレスになりますし、体の事を考えてある程度は好きな物を食べて、ストレスを溜めない事も大切です。

毎日体重計に乗り、体重管理をすることも効果的と言えるでしょう。

数字として目で見てわかるので、食事の量を制限しやすくなります。

妊娠中に太り過ぎる事で起きる悪影響

妊娠中に太りすぎると、

  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病

になる危険性があります。

妊娠高血圧症候群

元が高血圧ではなくても妊娠中に高血圧になる人はいます。

一般的な症状は、

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 高血圧
  • 浮腫
  • 尿蛋白

などがあげられます。

元々素質を持つ人もいますが、太りすぎも原因の一つです。

重篤化すると、低体重児の原因になったり、常位胎盤早期剝離を起こしたり、早産や胎児死亡をひきおこしたり、新生児仮死や死産につながる事もあるので体重管理が必要です。

妊娠糖尿病

妊娠すると、胎盤からでるホルモンの働きでインスリンの働きが抑えられ、また胎盤でインスリンを壊す働きの酵素ができるため、妊娠していないときと比べてインスリンが効きにくい状態になり、血糖が上がりやすくなります。

このため、妊娠中、特に妊娠後半は高血糖になる場合があり、一定の基準を超えると妊娠糖尿病と診断されます。

妊娠中のお母さん(母体)が高血糖になることで、母体だけでなく赤ちゃんの合併症をもたらします。

妊娠糖尿病を適切に治療すると、巨大児が減ったり妊娠高血圧症候群の合併が防げたりするという研究結果があります。

これにより妊娠糖尿病を治療しなかった人と比べて帝王切開となる人が増えます。

妊娠と妊娠糖尿病より引用)

まとめ

妊娠中は胎児や胎盤だけでなく、血液の量も増加するので平均的な体格の女性でも7㎏~12㎏の体重増加があります。

多少太るのは当たり前の事ですが、極端な体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすので、糖分の取りすぎには注意しましょう。

コメント