1. TOP
  2. 妊娠・妊婦
  3. 妊娠中の水下痢の原因と治し方。腹痛や不正出血を伴う水下痢は注意

妊娠中の水下痢の原因と治し方。腹痛や不正出血を伴う水下痢は注意

 2018/03/27 妊娠・妊婦 赤ちゃん・妊婦さんの病気
この記事は約 7 分で読めます。 6,808 Views
便秘

妊娠中は母体に様々な変化が現れますが、水下痢もその一つと言われています。

便秘になるということはよく聞く話ですが、つわりが終わりやっと安定期に入ったと思ったら、今度は水下痢の症状に悩まされるという人も多く見られます。

水下痢の場合にはおなかの赤ちゃんに影響はないかどうか非常に心配になるものです。

そのため妊娠中の水下痢の原因を知り、その原因に合わせた対処が必要となります。

妊娠中の水下痢の原因

妊娠中の水下痢の原因としては、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 冷え
  • 食べ過ぎ
  • 食あたり・胃腸炎

などが考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中の水下痢の原因の一つとしてホルモンバランスの変化が挙げられます。特に妊娠中期になるとおなかが非常に弱くなり、普段は健康であった人であっても下痢や便秘を繰り返すことがあるでしょう。

これらの下痢や便秘などの症状はホルモンバランスの変化によってひきおこされる症状です。

妊娠すると女性ホルモンがこれまでよりも多く分泌されることとなりますが、このホルモンバランスの変化により妊娠前とは体調などが異なってきます。

妊娠中の下痢もその一つであり、妊娠中期になると多くの人が下痢や便秘に悩まされるようになります。腸内の環境も非常に不安定な状態になっているため、水下痢がひきおこされることがあります。

冷え

そして体の冷えが原因となっている場合もあります。妊娠中期になるとそれまではつわりに悩まされていた人もだんだんと胃が楽になり、食べられることが嬉しくつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりすることが多くなります。

ついつい冷たい飲み物を飲んでしまうという人も多いでしょう。気持ちも楽になり外出できるようになり、外出先でおいしい食べ物や飲み物は味わってしまう人も多いものです。しかし敏感になっている妊娠中には、冷たいものはできるだけ避けるようにしましょう。

食べ過ぎ

また妊娠中に限った事ではありませんが、食べ過ぎにより胃腸に負担がかかり水下痢になる場合や、辛い物などの刺激によって水下痢になることも考えられます。

特に中期を過ぎると少しずつ子宮が膨らみ、周りの内臓を圧迫し始めることとなります。

胃腸の働きも弱ってきていることから、妊娠前は健康だったからこれくらい食べても大丈夫だろうと同じような食生活を送っていると、ささいなことで下痢につながる可能性があります。

食あたり・胃腸炎

妊娠中は免疫力が低下しているので、元気な時なら大丈夫な食事でも

  • トキソプラズマ
  • リステリア菌
  • サルモネラ菌

などが原因で食中毒を起こしやすくなります。

特に妊婦さんが注意したい食べ物としては、

  • ユッケ
  • レバ刺し
  • レアのステーキ

があり、トキソプラズマと言う寄生虫が入っている可能性があります。

健康な人が感染しても問題はないのですが、妊婦さんが感染すると胎盤を通して胎児に感染をしてしまいます。

妊娠初期でトキソプラズマに胎児が感染すると早産や流産、死産のリスクや、障害をもつケースもあるので生ものや火が十分に通っていない肉や魚は避けるようにしましょう。

妊娠中は水下痢にならないように予防する

妊娠中はホルモンバランスの乱れや免疫力の低下によって、水下痢になりやすいと言えます。

頻繁に続くと、お母さんだけでなく胎児も衰弱してしまう可能性があるので、まずはしっかりと予防する事から始めましょう。

具体的に出来る水下痢の予防法としては、

  • 体を温める
  • 生ものは食べない
  • 手洗いうがいをする

があります。

体を温める

夏場などはエアコンをガンガンにかけて涼しい所でゆっくりしたいですが、身体が冷えると抵抗力がますます弱まり胎児にも悪影響を及ぼしかねません。

エアコンをつける時には出来るだけ除湿にして、室温を下げすぎないように注意しましょう。

また、水を飲むときも冷水ではなく、常温水や白湯など少しぬるめのお水で水分補給をしましょうね。

ウォーターサーバーを使用する際にも冷水をそのまま飲むのではなく、温水を混ぜて白湯にして飲むと体の冷えを防止して水下痢の予防になりますよ。

赤ちゃんのウォーターサーバーはこちら!

手洗いうがいをする

ウィルスや細菌は手や顔に付着して感染する事で食中毒を引き起こします。

手洗い・うがいをしてウィルスを体内に入らないように、入っても少量にする事で酷い水下痢にならないように出来ますよ。

水下痢だけで早産・流産になるとは考えられていないが腹痛や出血には注意

腹痛

そして水下痢が生じた時に一番気になるのが流産や早産の危険性です。

初期には特に流産の危険性がありますが、流産や早産の危険性については妊娠の全期間を通して気をつける必要があります。

おなかが痛くなってしまいトイレでいきむことで、赤ちゃんのことを心配する人も多いでしょう。

水下痢になったことが流産や早産の直接的な原因とは考えられていませんが、妊娠中は胃腸の調子が悪くなりがちなので、整腸剤を処方するなど上手に活用しながら、ストレスをためることなく生活していくことが大切です。

妊娠中の下痢がよくあることとはいえ、水下痢に加えてそのほかに症状がある際には体の変化や様子についてしっかり観察する必要があります。

水下痢だけではなく嘔吐も併発している場合には、食中毒や感染症にかかっている可能性も考えられるので、必ず医師の診断を受けるようにして下さい。

妊娠中は体力も免疫力も低下しているため、ふだんであればかかることのないウイルスや細菌に感染する可能性があります。

これらは早めに治療することが大切なので、体力の低下を考えて適度に運動して体を鍛えておくことも考えておきましょう。

また下痢の原因になりそうな生ものは妊娠中は控えるようにしましょう。

>>妊娠中に妊婦さんNG、または気を付けるべき食べ物 11選

そのほかにも腹痛を伴う水下痢や、不正出血がある、おなかの張りが続くなどの場合には、切迫流産や切迫早産の可能性も考えられるため、早めに産婦人科で相談するようにしましょう。

妊娠中の水下痢への対処法

妊娠中の水下痢への対処法としては、冷えと脱水症状には十分に注意する必要があります。

妊娠初期の下痢の場合には、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが関係していることが多いので、なかなか根本から対策をとることは難しいでしょう。しかし自分でもできることはあり、体を温めたり、冷たいものの取り過ぎには十分に気をつけましょう。

水下痢をするとつわりとともに、固形のものが食べられないこともあるでしょう。このようなときにはスポーツドリンクを飲むだけでも良いといえます。

下痢をしてしまうと水分だけではなく体のミネラルも同時に失うことになるので、スポーツドリンクを選べば電解質の補給もできるため、特に食事がとりにくい場合にはおすすめです。

しかしこのような水分もとれない状態は、脱水症状を引き起こすことになるため、一度受診をして相談した方がよいでしょう。

そして妊娠中期にはつわりが収まって食欲が出て食事が取れるようになることに喜ぶ人も多いですが、このころに便秘と下痢を繰り返すようになる人も見られます。

便秘対策としてヨーグルトなどの乳製品を取り過ぎてしまうことも、反対に下痢の原因となる可能性があります。

妊娠後期にもなると子宮の収縮も増えてくることから、たとえ下痢をしていたとしても、おなかの張りが不規則であり安静にしていれば収まるようであれば特に問題はないでしょう。しかし下痢とともに規則的におなかが張ったり痛みが強まるようであればよう産婦人科で診察を受けるようにして下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

便秘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 水道水や果物まで。意外と知らない赤ちゃんのアレルギー

  • 妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

  • 妊娠中は明太子やたらこを食べても大丈夫?生で食べるとリステリア菌のリスクがある

  • 赤ちゃんでも痔になるの?以外に多い切れ痔といぼ痔

  • 母乳による消費カロリーは?母乳ダイエットで痩せる方法!

  • 妊娠中は味覚が変化するけど、いつからいつまで?味覚障害は亜鉛を含む食事とストレス解消を心がける