妊娠中にお酢はおすすめ!アップルサイダービネガーや黒酢で簡単ドリンクを飲みましょう!

酢 ウォーターサーバー

最古の発酵調味料といわれるお酢は、健康に良いことで知られていますし、妊婦が摂取しても大丈夫です。

日本では昔から生食が多く、様々な和食の味付けをするためにお酢を使ってきた歴史があります。

酸っぱい味の理由は、クエン酸などの有機酸です。

クエン酸には食べ物に含まれているエネルギーを活動するためのエネルギーに変えるときに役立ちます。

糖質や糖質の代謝を促進させるビタミン1を一緒に摂ることで、疲労回復効果が期待できます。

クエン酸は体内に吸収されにくいマグネシウムやカルシウムなどと結びついて吸収されやすい形に変える作用を持ちます。

また食欲を増進させ、消化の吸収もサポートしてくれるので、妊娠中も積極的に摂取するようにしましょう。

妊娠中にお酢を飲むメリット

妊娠中は酸っぱい味を好む方も多いので、お酢は比較的摂取しやすい調味料です。

お酢には様々な効果が期待出来ますが、主なところとしては、

  1. 便秘改善
  2. 病気や老化の抑制
  3. ダイエット
  4. カルシウムを吸収しやすくする

と言ったメリットがあります。

1.便秘改善

妊娠中は便秘に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

お酢には抗菌作用があり、腸内善玉菌を増やして悪玉菌が減らす事が出来ます。

そうすると腸の血液の流れが良くなり、ぜん動運動が活発になると腸内環境が改善されます。

ぜん動運動が活発になると腸内に溜まった老廃物を排出しやすくなるので、妊娠中の便秘が解消されやすくなります。

病気や老化の抑制

またお酢は、活性酸素の発生も抑制してくれます。

活性酸素は老化や病気の原因になるため、お酢を摂取する事で活性酸素の発生が抑制されれば病気や老化を防ぐことが可能です。

妊娠中は抵抗力が落ちて、風邪などを引く機会が多くなりがちですが、お酢を日常の食事に取り入れる事で病気予防をする事が出来ます。

またアンチエイジング効果も期待できるため、ホルモンバランスの乱れで荒れがちな肌も艶やかにしてくれます。

ダイエット

必須アミノ酸やクエン酸など身体に必要な栄養素が豊富に含まれているお酢には、ダイエット効果もあります。

お酢は脂肪の燃焼を促進させるアミノ酸がバランス良く含まれているので、適正な体重に落としやすくなります。

妊娠した女性の中には、食べ過ぎてしまうことに悩む人も多いです。

太りすぎた妊婦さんは分娩に時間がかかりやすいので、お酢の力で少しずつ適正な体重をキープ出来るように改善しましょう。

カルシウムを吸収しやすくする

日本人はカルシウムが不足になりやすいですが、毎日の食生活にカルシウムの吸収をサポートするお酢を取り入れることで効率よくカルシウムを摂取できます。

 

妊娠した女性は自分のためにも赤ちゃんのためにも栄養バランスを考えた食事を摂り、上手に体重をコントロールすることが大事です。

お酢など身体に良い調味料を工夫して使うことで、肥満を防ぐことが可能になります。

妊婦さんが無理なく飲めるお酢はリンゴ酢がおすすめ

日本では様々な種類のお酢が販売されていますが、昔から人気が高いのが黒酢です。

最近はアップルサイダービネガーも女性に人気があります。

アップルサイダービネガーと言うと分かりにくいですが、リンゴ酢と同じです。

ACVと呼ばれるアップルサイダービネガーは、海外では万能薬と呼ばれるほど人気が高くなっています。

抗菌作用やダイエット作用、消毒作用がありアンチエイジングにも活用されています。

抗菌作用があり、腸のけいれんも和らげてくれます。

ハチミツとACVを合わせてお湯で割ったものを飲めば、消化不良を防ぐ事も出来ます。

はちみつとリンゴ酢のサイダー割り

はちみつとリンゴ酢のサイダー割り

【材料】

■蜂蜜 大さじ2
■りんご酢大さじ2
サイダー700cc

【作り方】

グラスにはちみつとリンゴ酢を入れて良くかき混ぜます。

その後サイダーを入れれば完成。

簡単ですが、はちみつの甘みとサイダーのスッキリした味わいで妊娠中でつわりの時期でも飲みやすくなっています。

はちみつは1歳未満には食中毒の危険性があるので避けるべき食べ物ですが、妊婦さんや胎児には影響がないのでご安心ください。

サイダーが苦手な方は、サイダーの代わりに水に混ぜてドリンクとして飲むのもおすすめです。

妊娠中の肌のケアにもリンゴ酢はおすすめ

お酢は食事として摂取する以外にも、髪の毛や頭皮にも良いと言われています。

妊娠中は肌の状態が不安定になり、今まで使っていたシャンプーやトリートメントが使えなくなる人も多いと思います。

そのような場合には、オリーブなどを使った肌に優しい石鹸とACVで代用する事が出来ます。

リンゴの香りがするので、普通のお酢よりも安心して使うことができますが、気になる場合はラベンダーやローズマリー、シダーウッドなどの精油を入れると香りがよくなります。

ローズマリーやシダーウッドは昔からヘアケアのためによく使われてきた精油で、髪と頭皮を健やかに保ちます。

黒酢で必須アミノ酸を摂取

黒酢は現在でも人気が高く、毎日料理に使っている人も多いです。

妊娠初期は細胞が活発に増殖して胎児の身体を形成していきます。

身体づくりに必要になるのが必須アミノ酸ですが、黒酢には必須アミノ酸がバランスよく含まれているので妊娠中の調味料に適しています。

血糖値は食事をすると上昇します。

食事によって体内に取り入れられた糖質が分解されてブドウ糖になり、吸収されると血糖値が上がります。

血糖値の急な上昇が繰り返されると肥満になるだけでなく、「妊娠糖尿病」のリスクが高まるので注意が必要です。

パンやご飯などの炭水化物を食べるときは、お酢を使った料理を食べると血糖値の急な上昇を防ぐことができます。

1日に大さじ1杯程度を目安にして毎日摂取することで、妊娠中の健康にも美容にも役立ちます。

ブルーベリー黒酢のソーダ割り

ブルーベリー黒酢のサイダー割り

【材料】

ミツカン ブルーベリー黒酢30ml

炭酸水(無糖)150ml

【作り方】

「ミツカン ブルーベリー黒酢」をよく冷えた炭酸水で割るだけの簡単レシピです。

炭酸水の代わりに冷えたミネラルウォーターを使っても美味しく飲むことが出来ます。

ウォーターサーバーがあれば「ミツカン ブルーベリー黒酢」に冷水をそのまま入れるだけで出来るので、毎日の健康作りにおすすめです。

まとめ

妊娠中にお酢を摂取する事で、

  1. 便秘改善
  2. 病気や老化の抑制
  3. ダイエット
  4. カルシウムを吸収しやすくする

と言った効果が期待できます。

妊娠中は便通が悪くなり肥満になる傾向が高いですが、放置していると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を患うリスクがあります。

お酢を日常の食事に取り入れて、健康な赤ちゃんを出産するようにしましょう。

コメント