1. TOP
  2. 赤ちゃんの生活
  3. 離乳食と食物アレルギーについて。食材は1つずつ少量から始めてアレルギー反応を確認

離乳食と食物アレルギーについて。食材は1つずつ少量から始めてアレルギー反応を確認

アレルギー

離乳食を子供に食べさせる場合に必ずと言っていいほど心配になるのがアレルギーに関する問題です。

アレルギーには様々なものがあり、

  • 湿疹などの形で皮膚の症状が出るもの
  • 呼吸困難など呼吸器に出る症状
  • 下痢など消化器官に症状

が出てしまうものなど様々です。

アレルギーは一生背負いこむ可能性があるので、子供にはできるだけアレルギーにはさせたくないと離乳食を食べさせる時期を遅らせるなどのことをし、母乳で育て続けようとするお母さんもいるほどですが、実際はアレルギー症状が出ない食材は離乳食としてしっかりと食べさせた方がいいのが実情です。

アレルギーチェックは完ぺきではない

そもそもアレルギーは実際に症状に出てみないとどのようなものを持っているのか分からないのが真実であり、事前に血液検査でアレルギーチェックで有無を調べてもあまり意味がないことが言われています。

例えば何かしらの食材でアレルギー反応があったと出ても実際はそうでもなかったケースや血液検査で何も出てこなかったのに、食べさせてみたら症状が出てしまったケースもあるため、血液検査をクリアしたから安全というわけではなく、むしろ食べさせてみて症状が出るかどうかを確かめていく方がより確実であると言えます。

とはいえ、それでは子供が可哀想ではないかという意見も出てきます。

離乳食は1食に1食材を少量から始める

そのため、離乳食を食べさせる際には注意して与えることが必要です。

まず大事なのは、アレルギー反応が出てもいいように少しずつ与えることです。しかも1食につき1種類の食材に限定して少しずつ食べさせるのがおすすめです。

万が一アレルギー反応が出てしまったとしても、1種類に食材をとどめているということは何が原因だったかを明らかにしやすく、これを食べさせたからそうなったというのを医師に説明できることからそのやり方がおすすめです。

1食だけ離乳食にするのは、それまでミルクしか与えられてこなかった中で消化器官などをびっくりさせないためというのもありますが、アレルギー反応までの時間にバラつきがあることが考えられることも要因です。

離乳食を食べさせる時間帯はアレルギー反応を考えて

午前中

症状が出る場合、ほとんどは食後1時間から2時間という範囲で発症しますが、中には6時間以上かかって発症するケースや翌日に症状が出てくるケースがあるなど時間差で影響を与えるケースもあります。こうした反応を非即時型反応と言います。アレルギーの有無を離乳食で判断するには1日1食から始めることが大事です。

次に離乳食を与える時間ですが、平日の午前中がベストです。万が一アレルギー反応が出てしまったとしても、すぐに病院へ駆けこめるのもその1つです。

また予定が何もない日に食べさせるのがおすすめであり、お母さんの仕事の合間などに食べさせるのは万が一のこともあるのであまりおすすめしません。

最初のうちは一口だけ食べさせておく程度で大丈夫なので、準備するものもそこまでしっかりとさせなくて問題ないです。あらかたの食材を離乳食を通じて食べさせて何の問題もなければ量や種類を増やしていけば大丈夫です。

1歳までの離乳食で避けた方が良い食材

エビ

1歳までに食べさせてはいけないもの、できるだけ避けるべきものがいくつもあります。

例えばエビやカニなどがそうです。甲殻類アレルギーは大人になっても残り続け、食べたら体調を急変させるほどの激しさが備わっています。

赤ちゃんの段階で食べさせた場合、こうした症状を与える可能性が考えられます。そのため、少なくとも2歳以降になってから食べてもらうような形がベストであり、離乳食でたべさせるようなことは避けなければなりません。

はちみつも同様であり、はちみつに含まれる細菌が悪さを働くことも十分に考えられます。

アレルギーの中では有名なソバも同様です。こちらも症状が強く出る影響にあるため、あまり食べさせないようにするのがおすすめです。

たくさん食べさせればそれだけ強い症状が出てしまうことから注意が必要です。

他には山芋や卵、マヨネーズなども最初から食べてもらうのではなく、1歳前後のタイミングまで待つことが大事です。

その間は野菜や魚などを中心に離乳食を組み立てていけば問題ありません。大人が食べるようなものをいきなり試していくのではなく、1つずつ食べられるものを確認してから増やしていくような形が必要になっていきます。

食物アレルギーは特定が難しく、お米やミルクで出る赤ちゃんも

残念なことに食物アレルギーは防ぐことができず、特定の食材を食べなければ防げるような代物ではありません。

例えば日本人の主食であるお米にもアレルギーはありますし、ミルクに反応する赤ちゃんもいます。

血液検査をしても、赤ちゃんの段階では明確な結果が出ず、検査と矛盾する結果を生むことがあることから、1つずつ食べさせて判断していくしかないのが現実です。一方でアレルギーではないものの、赤ちゃんの反応を見て勘違いするケースもあります。

こうした場合はお母さんだけで判断するのではなく、医師に診てもらって判断してもらうことが求められます。

アレルギーを発症させたら可哀想という見方もありますが、防ぎようのないものであることから、それよいも明確にどんなアレルギーを持っているかを知り、その中で代替食品を見つけて応用していくような形が健全であると言えます。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

アレルギー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • ノロやロタウィルスが怖い!赤ちゃんの胃腸炎

  • 知っておきたいノロウイルス感染危険スポット 赤ちゃんが使うアレに工夫と改善を!

  • 塩素・トリハロメタン・鉛まで・・水道水が赤ちゃんに与える悪影響

  • 妊娠中でも歯医者さんに行っていいの?虫歯になった時に麻酔やレントゲンの胎児への影響は?

  • 肺炎や呼吸困難を引き起こす事も。放置すると怖い赤ちゃんの気管支炎

  • 赤ちゃんの鼻づまりは生理食塩水で「す~」っと!小まめにな水分補給も忘れずに!