離乳食でとうもろこしはいつから食べられる?冷凍や薄皮は大丈夫?

とうもろこし ウォーターサーバー

醤油をつけて焼いたり塩ゆでにしたり、さらにはポタージュやサラダの中に混ぜたりと様々な使い道があるとうもろこしは、非常に便利な野菜です。

大人から子どもまで世代を問わず人気がある食材なので、赤ちゃんの離乳食に使いたい親御さんも多いでしょう。

しかし美味しくて使いやすい食材である一方、気になるのは消化に悪い事。

とうもろこしを食べると薄皮が便に混じって排出されるので、体内で消化されないかと不安になりますよね?

特に赤ちゃんは噛み砕くことができないので、とうもろこしをいつから離乳食に使って良いのか、また使う場合は薄皮の処理に悩んでしまいます。

とうもろこしはいつから離乳食に使える?

離乳食

ですがとうもろこし自体は、離乳食の初期から使っても問題ない食材です。

とうもろこしが持つ甘み赤ちゃんも美味しく感じられ、他の食事も喜んで食べてくれるようになるので、とうもろこしは、離乳食の初期段階から積極的に使うと良いでしょう。

ただし気をつけておきたいのは、薄皮です。

薄皮は消化に悪いので、離乳食初期の段階では取り除かなければいけません。

とうもろこしの薄皮を食べられるのは10ヶ月以降

とうもろこしの薄皮

具体的にいつから薄皮も食べて良いのかというと、10ヶ月から11ヶ月頃から問題なく食べられるようになります。

10ヶ月から11ヶ月頃まで待つ必要があるのは、赤ちゃんは離乳食を食べ始めた頃は舌で食べ物をすりつぶすからです。

薄皮を細かく刻んで離乳食に混ぜても、カスが口や喉の中に残る恐れがあります。

しかし離乳食の後期に入った頃からは問題なく食べられるようになるので、細かく刻んであれば一緒に入れても問題ありません。

とうもろこしはアレルギーにも注意

また薄皮以外に注意しておきたいのは、アレルギーです。

小麦など穀物類にアレルギーがあると、とうもろこしにも反応する可能性があります。

離乳食に初めて使うときには、少しずつ食べさせ食後も身体に異常がないか確認しておきましょう。

皮膚のかゆみ、発赤、 じんましん、湿疹などの. 皮膚症状や腹痛や下痢などの症状が出ないか注意深く観察して問題なければ少しずつ量を増やしていきます。

とうもろこしの調理法

とうもろこしを離乳食に使うときの調理法は、生と冷凍で若干の違いがあります。

生のとうもろこしの調理方法

生のとうもろこし

生の場合は皮をむいて塩ゆでにするか、包丁を使い芯から実の部分だけそぎ落として茹でましょう。

茹でたとうもろこしや実はおろし金を使って、すりおろしておきます。

冷凍とうもろこしの調理方法

冷凍とうもろこし

冷凍の場合は茹でてしまう他に、電子レンジで加熱する方法もあります。

電子レンジで加熱する方法は簡単なので、赤ちゃんの世話しながらでも調理することができるでしょう。

茹でたり電子レンジで加熱したら、冷凍の場合でも生と同じくすりおろしたりすりつぶしていきます。

非常に細かくなった実はそのままでも問題なさそうですが、中には細かい薄皮が残っています。

ですから細かくなった実は茶こしなどを使い、さらに裏ごしして薄皮をしっかり取り除いてください。

裏ごしまでしておくと薄皮は綺麗に取り除かれて、離乳食の初期から中期の赤ちゃんも安心して食べられます。

とうもろこしのペーストを作って冷凍保存すると離乳食に便利

しかしとうもろこしを食べさせるたびに、茹でてすりつぶし裏ごしするのは一苦労です。

もっと簡単に食べさせたいなら、裏ごししてペースト状になったとうもろこしを冷凍しましょう。

製氷機に入れて冷凍しておけば、1食分のキューブを簡単に作ることができます。

時間があるときにまとめて作っておけば、しばらくは茹でたりすりつぶしたりする手間を省くことが可能です。

とうもろこしのペーストを混ぜると他の離乳食も積極的に食べてくれるので、まとめて作って頻繁に使うのが良いでしょう。

ペーストのとうもろこしを使ったレシピ

コーンスープ

ペースト状にしたとうもろこしは、様々なレシピに使うことができます。

離乳食を食べ始めた頃におすすめなのは、コーンスープです。

とうもろこしのペーストに裏ごししたタマネギ、ジャガイモとお湯を加えれば、甘みがたっぷりのコーンスープが完成します。

玉ねぎやジャガイモなどもペースト状にして冷凍保存しておくことで、いつでも赤ちゃんが喜ぶ離乳食を簡単に作る事が出来ますよ。

スープにする時には出来れば水道水ではなく、軟水のミネラルウォーターやウォーターサーバーのお湯を使うと赤ちゃんにも安全です。

>>赤ちゃんのウォーターサーバーはこちら!

おかゆが食べられるようになればアレンジを加える

おかゆ

またおかゆが食べられるようになったら、いつものおかゆにペーストとミルク・粉チーズを入れましょう。

たったこれだけでいつも食べているおかゆが、クリーミーなコーンリゾットに変身します。

離乳食も中期に入ってきたら、にんじんを混ぜると良いでしょう。

にんじんは赤ちゃんにとって苦手な食材の一つですが、甘みのあるとうもろこしと混ぜることによって食べやすくなります。

また、薄皮も一緒に食べられる離乳食の後期になれば、ペーストを使う必要はありません。

とうもろこしの実もそのまま食べることができるので、炊き込みご飯やうどんに混ぜるなど簡単なレシピが離乳食にはあります。

ただし水に溶けない不溶性の薄皮だけは、離乳食に使うなら細かく刻むことだけは忘れないでください。

離乳食も終わりの頃になると、薄皮をそのまま食べても問題ありません。

離乳食で揚げ物が食べられるようになればかき揚げに使っても良いですし、おやつのマフィンに混ぜるのも良いでしょう。

後期から完了期になると薄皮の処理をしなくても良くなるので、離乳食を作るときの手間も省けて使いやすい食材になります。

まとめ

赤ちゃんが大好きな甘みの強いとうもろこしは、初期から食べさせることができるので離乳食には非常に便利な食材です。

使うときは薄皮の処理だけは丁寧に行い、冷凍したペーストのキューブも上手に活用しましょう。

コメント