離乳食のおかゆ作り。炊飯器や電子レンジを活用して5倍、7倍がゆを作ろう!

ウォーターサーバー

離乳食でおかゆを作ろうと考えているものの、作ったことがないので上手にできるのか不安という方も多くいるかもしれません。

そのような方は鍋で作るのではなく、裏技のような作り方を実践するのも1つの手です。

裏技を実践することで、火の側にいなくても簡単におかゆを作ることが可能です。

離乳食のおかゆは電子レンジや炊飯器を活用

電子レンジ

例えば離乳食のためのおかゆ作りに利用できるアイテムとして、電子レンジや炊飯器があります。

電子レンジや炊飯器を使うメリット

これらの調理機器における特徴の1つが、時間を設定すれば自動で作ることができるという点です。

例えば電子レンジであれば、決められた分量を耐熱容器に入れたら後はスイッチを押すだけです。

1度どのような時間帯でできるのか把握すれば、分量を守ることで毎回同じクオリティの離乳食を用意することが可能です。

一方で炊飯器を利用する場合、炊くことができるのは普通の白いご飯だけと考えている方もいるかもしれません。

ですがほとんどの炊飯器には、おかゆを炊く機能も搭載されています。

このような機能を利用することによって、鍋でお米から作らなくても簡単に離乳食を用意することにつながります。

少量だけおかゆを作る時は電子レンジが便利

また離乳食を用意する場合、少量だけ用意したいというケースもあるでしょう。

そのような場合、炊飯器でまとめて炊くと余ってしまうので、電子レンジを利用するのがおすすめ!

少ない量でも簡単に作ることが作れるので、赤ちゃんが食べるのにちょうど良い量を用意する事が出来ますし、古くなって捨てる事もありません。

電子レンジを使うときの注意点

電子レンジを使う時は、お米の固さを確認する事が大切です。

電子レンジで温めるだけであれば数十秒で済みますが、赤ちゃんの離乳食にするには柔らかめのお粥にしなければいけないので、少し余分に電子レンジにかけましょう。

また、食べさせる時には十分に冷ましてからあげないと、やけどをしてしまうので注意しましょう。

特に電子レンジを使うと「ホットスポット」と言って、冷めている所と熱いところが混在しがちなので、しっかりとかき混ぜたうえで固さ、熱さを確かめるようにして下さい。

離乳食のおかゆを作る時には出来る限り塩素が含まれている水道水は避けて、軟水のミネラルウォーターやウォーターサーバーのお湯で作ると、安全なおかゆを作る事が出来ます。

冷ます時や少し温める時には、ウォーターサーバーの冷水やお湯で調整すると便利ですよ。

離乳食のおかゆは、10倍がゆ→7倍がゆ→5倍がゆと調整

赤ちゃんのおかゆを用意する時は、お米の量を5倍や7倍がゆなどのように調整することも大切です。

特に離乳食を始めたばかりの赤ちゃんの場合、ご飯粒の状態が残っているようなおかゆだと上手く食べることができません。

離乳食に慣れていない間は、10倍がゆのような形で始めるのも1つの手です。

少しずつ水の量を調整しながら調理を行って、赤ちゃんに合った状態のおかゆを作っていけるようにしましょう。

また離乳食のおかゆを作ったとしても、赤ちゃんが思うように食べてくれないので嫌になってしまう方もいるかもしれません。

ですが固形物を食べ始めた赤ちゃんなので、最初から食べてくれるというケースは多くありません。

最初のときは食べさせても吐いてしまうことが多いので、少しずつ食べさせていくことが大切です。

おかゆの作り方

10倍がゆの作り方

10倍がゆ

10倍がゆは、生後5~6か月頃の赤ちゃんの離乳食に最適です。

材料・レシピ

  • 米 1/2カップ
  • 水 5カップ

を用意して、水で洗ったら鍋に入れて20分~30分吸水させます。

蓋を閉めて強火で炊いて、お湯がこぼれかけたら弱火にして約50分煮込みます。

最後に火を止めて、蓋をしたら10分程度蒸らしたら完成です。

7倍がゆの作り方

7倍がゆ

7倍がゆは、生後7~8か月頃の赤ちゃんの離乳食に最適です。

材料・レシピ

  • 米 1/2カップ
  • 水 3と1/2カップ

を準備したら、お米をさっと洗って汚れを取ります。

鍋にお米と水を入れたら、20分程度吸水させましょう。

10倍がゆと同様に始めは強火で炊いて、吹きこぼれないように弱火にしてから40分程度煮込みます。

蓋をして10分程度蒸らせば完成です。

5倍がゆ

5倍がゆ

5倍がゆは、生後9~11か月頃の赤ちゃんの離乳食に最適です。

材料・レシピ

  • 米 1/2カップ
  • 水 2と1/2カップ

を準備したら、お米を研いで20分程度吸水させます。

始めは強火で吹きこぼれないように、弱火にしてから30分~40分程度煮込みます。

火を止めて蓋をしてから、10分蒸らせば完成です。

まとめ

おかゆは離乳食の基本となりますが、始めは柔らかい10倍がゆからスタートしてください。

月齢が進んで生後7~8か月になったら7倍がゆに、生後9~11か月になったら5倍がゆに移行していきます。

お鍋で作る事も出来ますが、電子レンジや炊飯器でも調理する事が出来ます。

コメント