1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 離乳食のおかゆ作り。炊飯器やレンジを活用して5倍、7倍がゆを作ろう!

離乳食のおかゆ作り。炊飯器やレンジを活用して5倍、7倍がゆを作ろう!

おかゆ

離乳食でおかゆを作ろうと考えているものの、作ったことがないので上手にできるのか不安という方も多くいるかもしれません。

そのような方は鍋で作るのではなく、裏技のような作り方を実践するのも1つの手です。裏技を実践することで、火の側にいなくても簡単におかゆを作ることが可能です。

離乳食のおかゆは電子レンジや炊飯器を活用

例えば離乳食のためのおかゆ作りに利用できるアイテムとして、電子レンジや炊飯器があげられます。これらの機器における特徴の1つが、時間を設定すれば自動で作ることができるという点です。例えば電子レンジであれば、決められた分量を耐熱容器に入れたら後はスイッチを押すだけです。

1度どのような時間帯でできるのか把握すれば、分量を守ることで毎回同じクオリティの離乳食を用意することが可能です。

一方で炊飯器を利用する場合、炊くことができるのは普通の白いご飯だけと考えている方もいるかもしれません。ですがほとんどの炊飯器には、おかゆを炊く機能も搭載されています。このような機能を利用することによって、鍋でお米から作らなくても簡単に離乳食を用意することにつながります。

また離乳食を用意する場合、少量だけ用意したいというケースもあるでしょう。そのような場合、炊飯器でまとめて炊くと余ってしまうということもあるかもしれません。そのような場合には、電子レンジを利用するのも1つの手です。

電子レンジを利用する場合であれば、炊飯器よりも少量のおかゆを作れます。少ない量でも簡単に作ることができるからこそ、赤ちゃんが食べるのにちょうど良い量を用意することにつながります。

電子レンジを使う時はお米の固さを確認する事が大切です。電子レンジで温めるだけであれば数十秒で済みますが、赤ちゃんの離乳食にするには柔らかめのお粥にしなければいけないので、少し余分に電子レンジにかけましょう。

また、食べさせる時には十分に冷ましてからあげないと、やけどをしてしまうので注意しましょう。

特に電子レンジを使うとホットスポットと言って、冷めている所と熱いところが混在しがちなので、しっかりとかき混ぜたうえで固さ、熱さを確かめるようにして下さい。

離乳食のおかゆを作る時には出来る限り塩素が含まれている水道水は避けて、軟水のミネラルウォーターやウォーターサーバーのお湯で作ると、安全なおかゆを作る事が出来ますし、冷ます時や少し温める時にはウォーターサーバーの冷水やお湯で調整すると便利です。

離乳食のおかゆは、10倍がゆ→7倍がゆ→5倍がゆと調整

赤ちゃんのための離乳食を用意するとき、お米の量を5倍や7倍がゆなどのように調整することも大切です。特に離乳食を始めたばかりの赤ちゃんの場合、ご飯粒の状態が残っているようなおかゆだと上手く食べることはできません。

最初のうちは10倍がゆのような形で始めるのも1つの手です。少しずつ水の量を調整しながら調理を行って、赤ちゃんに合った状態のおかゆを作っていけるようにしましょう。

また離乳食のおかゆを作ったとしても、赤ちゃんが思うように食べてくれないので嫌になってしまう方もいるかもしれません。ですが固形物を食べ始めた赤ちゃんなので、最初から食べてくれるというケースは多くありません。最初のときは食べさせても吐いてしまうことが多いので、少しずつ食べさせていくことが大切です。

離乳食を赤ちゃんが食べない時は一人で抱え込まないで!

悩んでいる女性

特に初めての子育てであれば、戸惑ってしまうことも多くあるでしょう。離乳食を与えたくても食べてもらえないと、お母さんのストレスがたまってしまうこともあります。

もしも何か困ったことがあった場合、1人で抱え込まずに周りに相談できる相手を探すのも1つの手です。問題を1人で抱え込まずに相談できる相手を見つけることで、より良い形で子育てを行うことにもつながります。

相談できる相手と言っても、近所に自分の両親は住んでいないしママ友もいないので頼れる方がいないという方もいるでしょう。そのような場合には、近くにいる誰かではなくインターネット上で相談してみるのも1つの手です。

例えばSNSなどで離乳食の悩みを相談することで、自分の困っている問題が解決できるかもしれません。子育てというのは、離乳食の問題に限らず、悩むことの連続です。悩みはつきないものだからこそ、相談できる相手を作って1人で問題を抱え込まないようにすることが大切です。

またインターネット上で相談することのメリットの1つに、気軽に相談できるという点があげられます。例えば何らかの困った問題に直面したときに、すぐに相談したくても深夜なので友達には連絡しにくいということもあるでしょう。

そのようなときにインターネット上の質問サイトなどであれば、問題に直面したらリアルタイムで相談に乗ってもらえるケースもあります。このように悩みを相談できる幅が広がるからこそ、インターネットなどのツールを活用して子育てに活かすことも忘れてはいけません。

実際におかゆを作るときのポイントとして、7倍や5倍という希釈をどのようなバランスで変えていけばいいのか困ってしまう方もいるでしょう。そのような場合には、先輩のママたちがどのように対応してきたのか情報を集めるのも1つの手です。

子育て本などを購入しなくても、インターネット上の口コミサイトやブログを参考にすることで役に立つ情報が得られます。コミュニティーサイトや質問サイトでやり取りをすることもできるので、自分に必要な情報が得られなければ質問をしてみるということも大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

おかゆ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 赤ちゃんの水はいつから?飲ませ方は?ミネラルウォーターや水道水はそのまま飲めるの?

  • 新生児の便秘。粉ミルクを見直して治った!作り方で便秘や下痢になる事も

  • 赤ちゃんの水出し麦茶の作り方について。ウォーターサーバーがあると便利!

  • 羊水が少なめだとどうなる?胎児の障害と対策について

  • ハチミツだけじゃない!赤ちゃんに食べさせるのは危険な食べ物

  • 赤ちゃんの便秘とミルク・母乳・離乳食の関係。白湯や砂糖水で水分補給がおすすめ!