1. TOP
  2. 赤ちゃん・妊婦さんの食べもの
  3. 離乳食初期にそうめんはどれくらいの量食べさせる?小麦アレルギーには注意が必要

離乳食初期にそうめんはどれくらいの量食べさせる?小麦アレルギーには注意が必要

そうめん

今まで母乳を飲んできた赤ちゃんも、適切な時期になってくると母乳をやめて離乳食に切り替えていくようになります。市販されているベビーフードを食べさせる方法もありますが、離乳食の初期なら消化がよく食べさせやすい物を選んで挙げることが重要になります。

自宅にある食べ物の中でも、特に赤ちゃんに食べさせやすいのが「そうめん」を利用する方法です。

一般的に離乳食というと、おかゆやうどん、パンをあげることが多いとされています。

しかしそうめんなら乾燥してあるので、長期保存にも向いていますし、他の乾麺に比べて約1分半ほどで茹でることが出来るので、スピーディーに用意することが出来る手軽さや、麺の細さが赤ちゃんでも食べやすい点がそうめんが離乳食に向いている特徴になっています。

そもそもそうめんは何から作られているかというと、パンやうどんと同じように減量は小麦粉で、小麦粉と塩を組み合わせて作られているので、消化がよく赤ちゃんでも問題なく食べることができます。

そうめんを離乳食にする時には小麦アレルギーに注意

ただそうめんを食事としてあげる場合、気をつけなくてはいけないことがアレルギー反応が無いかということです。小麦粉は卵や牛乳と並んで3大アレルゲンと呼ばれているほど、アレルギー反応が出てしまう危険があります。

そのためアレルギーの疑いがある場合は赤ちゃんにあげる際には注意をする必要があります。

小麦アレルギーの主な症状としては、

皮膚の症状

かゆみ、赤み、蕁麻疹

口やのど

唇・舌・のどの違和感や腫れ、かゆみ、口内炎、声の枯れ

消化器の症状

腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、血便

眼の症状

充血、まぶたの腫れ、かゆみ、涙

呼吸器系の症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、喘鳴、呼吸困難

などがあるので、初めは少量ずつ与えて上記のようなアレルギー反応が出ていないか確認しながら、問題なければ量を少しずつ増やしていきましょう。

そうめんを離乳食にする時の量と味付け

実際にそうめんを離乳食として挙げる場合、どれくらいの量をあげればいいのかわからない、味付けはどうすればいいのかという方は少なくありません。

母乳から離乳食に切り替える時に、いきなりたくさんの量をあげてしまうと赤ちゃんが食べるのを拒否してしまいがちです。そのため最初はスプーン一杯を目安にゆっくりあげるようにしましょう。

そうめんを茹でる際には、コシを残してしまうと赤ちゃんが上手に飲み込むことができない可能性があるので、コシがなくなるまでくたくたに茹でるようにすることがポイントです。

また茹で上がった麺はしっかり水でさらすことで塩抜きをしておきます。あとは飲み込みやすくするためにもすりつぶして完成です。

味がないと赤ちゃんは物足りないのでは?と思うかもしれませんが、赤ちゃんの味覚は非常に敏感なので食材の味だけで十分です。

基本的に離乳食はお粥から食べさせて、食事にある程度慣れておくとそうめんに切り替えた時も特に問題なく食べてくれることが多いです。

最初はしっかりとした味を付けずにシンプルに茹でた麺をすりつぶして挙げることが重要です。赤ちゃんの食欲が出てきて、4~5さじほど食べるようになってきたら、お粥とそうめんを交互にあげていくようにしましょう。

離乳食初期のそうめんの食べさせ方

食事がスムーズになってきたら味の変化を出したり、栄養価を考えるためにも野菜やお魚を足して食べさせていくことが離乳食初期の食べさせ方となります。

初期は固形食にまだ慣れていないことから、食べる量も少ないですし味に変化があると食べるのを拒否してしまう赤ちゃんも少なくありません。

離乳食中期のそうめんの食べさせ方

しかし離乳食も中期になると、食事量も2回食になるので自然に食べる量も増えてきます。そのためそうめんを茹でる場合も赤ちゃんが食べられる量の20〜40グラムを目安にしてあげるようにしましょう。

麺を長い状態のまま茹でてからすりつぶすのは、時間も手間もかかってしまうので短時間で離乳食を作るためにも茹でる際に短くそうめんを折っておくと、すりつぶす時間を短縮することが出来るのでおすすめです。

魚や野菜と一緒に離乳食に混ぜる場合は、魚は食べやすいように柔らかく煮て、野菜は口に運びやすいようにみじん切りにすることが重要です。味の変化を出してあげたい場合は一緒にだし汁で煮ることで風味が増して、食事にバリエーションを出すことが出来ます。

離乳食後期のそうめんの食べさせ方

離乳食が後期になってくると、初期や中期に比べて食べる量が大人と近い量が必要となってきますので、今まであげていたそうめんも50〜80グラムを目安にゆでた物をあげるようにします。赤ちゃん自体も食事を楽しむことが出来るようになってきているので、食欲があればそうめんを主食にして野菜や魚などもおかずとしてしっかり食べてくれるようになります。

赤ちゃんがそうめん自体の味に飽きてしまい、食べるのが嫌になってしまった場合は食感や風味を変化させる方法として、茹でた麺を細かくすりつぶしてからみじん切りにして茹でた野菜と、適量の小麦粉を混ぜて、団子状態にしフライパンで焼けば香ばしい香りの「おやき」にすることが出来るので、赤ちゃんも食べやすくなります。

そうめんは1年中スーパーマーケットで取り扱いをしていますが、商品の流通が多くなり安く手に入れることができるのは夏場だといわれています。

乾燥麺なので長期間保管しても品質に変化はないので安い時に買いだめをしておくと赤ちゃんに必要な離乳食を用意する場合も役立つのでおすすめです。

またまとめて麺をゆでておき、製氷皿など小さく区分けされたお皿に入れておけばお粥と同様に、簡単に冷凍保存することが出来るので毎回麺を茹でる必要が無くなり便利になります。

離乳食を作る時にはお湯で味付けを整える事が多いですが、水道水を使うと毎回煮沸消毒をする必要があります。

そんな時にはウォーターサーバーを使うと冷水も温水もそのまま使用出来るので便利ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの注目記事を受け取ろう

そうめん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウォーターサーバーで赤ちゃんを健康に育てるゆっぴーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亜紀

亜紀

はじめまして。助産師で、現在2人子供の育児をしているやまのうちです。
助産師の立場から、赤ちゃんの健康に直接影響を与える母乳やミルク、離乳食などについてご説明いたします。自身もウォーターサーバーで赤ちゃんを育ててきました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。咳や鼻水、鼻づまりなども

  • 赤ちゃんの初めての歯磨きはいつから?ガーゼを嫌がる場合の対処方法は?

  • 赤ちゃんの洋服の水通しはいつやる?洗剤や柔軟剤、洗濯槽はどうするの?

  • 新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

関連記事

  • 離乳食に玉ねぎはいつから、どうやって料理するの?初期から積極的にと入り入れて!

  • 妊娠中は妊娠初期から頻尿になりやすい!残尿感が強い理由と対策について

  • うちの子は長い? 短い?? 子どもの食事にかかる平均時間と最長時間を調査

  • お食い初めって何をすればいいの?気になる内容についてチェックしよう!

  • 妊娠中に赤ちゃんや妊婦さんに良いおすすめの食べ物や注意する事は?

  • 赤ちゃんの授乳は回数と量が重要なポイント!授乳後に泣いたり寝る事も